株式会社プレイノベーション / PLAINNOVATION, Inc.
プレイノベーションに大型新人がジョイン!?
見出し画像

プレイノベーションに大型新人がジョイン!?

株式会社プレイノベーション / PLAINNOVATION, Inc.

こんにちは!プレイノベーションのhanakoです。
前回の投稿からだいぶ間があいてしまいましたね汗

本日はご報告があります。
なんと、プレイノベーションに新メンバーがジョインしました!
そもそもこのnoteを始めたきっかけのひとつがメンバーの採用でしたので、その努力が実りうれしい限りです。

それではさっそく身長178㎝の大型新人に自己紹介をしてもらいましょう。

プロフィール写真

生い立ち

みなさま、初めまして!
このたび2月1日に入社しましたAkiraです。ピカピカの新入社員ですのでどうぞよろしくお願いします。
それでは、生い立ちをかいつまんでご紹介していきます。

生まれ~大学
私は1987年に、郡山市の隣の須賀川市で生まれました。プレイノベーションファンの皆さんはピンと来たでしょう。そうです、私は代表のkankeと高校の同級生です。
しかし、高校生の頃はkankeとはまったく交流がなく、360人の同級生の中でお互いに「そんな人がいるなぁ」くらいの認識でした。
ひっそりとした高校生活を送った私はなぜか関西に憧れ、京大経済学部に進学しました。

大学院、震災~東京生活
大学を卒業し、色々あって大学院に進学するタイミングで東日本大震災が発生しました。
故郷が大変な状況で、福島のために何かできないかと安積高校の同級生が集まり、そして、kankeとともに『Link with ふくしま』という団体を立ち上げました。この団体はNPO等の中間支援と未来志向の場づくり(Future Center)をしていました。プレイノベーションの原点とも言えるかもしれません。

画像3
2011年のkankeと私

一橋大学大学院商学研究科でMBAコースに所属していた私は、Link with ふくしまの活動でナレッジマネジメントに興味を持ち、当時KDIというFuture Center組織を持っていた富士ゼロックスに入社しました。
富士ゼロックスでは法人営業を担当し、数千人の会社から数十人の会社まで、いろんな会社とお付き合いをしました。
その後、福島出身の女性と東京で出会い、結婚して、「夫婦で福島で挑戦しよう」とUターン移住してきました。あ、ちなみに私の結婚式の乾杯の挨拶はkankeにお願いしました。

福島Uターン移住~現在
福島にUターンしてきて夫婦でゲストハウス事業に着手しました。

しかし、開業して軌道に乗るまで無収入となってしまうのはつらいので、孫の手トラベルという会社で働き始めました。この会社は、「福島の観光に関するおもしろい会社」とkankeに紹介してもらいました。孫の手トラベルのFoodCampという事業は福島の魅力を存分に発揮できるビジネスで、とてもやりがいのあるものでした。県内の方も県外の方もぜひ一度ご参加をおすすめします。


画像2
前職でサービス中の私

FoodCampも成長し、guesthouse Nafshaも開業できたことから、2年半の勤務を経て先月に孫の手トラベルを卒業し、プレイノベーションにジョインしました!

こうして振り返ると震災後の私の人生の転機にはkankeがいましたね笑

プレイノベーション入社動機

そんな私のプレイノベーションへの入社動機は以下の通りです。

福島の魅力と可能性、そしてローカル企業のおもしろさをもっと伸ばしたい「福島にはなにもない」 これは福島の人と話すとよく聞く言葉です。でも私は全く違うと思います。確かにディズニーランドも東京タワーも表参道も福島には無いかもしれません。その代わり、圧倒的に美しい自然や、人々が連綿と紡いできた伝統・文化や、東京のシェフたちが羨む美味しい食材など、魅力的な要素がたくさんあります。一度福島県外に出て日本中を見てきた私だからこそ分かる福島の魅力を県内の人に伝え、この魅力を“面白がる”仕事をしたいと思っています。

自分のスキル&経験を活かしたい
福島にUターンしてきた時は自分に何ができるんだろうと実は悩んでおりました。
しかし、福島で3年近く過ごして自分の価値が分かってきました。(どんなことができるかは後述のとおり)
そうであれば、より多くの人の役に立ち、自分のバリューを出したい、自分の知識や経験を活かしたいと思うようになり、これを実現できるのがプレイノベーションだと思っています。

震災から10年が経ち、次の10年を活かしたい
震災から早いもので10年が経ちました。震災当時、大学を卒業したばかりだった私は、正直に言ってできることも限られていて、想いばかりが先行していたと思います。
既に34歳となり、色々と経験を積み、スキルも身についた今だからこそ、もう一度kankeと一緒に仕事をしてみようと思っております。

できること、得意なこと

以下の通りです。お仕事ください!笑

MBAの知識と思考力
MBAを修了し、戦略論、マーケティング、会計、経営史、イノベーション、、、経営学全般の学習をしました。なので浅く広くですが一通りのことを知っています。
また、大学院時代は毎週課題が出され、4,5枚のレポートを書くということをひたすらしていました。ですので、ロジカルな思考と記述をすることができます。
書類作成はお任せください。

ソリューション営業の経験
富士ゼロックスでは法人営業をしておりました。お客様のもとに通って関係性を作り、お客様の課題を整理し、それに合った解決策を提案することをしていました。ゼロックスなので紙を起点としたワークフローや、ドキュメントまわりを得意としていました。プレイノベーションでも企業のDX、業務改善を実現していきたいと思います。

地方の魅力発見
福島に来てからはFoodCampというお仕事をしていました。これは農家さん達と協働して福島ならではの魅力を作り出し、お客様に楽しんでもらうツアーです。
気をつけないと通り過ぎてしまうような、何気ない良さを観察して発見し、ツアーという体験に仕立てる。そんなことを仕事としていました。

その他
前職の経験から、福島県内の美味しい食材の生産者や、それらを扱っている一流シェフの飲食店を知っています。四季を通じて福島の美味しいものを食べたい時には私に聞いてください。ご要望に応じてご提案できます笑
また、2t トラックを運転できます。アウトドアのスキルもあります。テント、タープの設営はお手の物です。焚き火もできます。DIYでペンキを塗ったり、庭の整備なんかもできます。 

画像4
自宅で屋根のペンキ塗り中の私

おわりに

私はもともと福島が好きでしたが、Uターンしてさらに好きになりました。なぜなら、素晴らしい人、尊敬できる人、面白い人、個性的な人にたくさん出会ってきたからです。福島と須賀川を世界に誇れる場所にしたい、プレイノベーションguesthouse Nafshaを通じてそれを実現していきたいと思いますので、今後ともよろしくお願いします!

この記事が参加している募集

企業のnote

with note pro

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
株式会社プレイノベーション / PLAINNOVATION, Inc.
株式会社プレイノベーションは「地方に進化を、世界に革新を」をビジョンに掲げ、デジタル推進支援やデジタルプロダクト開発を行う企業です。テクニカルディレクター・フロントエンドエンジニア・サーバーサイドエンジニアを積極採用中です! https://plainnovation.com/