見出し画像

プレイシップ、遂にインテリア界のパリコレ「メゾンオブジェ2020」にデビュー

今回は文字の多い投稿ではなく、先日出展したパリのメゾンオブジェのレポートをします。

メゾンオブジェとは

画像1

以下サイトよりメゾンオブジェの概要を引用します。https://high-brands.com/interior-messe-detail.php?id=3

フランスのパリで毎年1月と9月に行われ、24万6000㎡もの会場で1回あたりの出展数が約3000ブース、来場者が85000人規模のイタリアのミラノサローネ、ドイツのケルン国際家具見本市と並ぶ世界の3大家具見本市です。 「メゾン・エ・オブジェ」はフランス語で「家とさまざまなもの」という意味です。世界最高峰のインテリアとデザインのトレードショーとして世界中の業界関係者に親しまれており、発信される最新トレンド情報が世界を駆け巡ります。インテリア業界のパリコレの異名をとり、インテリア業界関係者はもちろんのこと、ファッション関係者も見逃せない見本市となっています。

大規模の世界的展示会ということがわかります。実際に訪れたら、1日では回りきれないような大きな展示会場に非常に多くの出展者、インテリア関係のディーラー、デザイナー、著名メディアなとが世界中から集まり、商談が行われます。この展示会で反響があった商品は必ず今年多くの露出があり、売れ筋となると言われている為、各社大変力を入れて参加します。5日間の展示会で、だいたい前半はディーラーが下見に来て、最終日に再来訪し、購入を決めるようで、最終日に従って皆真剣な顔つきになってきます。最終日には卸価格での即売会もあります。


プレイシップ新商品「HEMPS」の出展

画像2

弊社の製品は何か、ということについてはまた別途詳しく書きますが、簡単に言うと、木製積み木とそれに連携するアプリケーションのセットで販売予定です。出展のきっかけは、木製積み木の開発を委託しているKukkia社のご好意でブースの中に置かせていただきました。Kukkia社は、日本では珍しいグローバルに展開するデザイン性の高い木製玩具メーカーです。メゾンオブジェに関しては、10年以上も日本から出展し続けている数少ない企業です。弊社のようなスタートアップが出展するには、JETRO経由で他の企業と共同出展することが一般的ですが、今回1つのブースで統一された素敵な世界観のもと、出展することができ、Kukkia社社長のkazさんに大変感謝しています。

メゾンオブジェの様子

画像3

インテリアの展示会ということで、ギフトや家具や雑貨など様々なカテゴリーがあります。私たちの出展ブースは「Kids & Family」の中にありました。

画像4

大きなパネルの展示会プログラムもおしゃれなデザインです。その横で弊社製品HEMPSもパチリ。

画像5

画像6

私たちが出展させてもらったKukkia社のブース。ピンクをベースとして、かわいい木製玩具が並びます。上の写真の空に浮かぶお花はflower cloudというもので、国内外で活躍されているyokoさんというフラワーアーティストがデザインされ、パリでも好評でした。

画像7

弊社のHEMPSはこんな感じでインテリアのように置かせていただきました。

画像8

主にEU圏内の玩具dealerや雑誌などのメディア記者が来訪され、私たちは主にコンセプトの説明をしました。HEMPSは檜でできているのですが、「Japanese Hinoki」と言ったら、多くの人が興味を持って香りを嗅いでくれました。ここには世界中からデザイン界で活躍している方々が集まるので、そういう人たちに訴求する話し方をする必要があります。私自身はデザインの世界に精通しているわけではないので、最初どういう切り口で話したら良いのか苦戦しましたが、子供の想像力をかきたてるシンプルなデザインであったり、この商品を通して、親子時間を大切に思う人を増やしていきたいといったプレイシップのコンセプト(子供が1人で遊べる玩具ではなく、敢えて親子で遊ぶ用に親も楽しめる難易度になっている)を説明したところ、興味を持って聞いてくださる方が増え、手応えを感じました。

画像9

画像10

上記2つの写真は他社のブースになりますが、こんな感じでかわいく展示しています。

画像11

こちらは展示会の合間に行ったルーブル美術館を背景にしたHEMPSです。詳しくはインスタ(mathemon.ai)もご覧ください。

今回は初めての出展で、EU顧客の潜在ニーズを知ることができたり、デザイナーやプロデューサーといった作り手の話も聞くことができ、大変勉強になりました。HEMPSは見た目はシンプルですが、様々な新しいアイディア、コンセプトが詰まった商品であることを改めて認識しました。同時に、適正なターゲットに、きちんとストーリーテリングをしていかねばならないというネクストアクションも明確になり、大変身のある経験ができました。

以上、お付き合いいただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
9
株式会社プレイシップ創業者、兼代表取締役。外資系コンサルティングファームに10年以上勤務する経営コンサルタント。4歳、3歳の男の子の育児中。会社HP https://shop.playship-tokyo.com/インスタID mathemon.ai
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。