2020年タイムスリップしてたのだ?? 〜終わりから始まり

2020年タイムスリップしてたのだ?? 〜終わりから始まり


はじめまして。ぽむぽむです。
このnoteは正直にたまに過去の闇の部分や
優しい世界観だけでなく、激しい部分や、
自由にのらりくらりと書いたりとしていく
ぽむぽむの脳みその中か心の中です。

あとは感覚派なので文章は下手ですし、誤字脱字をバンバンしながら笑
思いきり自分の世界観を書いていきますねー。


2020年は激動の一年でしたね。
早速勘違いされそうな事を書きますが、
世界が大騒ぎの中、わたしにとっては
人生で一番生きた心地がした一年でした。

いわゆる普通でない事が起こった時に人は
大切なことが何かを必ず考えやすくなる、
「あたりまえにある」とされるものが
なくなって終わったりしていく時
本当に大切な事かを考える必要な時間=心の空間

心の空間はとても大切だと考えています。
人は自分に不都合な事があるとやっと
大騒ぎして自分や人や命について考えなおす。

生命は人間だけだと思って過ごしていると
心は穏やかには過ごせないと考えています。
人間以外の生命は毎日凄い勢いでなくなっていく。

しかもそれは人間の為だけに起こっている。
沢山のものを摂取してきた人間が
今手にしている「あたりまえ」が無くなった時、
どう生きよう、生きることとは?と考える
心の空間が出来たこと。
心の空間は余裕でもあると思う。

無駄な時間であり、無駄な時間は心を感じれる
無駄な時間はこれまで沢山の発明やアイデアを
世の中に広めていますよね。

~ここで思い出すのが27年前に神曲だと
わたしが思ってた曲の歌詞があって、
それは「スチャダラ・パー」さんという
ラッパーの方の曲で「ヒマの過ごし方」という
歌詞が凄い!

時を超えて作ったんじゃないの!?ってくらい
当時は思い切りまさに成長あるのみ!
みたいな時代だった中、
子どものわたしは世の中にあわせられなくて、
勉強も手につかずに、これなんだよなー
こう生きたいんだけどー、何か違うんだよなーって笑
もう心はわたしは2020年に来ていたので笑笑
時代と逆らって、生きにくいなぁと過ごしていたので
当時この歌詞に感銘を受けました
興味ある方は歌詞だけよかったらみてみて下さい。
これの凄さは27年前ってのが凄いから!笑

スチャダラパー  「ヒマの過ごし方」
「ヒマだねー」ってよく言われるぼく
言われると確かにそう思う
気がつくと何だか罪悪感
感じてる自分こそなんだ
そもそも「ヒマ」って言葉自体
まずいい意味では使われない
辞書でヒマってひいてみた
これもまあヒマのなせる業
ヒマ=自由な時間 仕事や
義務に拘束されない時間
確かにその人にしてみれば
ぼくはヒマに違いなかったが
その間ぼくはテレビを見たり
ファミコンしたり本を読んだり
時間について考えたりしながら
ぼくはぼくのヒマを過ごしていた
そんなヒマあったらって言うが
みんなヒマは嫌いなのか
ヒマはダメか?悪いのか?
そんなに嫌か?ヒマが
超忙しくて もーヒマがなくて
とか言ってる人にかぎって
さらに忙しい休日を
過ごしていたりするだろう
なぜいそがしくするのだろう
何もしない不安それは何だ
恐いのはただただある時間
縮める事ものばす事も
ましてや消すことも不可能
すべてのものに同じだけの
時間が与えられてるとしよう
そうなってくると恋愛 ファミコン
仕事 その他諸々
かなり思いがけない事だが 人は
必死でヒマをつぶしてるだけだ
んーっじゃあ ぼくらみたいな
ヒマに見られがちな人達が
見下されてる気がするのは
どういう事だ?
パッと見 生産的なもの以外は
無用だとでも言うのか
あんまりだ そりゃちと強引だ
いそがしposseはいつもこうだ
本来ヒトはヒマだった
そしてそれを受入れる事が出来た
世界中のいたるところその足あとを
見つける事が出来るだろう
大仏 ピラミッド
巨乳 万里の長城
この世の多くのデカいものの
発想自体 ヒマのたまもの
地図を作ったやつのゆとり
なみたいていのものではあるまい
うるう年に気づいたやつのヒマさ
かげんを想像してみろ
またかつて塩の塩分を
1パーセントあげようと
何千トンもの塩をあつめた
男がいたとかいないとか
ほかにも奇行愚行の結果
最終的にはなにも残さなかった
多くの愛すべきヒマ人たちが
いただろう たぶん な!!
これらの事からもハッキリ言える
今の人がヒマを受け入れる
事が出来なくなりつつあるなら
それは能力の減退だ
減退はいかん くいとめるのだ
ヒマ人どもよ立ち上がる時だ
ヒマを見つけてヒマを知れ
ヒマを生きぬく強さを持て
一生 棒にふるぐらいの
ヒマとゆとりを持って進もう
人の数だけヒマはあるのだ
それこそあたりまえの事なのだ






~って、自分の文章より長い!

あ、もう話しはそれた笑笑

無駄やヒマをバンザーイ🙌とは言わないけど、

毎日何のために働いてるのか、何故さらに良いもの、良い服、良い車に乗って、食べきれないほどの高級な食事をとり、疲れが溜まってストレス発散の為にお金を使って、ストレス発散で何故買ったかわからない物や、何故付き合ってるかわからない人の為に、生きる為にと仕事や生活ををまた頑張る。
「あたりまえ」だからやる。

その「あたりまえ」が壊れていく感覚はとても爽快です。
作られた素晴らしいとされるものに人が動かされて沢山の時間やものを摂取されていってる、
一番摂取されているものは、豊かな心だと思う。

皆んなが同じような心をもっていないこと
それぞれが生きているだけで
個性的でクリエイティブである事、
もちろん地球にいて、お金は必要であって
必要ないとか、原始時代みたいなのが豊かと思っているという事では
ないです笑笑

どこまでも成長の為とされて進んで加速してきた、
これまでの豊かさの価値観が崩れて、
これからの豊かさの価値観が、融合されていく世界観を想像すると、
とても爽快だと考えています。
固い文章になったけど気持ちとしては
やっとか、それこそ27年以上待ってるから
もう待ち疲れたよ、まだこの感じなのーって感覚でしかない。

こんなに何もかも揃い、発展していく世の中で
毎日生きにくさを感じる人達や、自殺する人など、
生きにくさの原因の一つに、人間の成長や、
社会の成長に一歩たりとも止まるな!
無駄を省け!と余計なものとされる事を
考える心の空間や余裕なんてないほどに、
人の心は置き去りにされて思考と行動のみで解決していく。
そこにあるんではないかな?と考えています。

今沢山の人がそういう事に気づいてきてる。
皆んなが好きなことをしだしたり、
本当に幸せなこととは?自分にとって何かを考えてきている時代に変化してきて沢山の人の固定概念が外れていっている。


こう生きるべき、成長すべき、でなければこの世の中を生き抜けないよ!というある種の強迫観念的な不安をあおる教育や情報の中に生きてる。
生きてきた命の目的さえも忘れてしまう、
その人らしさや個性は否定されてしまう
その時代がもう通用しなくなってくるな、という
終わりから始まる感覚がはっきりとした一年だったと思っています。


《個性とはその人のありのままの姿》
その人そのものを否定されて生きてきた人や
今もそう感じている人達に、
わたし自身が自分らしく在ることの姿や
ありのままで生きることで、関わる人達へ
それでいいんだ、という安心を感じてもらって
自分はこう生きようかなと、
何かに挑戦する気持ちや優しい空間や世界観を広げて行きたいと
考えています。


何故、個性的な事にこだわるのかは、
怒りにも似た過去の自分の生きにくい人生の経験からも背景は沢山あるので、また書いていきます。

またみてねん🤘('ω')ノ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ぽむぽむ☆宇宙とラブリーメンタルアドバイザー 🌟在り方🌟 ✨歩くパワースポット✨ どんな時もこの世界を信頼して いつも心を開き続ける 🌟ビジョン🌟願うこと✨ 個性的なまま生きるワクワクの力や 信頼しあって繋がるような あたたかくて優しい世界観