見出し画像

8/3 ソワレ エリザベート@帝国劇場

ほんっっとうに久しぶりの更新になってしまいました。
更新していない間もいくつかミュージカルは見ていたのですが
転職したり引っ越したりバタバタしていて、、
また今日からちょこちょこ書こうと思います。

本当は観劇順に書くのがベストなのですが
今日観に行ったエリザベートが最高だったので先に書いちゃいます。

エリザベートはオーストリア皇后であるエリザベートと
彼女を幼少期に救い恋に落ちた黄泉の帝王トートの物語です。
(ざっくりすぎるので気になった方はHPに。)

記憶が定かではないのですがたぶん前回は2010年に
城田優さんのトートで観ております。

今回は絶対井上芳雄さんで観たかったのですが
なかなかチケットが取れず観れるのは今日だけ!
貴重な1公演を思いっきり楽しんできました。
抽選だったのにまさかの前から3列目!

ちなみにキャストさんはこのような感じです。

まずは全体を通してなのですがみなさんレベルが高い!
今日の公演で初めて観る方も多かったのですが
歌もうまく台詞もきちんと聞こえてきて安心感を持って楽しめました。
女性は宝塚OGの方も多くさすがと言う感じ。
美しすぎる空間が広がっていて夢見心地でした。
前方の座席ならではの迫力も堪能できました。

キャストさん個人個人の感想も少しだけ。

まず井上芳雄さん。
ずっと有名な方なので知っていたのですが
最近改めてきちんとみて沼に落ちました。やられてます。
きちんと好きになってから初の舞台なので
もう本当に楽しみにしていました。
初めに登場したときから身にまとっている空気がすごくて
帝王!!!というオーラがあふれででいました。
エリザベートを見つめる瞳が優しく、
時に怖いほど情熱的で、色気が溢れてて、、。
歌はもちろん指先や身体の使いかたも美しく
迫力もあってとにかく素晴らしいの一言でした。

次に愛希れいかさん。
本当は花總まりさんで観たかったななんて思っていたのですが
登場された瞬間に一気にその気持ちは飛んでいきました。
とにかく自由で愛らしい。わあシシィだー!と感じました。
幼少期は天真爛漫で瞳がキラキラ輝いていて
皇后になってからは気品や強さ、そして影が見え
ちゃんと舞台中で年を重ねていてすごかったです。
顔も小さくてスタイルも良く本当にかわいかった!
また、エリザベートに出てくださったら絶対選びます!

そして、ルキーニを演じた成河さん!
これまた素晴らしかったです!
物語全体を進めていくストーリーテラー的な立ち位置でもありますが
狂気に満ちた危ない雰囲気が漂っていました。
表情がすごく大きく物語にどんどん引き込まれてしまいました。

ほかにはルドルフを演じられた三浦涼介さんが
ものすごく美しい顔立ちで感動したり、
マダム・ヴォルフの館で出てくる女優さんたちのスタイルに
見惚れまくっていました。

本当にチケットが1公演分しか取れなかったことが悔やまれる、、
気が早いけどすでに再演してほしい気持ちがいっぱいです。
それか今年の公演でのDVD化もしてほしいな。

本当に夢のような1日でした。
またいつか井上トートに会えますように。


#エリザベート #ミュージカル #帝国劇場 #観劇記録 #井上芳雄 #愛希れいか #成河 #平方元基 #涼風真世 #三浦涼介 #東宝 #宝塚歌劇団 #好きな日本文化

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2
大好きなミュージカルのことを綴っていきます。私の投稿をきっかけに劇場に足を運ぶ人がうまれるといいなあ。次の観劇予定▷パリのアメリカ人
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。