見出し画像

「自炊」との距離感がうまくとれるようになった話

私は数年前まで、野菜すらきれなかった(大げさではなくてマジだ)。

なんとか切り、と言われてもわからないし、種をとるとか皮をむくとか。。あ゛ーーーめんどくさい(イライラ)。生のお肉も魚もベタベタするから触りたくない・・もう料理なんてイヤだー。と思っていた、数年前まで。

子どもの頃実家で暮らしていた時、料理をいっさいしたことがなかった。母は料理上手で、私が高校生の時は友達からいつも「お弁当美味しそうだね」と言われるくらいの腕前だった。

でも母はフルタイムで働きいつも忙しくしていたから、不器用な私に料理を教えるなんて余裕はなかった。18年間で覚えたのは、食パンをトースターで焼いてマーガリンを塗るとか、お湯を沸かしてカップラーメンを作るとか、麺とキャベツを炒めて焼きそばにするとか、その程度だった。

「料理」に苦手意識があって、調理実習の時間には頼まれてもないのに食器洗いばかりしていた。

大学生になり上京してすぐは、新築の大学寮で暮らした。キッチンも広いしピカピカで、キッチン道具は一式揃っていた。

料理好きにはもってこいな環境だったのに、住んでいた1年半の間に作ったものと言えば、トーストと焼きそばとそば(茹でるだけ)くらいだった。貧乏学生だったから、とにかく食費を切り詰めて過ごしていた。飲食店のアルバイトをかけもちして、まかないを食べたり、売れ残りを持って帰って冷凍したりしていた。

私にとって「自分で料理をすること」は優先順位の低いものだった。

社会人になると同時に、夫と一緒に暮らし始めた。夫が学生だったこともあり、最初の数年間は節約しないと!と意気込み会社にお弁当を作って持っていくようにしていた。料理初心者向けのレシピ本や作り置きおかずの本を買い、数か月頑張って続けて、疲れてコンビニ飯になり、また奮起して作って疲れて・・・を何回か繰り返した。

自分で作ったものを美味しいと思えず、「簡単!」と謳うレシピ本に「どこがだよ・・」とうんざりすることも多く、何より「自炊」は楽しくなかった。世の中の「自炊」の平均水準は私のはるか上をいっていて、私のようなド初心者の存在なんて見えてないのではかなと思っていた。

※ちなみに家では、料理担当は夫だった。今もうちのシェフは夫で、私は見習い・手伝いだ。

そんな鬱屈した日々を過ごしていたのだけれど、ある日この本と出会った。

「コンビニの味噌汁に少し野菜を足すだけで立派な自炊」らしい。なんと。自炊のハードルを極限までさげて、料理ド初心者にここまで寄り添ってくれる本は、他になかった。

栄養バランスを考えること、スーパーで食材を選ぶこと、ド初心者の私にとっては、それらも含めてストレスだったんだ、と気づけた。

それ以来、少しずつ、自分にとってちょうどいい自炊ができるようになった。

週末に作り置きおかずを数時間かけて作って、一週間分のお弁当にする。時間のない朝は卵かけごはんや納豆ごはんで栄養をとる。野菜はいっぺんに全部切って、使わなかった分はタッパーへ。冷蔵庫に余った野菜は細かく切って、リゾットにしたり味噌汁にぶち込んだりする。タッパーに肉や魚と野菜をいれ、調味料を振りかけてレンチンするだけでも、立派な自炊。サラダを食べたい時は、カット野菜のパックと、まとめて作ったゆで玉子やアボカドを混ぜる。最近はナンプラーにはまっていて、ただの野菜炒めでも、かけるだけでアジアンな味になって美味しい。

自分の中で自炊ハードルが下がり料理への苦手意識も薄れてくると、キッチンにたつ時間や冷蔵庫を確認する時間が増えた。そして、中食(できあいのお惣菜やコンビニ弁当を家で食べること)や外食をする頻度はどんどん減っていった。

「料理・自炊をする」ことのハードルは、もっともっと下がってもいいと思う。スーパーで食材を選ぶこと、栄養バランスや彩りを意識してメニューを考えること、何品かを同時並行で作ること。どれも知識と能力と経験の必要なことだ。

私はド初心者だったのがようやく初中級者になれたくらいの人間だ。手の込んだ料理をしようと思えるのも、できるようになるのも、まだまだずっと先になると思う。

でも、料理への苦手意識はいつの間にかなくなったし、どこに何があるのかわからなかったスーパーに行くのも楽しみになったし、栄養バランスもなんとなく頭の中で考えられるようになったし、それだけではなまるなのである。

家にある数冊の料理本にはふせんがたくさんついている。自分でつくる楽しさがわかるようになるまで数年かかったけれど、それを知れてよかった。料理を、自炊を、義務感ではなくて、「楽しい」と思えるようになってよかった。

これからも、マイペースにゆるりと自炊ライフを続けていこうと思う。









この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

わざわざお読みいただき、ありがとうございます☺️ スキやサポート、とっても励みになります。 文章を書くのが好きなので、ほそぼそと書いていけたら、と思っています。

励みになります。
21
20代後半東京住み田舎娘。 日常をつれづれ綴ったり、生きることに奮闘したり、社会問題に対して思うことを書きなぐったりしています。自分の気持ちに正直に。 ほぼ日更新◎

こちらでもピックアップされています

いきる
いきる
  • 63本

その他エッセイ◎

コメント (2)
はじめまして!
料理について、作っては疲れて…の下りにめっちゃくちゃ共感して思わずコメントしてしまいました◎
自炊のハードル下げて、ていうの良いですね♪
コメントありがとうございます:-)嬉しいです~。
食パンにハムとチーズはさむだけで立派な料理だよ♪
・・・くらいのテンションが日本にももっともっと普及すればいいのになぁと個人的には思ってます(涙)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。