公式CTimerを目指すあなたへ

どうも、ぽんです!
このnoteを手に取って頂きありがとうございます!

もしCTimeって何?という方がいらっしゃいましたらTwitterで@pon_ctime にご連絡下さい!
固定ツイにリプして貰えればサポートします!

ぼくがCTimeを本格的にスタートしたのは2019年2月26日です。
まだ半年もたってないんですね!

この短い間でCTimeも、ぼくの考え方も大きく変わりました。
なのでこのnoteは今後も修正・加筆を繰り返して、その時に合った内容にアップデートしていくつもりです。

このnoteは今後改良を重ねて最強noteにしていくつもりです。更新をかけていきますのでその時はまた読んでみてください。コンテンツの質が上がった場合は値上げも検討しております。

現在のCTimeで感じることは
『続けることに苦痛を感じる人が想像以上に多い』ということです。
でもそれはその人の問題ではなくて、考え方ひとつで変えられる可能性があるものだと思っています。そのあたりも本編で言及します。

ぼくはCTimeに大きな可能性を感じています。
たくさんの人と仲良くしてもらって、感謝の気持ちでいっぱいです。

そんな仲間と、将来みんなで笑顔に、幸せになりたい。途中で離脱してしまう人やネガティブな理由でバッチ取得を諦めてしまう人を減らしたい。その為にこのnoteを書こうと思います。

ぼくは公式CTimerを目指すのが全てだとは思っていません。目指すのは素晴らしいし、目指さないという楽しみ方も良いと思っています。
とにかくCTimeで一緒に楽しむ仲間が増えたら嬉しいです!

■こんな人に読んで欲しい!■
・公式CTimerを目指す人
・公式CTimerを維持したい人
・公式CTimerを目指すのに疲れた人
・公式CTimerを維持するのに疲れた人
・CTimeの可能性がまだ見えていない人
・CTimeでワクワクしたい人
・継続するのが苦手な人
・SNSで収入を得たい人
・有名になりたい人

~ぽんの自己紹介~

念のため、ぼくの自己紹介をしておきましょう。
28歳会社員、既婚の普通のサラリーマンです。
今まで個人で収入を得たことがない、ネットで影響力を持ったことがない
何の実績も無い普通の社会人です。

そう、CTimeは誰でも公式バッチを取れるんです!会社員、主婦の方、会社経営者、学生、いろんな方が公式CTimerバッチを取得しています!

公式CTimerバッチとは、あるアルゴリズムによって選定され運営さんに認められた人のみに付与される公式マークです!

ぼくはCTimeを始めて2か月間、がむしゃらに頑張りました。
睡眠や家庭を犠牲にしてでもやりました。
↑絶対にマネしないでね!(そんなことしなくてもインフルエンサーになれます笑)

その結果、一般ユーザー史上初の『ゴールドバッチ』(2019年8月現在3名)を獲得することが出来ました。努力を見てくれていた運営さんには感謝の気持ちでいっぱいです。

CTimeに本気で取り組み結果を出した僕が公式CTimerになるコツと、継続して楽しむコツをお伝え出来ればと思います。

※上図は2019年8/2時点

最初にCTimeを知ったのはTwitterでした。
プレゼントが貰えるSNSみたいなことが書いてあって、公式インフルエンサー?(後の公式CTimer)何それ。という第一印象。
数日後、TwitterでYUKIさんに出会い、CTimeへの扉が開かれました。そこからはCTimeに入り浸る生活を続けています。

1. 一番重要なのは継続すること

さて前置きが長くなりましたが、
ここからが本編です。

このnoteでは公式CTimerになる為のノウハウも書いていきますが、結局一番重要なのは『継続出来るかどうか』です。

ここからは家庭の事情やプライベート、仕事などやむを得ない場合については除外して話を進めていきますね。

継続する為にぼくが一番必要だと思うのは目的意識です。
もしあなたが公式CTimerになりたいならば、この問いに答えられるようにしておきましょう。

『あなたは何故公式CTimerになりたいのですか?』

あ、でも難しく考える必要はありませんよ!

例えば・・・
・有名になって〇〇がしたい!
・影響力を持って、自分の夢を叶えたい!
・個人で稼ぐ土台を作って、脱サラしたい!
・副収入を得て、生活を安定させたい
・自分を認めてくれる場所を見つけたい
・毎月プチ贅沢する為にお小遣いが欲しい!
・とにかくプレゼントと金券が毎月欲しいんだ!

『何となくなりたい』でもいいんですが、壁にぶち当たった時に継続するのが難しくなります。
この目的への思いが強ければ強いほど、あなたは継続することが出来ます。
ぼくの場合は有名になって〇〇したいです。

〇〇については、ぼくが本当に有名になったら話しましょう笑

小さな目標でもいいんです。
なりたい!という理由付けが出来たあなたは強いですよ!

でもこれらの目的って、CTimeじゃなくてもいいんじゃないですか?という声が聞こえてきそうです。

ぼくが頑張れたもう一つの理由は
『CTimeの未来にワクワクしたから』です。

自分の持っている目標+CTimeの魅力

これがぼくの原動力になっています。
皆さんもCTimeの明るい未来を感じて、ワクワクして欲しい!

ということで次の章ではCTimeの可能性について書いていきます。

2.CTimeにワクワクしようぜ!!!

まずCTimeの公式CTimerバッチを取得すると、
毎月プレゼントを貰うことが出来ます!
無料アプリですよ?これだけで十分ですよね!

<プレゼントの一例>
・ディズニーチケット
・amazonギフト券
・iTunes3000円分
・ハーゲンダッツ引換券
・高級お菓子セット
・リラックスグッズ
・ボディケアセット などなど

※上図は2019年4月のもの 金券の条件は毎月変更になります

それだけでなく2019年4月からは金券も付いてきます!
2019年4月現在では、200DLで1万円の金券が貰えます!自分で200人集める訳じゃないですよ?アプリ全体で200人です!
今後DL数だけでかなりの収益も・・・?
(200DLで1万円というのは変更がある可能性があります)

そしてぼくが一番ワクワクするのが山中社長の発信です。

<今後のCTimeについての山中社長の発信>
・Android版 2019年夏リリース予定
・CTimeの本格的な宣伝を開始
・CTimeのリアル店舗誕生!?
・将来的には全員公式CTimer!?
・公式CTimerに企業広告がつく!?
・Web版CTime開発中 アプリとは全く違う!
・SNSの枠を超えたアプリへ!
・得意分野で補い合う、エコシステムの構築!
・SDGsの推進!
・その他、ぽんでは想像できないことを沢山考えているみたい笑

まず大きなところはAndroid版のリリースですね!そしてそれに合わせて広告を出すということなので・・・CTimeのDL数爆増間違いなし!!!
金券どんだけもらえるんだ!と期待してます笑
夏までに是非とも公式CTimerになっておきましょう!

そしてリアル店舗が出来るという発表がありました!どんなお店になるのか、まったく想像がつきませんが、リアルとネットの融合本当に楽しみですね!出来たら絶対に行きます!
【追記】カフェを作ると山中社長から発信がありました。リアルとネットを繋ぐ場所になるということですが・・・想像できませんね!

また全員が公式CTierバッチを取得出来るようになるという山中さんの発言はとても興味深いですね!
続けていれば誰でもなれるということでしょう!どうせなら今から続けて、プレゼントを早い段階からずっと貰えるようにしちゃいましょう!

CTimeでの収益化は現在プレゼントと金券のみですが、将来的には企業広告が付くかもしれません! 公式CTimerには優先的に広告がつくということです。企業広告の収入・・・凄いことになりそうですよ!

Web版CTimeの構想についても発信されています!

な、な、な、な、なんじゃこりゃーーー!!!
お金の管理や、チケット購入、投資、信用サービス・・・
とにかくCTimeで色んな事が出来るようになるかも!?これは・・・このプラットフォームで有名になっておくべきですね!

山中さんの構想の中に、エコシステムというものがあります。
みんな得意分野と苦手分野がある。苦手な部分を得意な人が補えば、大きな成果に繋がる。CTimeはそんな場所になる!

自分の得意分野を生かしたい方はCTimeで力を発揮できそうです!

CTimeがSDGsを推進!
SDGsとは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。国連サミットで採択された2030年までに達成すべき掲げた目標です。
詳細はここでは省きますが、今後取り入れていく企業も多くなるであろうSDGsをいち早く取り入れ、普及させていくSNSになります。

長々とCTimeの魅力について語ってきました。
ワクワクしませんか!?
何かが起きそうだ!と思いませんか?

そのワクワクがあればCTimeを継続するというのは難しくないと思います。
ぜひ将来の為に時間を投資して下さい!
みんなで一緒に笑顔になりましょう!

3. CTimeは収益を得るハードルが圧倒的に低い

2019年4月の金券は3万円になりそうです!(5月は4万円)
そもそも3万円の収入をネットで取るのは簡単では無いと思います。
(簡単だという人はCTime使わなくても十分稼げるかと笑)

バッチが付かない!バッチが外れてしまった!という事実だけ見ると残酷に思えますが、何もせずに収入を得ることはありえません。
CTimeの場合インフルエンス(影響力)がなくなれば、バッチを付けることは出来ません
簡単に収入は得られない!それは頭の片隅に入れておきましょう。

しかしCTimeはその難易度が他と比べて圧倒的に低いと感じます。
公式バッチを取得するというと難しそうですが、毎日顔を出して積極的に投稿している人は少しずつバッチを獲得しています。この人はすぐに取得するだろうなという方も大勢いらっしゃいますね!

SNSやってるだけで収益になるんですよ!
楽しみながら収益化出来たら最高じゃないですか?
更にCTimeは皆さん温かいので、いい出会いがたくさんあります!

自分は最近Twitterでほんの少しマネタイズしましたが、1か月で3万円稼ぐのは簡単ではありませんし、Twitterで影響力を持つ難しさを実感しています。

しかしCTimeではそれが可能です!
特にまだユーザーが多くない今、チャンスです!
このチャンスを逃さない!という気持ちが持てたあなたはきっとCTimeを継続できると思います!

また金券の額はこれからもどんどん上がっていくと予想されます!
生活費の一部にしたり、贅沢する為に使ったり、貯金したり、投資に回したり・・・これが毎月入るというのは大きいですね!

ワクワクしませんか?
数か月、数年続けていれば、きっとあなたは公式CTimerに。
そしてプレゼントや金券を貰うことが出来る。
そんな未来を想像すると、やってやろうという気持ちになりませんか?

このワクワクがあったからこそ、ぼくはCTimeの優先順位を上げました
今頑張ったら将来の財産になる!
そう信じて頑張ってきましたし、今後も続けていくつもりです!

ぜひ、皆さんも一緒にいい思いをしましょう!!

4.まず始めにやって欲しいこと

CTime面白そうだからやってみようかな?
よし!インフルエンサーを目指すぞ!
と思ってくれた方にまずやって欲しいことがあります。

<これは必ずやっておく!>
・呼びやすい名前を設定する
・アイコンを設定する
・プロフィールを書けるだけ書く!

これは公式CTimerを目指さない方も、設定しましょう!
やはり人と人との関わりなので、何者か分からない人は警戒してしまいます。あなたのことを少しでも知りたいです!
初めての方のプロフィールは見られる傾向にあるので、初投稿の前に設定しておくことをお勧めします!

呼びやすい名前について

特にこうしなければいけないというものはありませんが、自分が親近感が湧くのは呼びやすい名前の方です!

出来ればひらがなかカタカナ、もしくは簡単な漢字がいいですね!
文字数も多すぎると呼びにくいですね。

英数字のみや文章のような名前だと、
なんとお呼びすればいいか分かりません・・・

基本的な型としては
〇〇@肩書き のようなものが分かりやすいですね!〇〇さんと呼びやすく、どんな人なのかも名前で分かる。

ぼくでいうと ぽん@CTime研究家 です。
名前がぽんと呼びやすく、CTimeについて詳しいのかな?と思わせるような肩書きにしてあります。

アイコンについて

アイコンはSNS上でのあなたの顔です!
しかし有料で作らないといけない!とかそんなことはありません。
自分のイメージにあったアイコンにするといいでしょう。

<アイコン作成方法の一例>
・無料アプリで作成
・絵師さんに依頼し書いてもらう
・自分の写真(顔出しはしてもしなくてもOK)
・自分で書いた絵

気を付けたいのは、アイコンをコロコロ変えないことです!結構アイコンで誰なのか判断している人が多いですよ!

どうしても変える場合は、変更しました!という投稿をするといいですね。
その投稿でたくさん反応が貰えるかもしれません。

CTimeはクリエイティブな方が沢山います!アイコンを書ける方もたくさんいるので、CTime内でアイコンを書いてくれる方を募集するのもいいでしょう。

プロフィールについて

Twitter運用の場合はかなり凝ったプロフィールを作る必要がありますがCTimeの場合は、何も考えず自分らしいプロフィールを作って下さい!
飾らなくても大丈夫ですし、特徴がなくても全然OKです!

とにかくあなたという人が、どんな人なのかが分かれば、あとはCTime内の交流でお互いを理解していけると思っています!

名前、アイコン、プロフィールがばっちり決まったら次へ進みましょう!

5.公式CTimerバッチを取得するコツ

ではここからは実際に公式インフルエンサーになるためのコツ、ノウハウをお伝えしていきます。

この続きをみるには

この続き:7,051文字

公式CTimerを目指すあなたへ

ぽん@覚醒したダメリーマン

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

50
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。