見出し画像

“信頼”とは「積み重ね」の賜物なのか、という問いへの解

お客様に対して積み重ねきたもの

タイトルの内容ですが、私自身の経験から考えてみたいと思います。
私たちのお客様で「マウスコンピューター」さん(乃木坂46さんのCMで皆さんご存知かと思います)がいらっしゃいます。

ご縁があり、5年ほど前からマウスさんが手掛けている「DAIV」というクリエーティブマシンや、e-Sportsでも脚光を浴びている「G-Tune」というゲーミングマシンのブランディング全般、プロモーションのコンテンツプランニングからプロダクション業務全般まで行っています。

その中で、これまでの手掛けてきたブランディングムービーの視聴回数がどのくらいなのか、この機会に足し込んでみました。約5,350,000回再生。これが多いとみるか少ないとみるかはありますが、少なくとも500万回以上、マウスさんの良さを伝えることに寄与できたのかと思っています。

1つの動画で数百万回再生されるようなバズ動画を生み出すことも重要ですが、数万・数十万再生で、クオリティや伝えたいことをしっかりと吟味しながら、ターゲットをしっかり考えた上で、届けたい人に届ける。

同様の事で行くと、マス的な影響力とは違う、インフルエンサーというくくりが良いのかわかりませんが、SNSでフォロワー数をたくさん持っている方々とクリエイティブワークをご一緒し、そのフォロワーの方々(ファン)に、マウスさんをお伝えしています。

例としては、ゆうこすさん×カツセマサヒコさん
https://www.mouse-jp.co.jp/creator/ss/daiv/for_creator/yukos_katsuse.html
や、塩谷舞さん
https://www.mouse-jp.co.jp/wdlc/story03/
YouTuberで成功されている、ゆきりぬさん
https://www.mouse-jp.co.jp/creator/ss/daiv/for_creator/yukirinu.html

マス的アプローチではない、時間をかけてその質や精度を高め、ブランディングムービーや、インフルエンサーを起用したプランを通して、同じ1視聴/1セッションでも、その深度を深めていくことができるのが、こういった取り組みの良さなのかなと思います。

そして、信頼を元に、次の依頼がもらえる。その依頼にこたえるために、前回よりも良いものを、という気持ちで行い、また信頼につなげる。そういうサイクル、積み重ねがより強固な信頼につながっていくのだと思います。


向き合いの方が役員に昇格

そんな、5年前くらいからずっと向き合いでお仕事をさせていただいている、マウスの宣伝マーケの責任者の方が、最近役員に昇格されました。東証一部上場企業の役員に昇格をされるという事は、非常に優秀な方というのは言うまでもないのですが、20年以上マウスさんの中で新卒から様々な積み重ねを経て、乃木坂さんを起用する立場になり、会社の認知を一気に上げながら会社成長に寄与されたのだと思います。


この方も、BTOパソコン(いわゆる組み立てパソコン)で成長してきたマウスさんの創業期からいらっしゃるということで、PCの組み立てもおこなったでしょうし、営業や、製造ラインまわりのことなど、あらゆることを地道に積み重ねて宣伝マーケになり、そしてこの役員昇格、という事になったのだと思います。

きっと、「積み重ねが大事である」という価値観を持っていらっしゃるであろうこの方に、5年間という長い間、お仕事でご指名をいただけているということは、少なからず我々の積み重ねてきていることを、ご評価いただけているのかなと思っています。


“信頼”は「積み重ね」が無くても生まれるものなのか

これは、まだ答えが見えません。1度か2度のことで、強固な信頼関係が生まれることもあるので、必ずしも回数や時間などが必要とは思いません。また、コミュニケーションの回数や時間が多いからと言って、必ず信頼が生まれるかというと、そうでもありません。

ただ、仕事ももちろんそうですが、対会社、対ヒトからの“信頼”は、一緒に何かを行う回数と、その質や深さ、そしてその結果、応対する姿勢、いくつもの要素がからまって少しずつ積み重なっていくことで、確かな信頼につながっていくのは間違いないと思います。


逆に信頼が無くなるのは

「積み重ねる」ことが重要な“信頼”ですが、逆に一つでも歯車が狂うと一気になくなるのも“信頼”だと思っています。私も11年会社を経営してきて、そういったことを何度も周りで見てきましたし、会社としても信頼をお客様から無くしたことはゼロではありません。

では、“信頼”が無くなるときはどんな時か。もちろん結果は大事な前提要素ですが、それと同じくらい大事なことは「信じて、頼っていただいていること」、このことをいかに意識しながら、その気持ちに対して真摯に向き合えているかだと思っていますし、結局そこに尽きるのかなと思っています。


結果と精神的な向き合い

精神的な向き合い方と、結果とのバランスがしっかりとあいまったときに、一つの小さな“信頼”ができ、その積み重ねが何よりも大事だと思います。どちらかが欠けたりすることは信頼が積み重ならないときなのかなと思っていますし、これからも個人としても会社としてもそんなことを大事にしながらやっていくことが重要かな思っています。

いや、超重要かなと思っています。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

14
GROWTH THE “CLIENT BUSINESS” WITH CREATIVE.を掲げ 「PLUS-D」を経営しています。 https://plus-d.co.jp/ プロフィール https://plus-d.co.jp/people/jun_shirai.html
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。