見出し画像

アパート購入後に気をつける3つのこと

ボロアパートですが、少しずつ進んでいます。本当に少しずつですが。

アパートを買ってから、賃貸に出すまでに見落としがちなことについてまとめました。

カギの複製

売買の時に、カギは各部屋1本ずつしかありませんでした。カギは一部屋につき3本必要です。

入居者、大家、キーボックス用

キーボックスはアパートに備え付けておいて、内覧の際や工事の際に活躍します。

消防点検

火災報知機と消火器の確認が必要です。

火災報知機は1つ3000円から5000円くらい、消火器も同様です。また、3年に1度消防点検を受ける必要がありますので、管理会社に相談をすると良いです。

電気・水道の契約

まず、電気。

アンペアをあげようと思ったのですが、先に電気の契約が必要とのこと。入居者が入るまでは、大家名義で契約をする必要があります。普通に電力会社に電話をして契約手続きができます。

次に水道。

水道も同様に、入居者が入るまでは大家の方で契約をする必要があります。

まとめ

以上、買った後に気をつける事をまとめました。

最後に、うちのボロアパートの状況ですが、

12月中旬まで改修工事

終わり次第、募集開始

最短でも2月1日入居

2月末から元金返済も始まるので、なんとか2部屋は埋めたいですね。

あと、砂壁にペンキ塗りをやってみています。

砂壁にペンキ塗りをした結果はまた後日お伝えします。

画像2

画像1



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

PCより手書きの方が、問題解決にいいらしい
2
ブラック企業からホワイトへ転職。31歳サラリーマン。不動産投資で2023年3月に勤め人を卒業すべく修行中。あと4年。アパート1棟(4戸)所有。公庫から融資。資本主義の仕組み、勤め人の運命、タネ銭を貯めるコツ、初心者が不動産投資に挑むマインド。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。