大阪ヨル会議6
見出し画像

大阪ヨル会議6

【8月27日20時発→21時30終了】"平日ヨル大阪駅発"にて。昼間人口・交流人口含む「広く大阪好き」の有志面々が大阪の記憶保存、魅力発見・発信を自由に行なっている『大阪ヨル会議』。第6回として『zoomオンライントークイベント』を開催します。

今回は『アイホールの存続を望む会』呼びかけ人の1人、エイチエムピー・シアターカンパニーの笠井友仁さんをゲストにお迎えして、「劇団☆新感線」や平田オリザさん主宰の「青年団」などが公演してきた兵庫県伊丹市の市立演劇ホール「アイホール」が今、どんな岐路を迎えているか?を共有していきます。演劇関係や文化関係者はもちろん、仕事(出張)や学校帰りの皆様、お気軽に参加くださいませ。(ドタキャン、ドタ参も可能です)

「大阪ヨル会議」6

日時:8月27日20時発〜21時30終了

会場:zoomオンライン

参加費、参加方法:参加費は無料。参加方法はTwitterアカウント(@hatchosaka)にDM、あるいはメールにて。事前連絡なし、途中参加(離脱)もOK。

内容:『アイホールの存続を望む会』活動について。質疑応答。


進行:田中冬一郎。大阪唯一となるフリーペーパー専門&シェア本屋「はっち」代表。他にも大阪ミナミ、黒門市場で曜日店長制スペース「アトリエ輪音(わおん)」を2007年から5年間、大阪キタ、中津にて住み開き「511」を2012年から8年間運営してきたなど、とにかく人生の半分くらいが現場で「場づくり」の人です。今は京都で町屋はんざきをひっそり運営も。もっと詳しくはこんな感じ

ゲスト:笠井 友仁(かさい・とものり)
演出家。1979年大阪府八尾市生まれ、宮城県仙台市出身。2001年に近畿大学文芸学部芸術学科舞台芸術専攻を卒業。その後、エイチエムピー・シアターカンパニーを結成し、08年3月まで代表を務め、現在まで全作品の演出を担当している。14年6月から20年6月までNPO法人大阪現代舞台芸術協会の理事長を務めた。主な演出作品にアイホール現代演劇レトロスペクティヴ『阿部定の犬』、メイシアタープロデュース公演 SHOW劇場『少年王國記』など。05年に若手演出家コンクール優秀賞、14年に文化庁芸術祭演劇部門新人賞、20年に大阪市咲くやこの花賞受賞。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます。励みになります。
金融関係で働きつつ"地域・社会問題を文化力で解決するワオンPJ起業。つまり複業家。面白い人・事・場と出会ったり、繋いでいくのが大好物。現在は大阪・フリーペーパー専門&古本屋はっち、京都・町屋はんざきの2拠点生活で発信中。書評・選書/居場所づくり/美術史講師/読書会主宰/映画監督