ウィスキングとしらかばスポーツについて-前編

ウィスキングとしらかばスポーツについて-前編

ポニョリオンです。

画像1

今回は「しらかばスポーツ」のメンバーとしてウィスキングについて語らせていただきます。

ウィスキングって何?

画像2

画像:https://www.allwomens.ru/38386-banya-ot-cellyulita.html

そもそも ” ウィスキング ” は英語で ”Whisk” の現在分詞形。

”Whisk” の意味は 小さいほうき、洋服のブラシ、わらなどの束、泡立て器 などを表しているようです。 

サウナ界ではざっくりと「ヴィヒタで身体を叩くこと」というイメージですよね。
大雑把なイメージなのですが

フィンランド=「自分でやるセルフウィスキング」のイメージ
ロシア=「施術者にやってもらうサービスとしてのウィスキング」のイメージ 
があります。

実はフィンランドとロシアはお隣の国なので、ただのイメージかもしれません笑

さらに想像を膨らませると、
北欧の文化圏から「サウナにヴィヒタやハーブが吊ってあって、自分たちで好きに使う」という文化が発生→ロシア文化圏につたわり「さらにそれをサービスとしてブラッシュアップした」のかなぁと思います。
(バルト三国(旧ロシア帝国)の一つ、リトアニアのウィスキングマスターが以前スカイスパさんにきてたり、僕がヴィヒタ買ってるのがラトビアのメーカーさんだったりするってだけですが。)

そういう民俗学的な考察も楽しいですよね。

まさに「風呂とエクスタシー」的世界観。最高。
ちなみに、日本で使われているサウナにまつわる言葉だと

サウナ、ロウリュ、ヴィヒタ などは フィンランド語。

アウフグース はドイツ語。

バーニャ、ヴェーニク などはロシア語。

海外の通販サイトでも
Vihta,sauna whisk,Venik など複数の表示がされていることが多いです。


「しらかばスポーツ」誕生

で、去年。(2018年)

サウナ好事家たちにとって小さいけどあっつい事件が起こります。


ロシア式ウィスキングのプロ、アンドレイ来日。

ロシアから来日したサウナ界のホープよ…日本の「ザ・スーパー銭湯」を見てくれ!
http://news.livedoor.com/article/detail/15452578/

そしてテクニックを披露!

漫画家・まんしゅうきつこさん、ロシア流ウィスキングで蒸される
http://news.livedoor.com/article/detail/15461791/

「こんなの初めて…」「いま私はロシアの森にいます」迷言続出、サウナで天国に飛んだ男たち
http://news.livedoor.com/article/detail/15463851/


さらに技術伝来!!

ロシア式ウィスキングを本気で習う!サウナーが猛特訓した1日
http://news.livedoor.com/article/detail/15480301/


ここで、師匠:アンドレイ から、弟子:アンドレイチルドレン が爆誕!しかしながら、なかなか練習する機会もなく、「このままではいかん!」と、メンバー再集結。

2019年、”アンドレイチルドレン” は ”しらかばスポーツ” として名前をリニューアル。(アンドレイって誰やねん。ってなりそうだったので)

各自が個人でイベントやったり、メンバー揃えてやったり、ただサウナに行ったりしています。

ちなみにメンバーには 熱波氏のマグ万平さんや、サウキャンことSaunaCamp.さん、サウナイキタイの中の人たちなどなどがいます。

かなりのタレント(?)揃い。めちゃめちゃマニアックだけど。

中心となる活動の規模も拠点も違うので、知見や情報を共有したりしなかったり、最近は僕がいいだしっぺでコアメンバーが決まってきたかな?という感じです。

ロシア式ウィスキングってどういう特徴があるの?

画像3

画像:http://chapaev-bani.ru/

当然、「ロシア式って何が違うの?」となると思うのですが、

ポイントになるのは

”ハーブの力” 

”熱を身体に伝えるバリエーションの豊富さ” 

”マッサージ的な要素” が相まって、

今までにないサウナ体験を感じてもらえるサービスと思っています。


まずは”ハーブの力”ですが

ロシアのウィスキング動画などを見ていると、すごい「香り」に貪欲!

寝ている頭を覆うように葉っぱをかぶせたり、
「葉っぱの布団」を敷いた上に寝てもらって施術したり、
またはパイプを通して(!)顔面に直接「香気」をあてにいくスタイルまでありました。見た目はめちゃくちゃ怪しいです。

実際、ラトビアのサウナグッズ屋さんでは30種類ものヴィヒタを買うことができますし、ロシアではヴェーニク一本¥200-300らしいので「フレッシュな芳香浴」には有利な環境ですよね。

画像4

画像:https://xn--e1aacxif5a3a.xn--p1ai/%D0%BF%D0%BE%D1%87%D0%B5%D0%BC%D1%83-%D0%B6%D0%B5-%D0%B2-%D0%B1%D0%B0%D0%BD%D0%B5-%D0%BD%D0%B5%D0%BE%D0%B1%D1%85%D0%BE%D0%B4%D0%B8%D0%BC-%D0%B2%D0%B5%D0%BD%D0%B8%D0%BA/

もちろん日本でも、いわゆる”チンピリ”などの「薬湯」や、”よもぎ蒸し”など、「ハーブの力」を古くから使っているのでそのパワーいろんなところで実感できると思います。


続いて ”熱を伝えるバリエーションの豊富さ” ですが、

大きく分けて「あおぐ」「叩く」「押し付ける」の3つの要素があります。


特に特徴的なのは、熱をはらんだヴェーニクを「押し付ける」。

足裏や、手のひら、、スネなどにほかほかヴェーニクを「ぎゅ〜っ」とやるんですが、
普段のサウナであまり意識しない箇所を攻めるので、温まっていく体感が違ってきます。

まだまだ発展途上ですが、ヴェーニクの種類によって「撫でる」「こする」みたいなのもあるようで、いろいろ試して早く覚えたい!


最後に ”マッサージ的な要素” ですが、

上記の「ヴェーニクをぎゅ〜っと押し付ける」の時に、
少しストレッチ的な動きも入ります。
血の巡りをよくするために、足首をぐりぐりしたり、腿を伸ばしたり。

動きとしては日常で見られるようなものですが、
「やってもらう気持ち良さ」ってあるじゃないですか笑 
それをサウナ室内で受けられる経験。なかなかないです。

実際受けてくれた人の感想はtwitterで #しらかばスポーツ  で検索していただければ!
好意的な書き込みばかりでありがたい。。

体験会に来ていただいた ザックリととのうサウナ入門 さんは記事にしてくれました!
(http://zakkurisauna.hateblo.jp/entry/2019/03/14/181352)
体験の翌日(!)にフレッシュな感動を一気に書いてくれたようで嬉しかったです。

興味ある方は是非読んでみてください。

後編に続く

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
サウナグッズの専門店「サウナグッズ研究室」のnoteです。 サウナパンツの研究や、オリジナルサウナグッズの紹介などをしています。 あなたのサウナライフにお役立ていただければうれしいです! https://ponyolionbanto.stores.jp