見出し画像

note には純粋な真実がある

note に書かれた、個人個人の赤裸々な独白、独白、独白。

note にそれを書こうと思い、また、note に書かれたそれらを読もうと思って、人々は note に集うのだろう。

著名人でない自分が書き、権威者でない自分が書き、権力者でない自分が書こうとする。

著名人が書いたことではなく、権威者が書いたことではなく、権力者が書いたことでもない、それらのものを読もうとする。

人々にそんなエネルギーをもたらすものは、一体何。

おそらく、そこに真実を求めているのだろう。

自分の真実を書き、そこに書かれた真実を読もうとするのだろう。

もはや著名人の時代ではなく、権威者の時代ではなく、権力者の時代でもないのだ。

ごく普通の人たちが持っている真実を求めて、人々は note に集まる。

そういう時代なのだ。

そんなことを、ふ、と思ったので、note しておこうと思った。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
8
クラシック音楽をDTMで演奏して、絵をつけて、アニメーションフィルムにしています。 http://pontayamazato.sakura.ne.jp
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。