エンジン・オブ・エドリキシミュータント

島田

浦賀沖に現れた、黒塗りの蒸気絡繰巨人は幕府に開国を迫った、集まる野次馬や役人に戦慄が走る!

超蒸気技術の四巨人は野次馬を薙ぎ払った!威嚇的デモストレーションは大成功だ!これをみて、夜の寝付きが悪くなること誰が責められることか?

ペルリ提督はショウグンに、不平等な条約を叩きつけに来たのだ。蒸気巨人から降り立った彼は荘厳な絡繰鎧から蒸気を噴き出し、巨人達のサーチライトで照らされる!まさに、神の降臨ごとき演出!彼は不動産、カード博打、超蒸気技術で成り上がった。ハクをつけるにはちょうどいい相手、それがこの極東の蛮国というわけだった。

「これでは、弱い者いじめだなッ!フハハ

CRAAAAAAAASH!!

絡繰鎧は吹き飛んだ!ぶち当たったボロ舟屋はガラガラと崩れる。
王余魚関の殺人ブチカマシだ!

「ワシの一撃食らって、形が残っているとは」

「背徳的ミュータントめ!」

瓦礫から蒸気が噴き出し、怒りが飛び出た。

【続く】

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!