新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

Makuake終了しました。ご支援ありがとうございました。

3/11から4/11までの1ヶ月間でしたが、支援者数181名、支援金合計2,556,000円という結果でした。先行リリースということで、初めてHEMPSが世に出ることとなり、私たちが作ったものが受け入れられるのか、不安な気持ちもありましたが、多くの方々にご支援をいただくこととなり、感謝の気持ちでいっぱいです。今後初出荷、本格リリースを迎え、これからが本番となりますが、より一層力を入れて頑張りたいと思います。引き続き応援のほど、よろしくお願いいたします。

今回「パパがおうちで最高の先生」ということで、makuakeの感度の高い男性ユーザー層との親和性や、昨今の男性の育児参画の傾向を考慮したマーケティングメッセージだったのですが、途中新型コロナウィルスの影響で、緊急事態宣言の下、多くの地域で保育園も閉鎖となり、多くの家庭で、本当に日中も自宅で子育てをする状況と環境が一気に変わりました。こうした緊急事態の中で、弊社として社会にどんな価値を提供できるか深く考えました。世界全体で経済活動も鈍化し、人々も日々健康に、昨日と同じように生きていくことに目が向いていると思います。そんな中で、私たちもセールス活動にフォーカスするよりも、こうした人々の生活環境の変化に伴う不安や、今求めていることに、寄り添っていくべきなのではないかと思いました。その結果、今こそおうちで育児に本気で向き合おうとしているパパが増えており、日々奮闘しているのではないか、そうしたパパたちをプレイシップとして応援していこうという方向付けができました。

具体的には、プレイシップの数学7つのコアセンスの体系を使ったコンテンツを配信していきます。既にインスタ#パパが先生 コンテンツの投稿を始めました。現在HPでもご覧いただけるようになっています。詳しくはまた別途投稿します。

######

ここからは今回初めてクラウドファンディングを使ってみた感想です。今回makuakeという日本最大規模のクラウドファンディングを利用したのですが、感度の高いユーザーが高密度で集まっている場所であり、そこに商品投入することは、テストマーケティングとして、とても良かったと思っています。商品を市場に出す前に、どんなユーザーに訴求しやすいとか、どれくらいの価格に反応するか、どの媒体を使って、どのターゲットにリーチすべきかなど、makuakeでの経験を通して、今後の方向性をある程度明確にすることができました。創業助成金の申請を考えているスタートアップにとっては、販売前に仮説の裏付けとして事業計画書に掲載してもよいと思います。一方で、売上を維持するには、相当マーケティングをしなければならない、また、自社でアンコントローラブルなことも多いことから、なかなか難しい部分もあったのですが、結果としては、やってみて良かったと思っています。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
3
株式会社プレイシップ創業者、兼代表取締役。外資系コンサルティングファームに10年以上勤務する経営コンサルタント。4歳、3歳の男の子、0歳児の女の子を育児中。会社HP https://shop.playship-tokyo.com/インスタID mathemon.ai