岸田國士作品を哲学するWS(2月4〜7日開催)
見出し画像

岸田國士作品を哲学するWS(2月4〜7日開催)

忍翔 OSHOW Improviser

こちらのツイートの企画が始動します。

既に2022年6月13〜19日に古民家を押さえており、どの作品をどのように上演していくかも構成済みです。
ただ、各作品に眠る可能性と、探究を深めていくための仲間がもっと欲しいという状況です。

そこで、岸田國士作品と触れ合い、言葉を交わし合うためのワークショップを入り口として行います。

題して「岸田國士作品を哲学するワークショップ」です。

上演予定の「紙風船」「葉桜」「驟雨」「恋愛恐怖症」いずれかの戯曲を声に出して読み、その後全員で哲学対話をします。
哲学対話とは、答えを出したり、議論をぶつけあうことを目的とせず、それぞれが感じたことを自由に発言し、自由に思考し合うことを目的とした対話方式です。

<哲学対話のルール>
・何を発言してもよい
・他者が発言したことに対して否定的な態度をとらない
・発言せず、ただ聞いているだけでもよい
・お互いに問いかけるようにする
・知識ではなく、自分の経験に即して話す
・話がまとまらなくてもよい
・意見が変わってもよい
・分からなくてもよい

わかるため、正解を導くためではなく、むしろ今わからないことは何かをはっきりさせるために行い、今後岸田戯曲を探求する上での問いを発見していきます。

このワークショップに参加された方の中から選考を行い、3月から連続ワークショップを構成し、その中から本公演上演メンバーを決定します。

詳細は以下に記しますので、興味のある方は奮ってご参加ください♪

〜岸田國士作品を哲学するWS〜

■日程&場所
2022年
2/4金 18:30〜21:30 @池袋周辺施設
2/5土 14:00〜17:00 @同上
2/6日 10:00〜13:00 @高円寺周辺施設
2/7月 14:00〜17:00 @池袋周辺施設

■対象
脚本のある舞台経験が5回以上、もしくは俳優訓練経験が1年以上ある方

■参加費&定員
①出演に興味がある方(各回12名) 2000円
②出演には興味はないが参加したい方(各回4名) 1500円
※1人1回のみ参加可能です。
※②の方は哲学対話のみの参加となり、本読みはありません。

■申し込み
こちらのフォームからお申し込みください。
※先着順です。

■ファシリテーター
忍翔
インプロバイザー(即興役者)、インプロ(即興演劇)&演技指導者、俳優。高校から演劇、大学から英語劇、ミュージカル、インプロを始める。ショーン・キンリー、パティ・スタイルズ、ダン・オーコナー、スティーブ・ジャランド、フィリップ・ゴーリエらからインプロ、マスク、クラウンを学び、国境とジャンルを越えて幅広く活動している。年間50以上のステージと100以上のワークショップを行い、世界標準のインプロを日本に広めるという使命を持つ。国際シアタースポーツ協会会員。インプロアカデミー専属講師。

今井夢子
学生時代よりタップダンス、ジャズダンス、演劇を学び、ダンサー・俳優として活動。2012年より、俳優として椿組に所属。2014年より自身のパフォーマンスユニットManhattan96を創立。演劇的レビューショーの企画上演に力を注ぎ、脚本・演出・振付を務める。2018年にヨーロッパへ渡り、パリで身体表現を学んだ後、スペインセビージャのフィジカルシアターカンパニーSENNSA TEATRO LABORATORIOに初のアジア人メンバーとして抜擢されツアー公演に出演。2020年に帰国し、現在は脚本、演出、振付、企画、出演と、幅広い分野で精力的に活動中。

■キャンセルポリシー
以下の割合のキャンセル料がかかります。
参加日の4日前の24:00までのキャンセル 0%
参加日の2日前の24:00までのキャンセル 50%
それ以降のキャンセル 100%

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
忍翔 OSHOW Improviser
Impro=舞台上で自由で創造的になる×何もない空間から物語を創る 俳優、演技指導者として世界を相手に仕事をしています。