見出し画像

第195号『中国ゲーム市場における表現規制の実態』

現在自社開発を進めているゲームソフト『戦場のフーガ』を上海でイベント展示(Steam China)するにあたって事前にビルドのチェックを行ってもらったところ、表現規制いわゆるデザイン修整(自粛)の要請が来ました。

もちろんイベントに出展するためにはマストの修整との事だったので言われるがままに修整を行ってイベントにはなんとか出展出来ました。

けど中国市場におけるパッケージゲームの表現規制の知識やノウハウはあるものの、これからサービスを開始するSteam Chinaにおけるレギュレーションがはっきりしていなかったので運営を行うパーフェクトワールドの担当者を現地で捕まえて直接話を聞いてきました。

事前に通達が来た表現規制は以下の通り。

①敵国のエンブレムの修整
デザインがナチスドイツを連想させるデザインになっているため修整必須。無くすかデザインを変更すること。

②敵将校の衣服デザインの修整
同じくナチスドイツを連想させるデザインのため修整必須。キャラクターを無くすかデザインを変更するかシルエットで表示すること。

今回のイベント出展にあたってとりあえず①はエンブレムを消して、②はボスだったのでシルエットに変更して難を逃れた。

とはいえ今回の修整はイベントに間に合わせるためのその場しのぎの修整だったので、ちゃんと現在の中国における表現規制の傾向と対策を確認する必要があるので、本作『戦場のフーガ』だけに限らず全体的な表現規制の話をパーフェクトワールドに聞いてきました。

まとめると以下の通りでした。

正直ここまでか?と思うほどの表現規制の嵐でした。

【中国のゲーム市場における表現規制の実態】

この続きをみるには

この続き:1,632文字
記事を購入する

数量限定で販売中

残り23/ 30

第195号『中国ゲーム市場における表現規制の実態』

松山 洋 サイバーコネクトツー

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

私もそんなあなたが大好きです!ありがとうございます。
24
株式会社サイバーコネクトツー 代表取締役 ゲームソフト開発タイトル代表作『.hack』シリーズ 『NARUTO -ナルト- 疾風伝 ナルティメット』シリーズ 『ジョジョの奇妙な冒険』 著書『エンターテインメントという薬』『熱狂する現場の作り方』漫画『チェイサーゲーム』

コメント2件

Twitterのほうでも書かせて頂いたことなんですけど、本当にこのタイミングでリアルに規制の話が来たな、と思ったんです。こういうときに『あぁ、もういいやこの企画通らないならここで売るのよそう』とするか、『悔しいけど仕方ない、この枠の範囲内で最高のものを創ろう』とするのかで分かれるところなんだと思います。他社さんから見て今回のことってどう映るんだろうとか、今後のゲーム製作にどういう影響が出るものなんだろうとか、素人なりに色々考えさせられました。

でも、こういうときに社長が『それでも創ろうよ』という決断をされなかったら、そのゲームは生まれないわけで、1ユーザーとしてそのことがいちばん実は嬉しかったんです。社長のことだから、逆に、はじめに作ろうとしていたものよりもいいものにしてやれ!と意気込まれているのではないでしょうか(笑)。
そのタフネスにとても安心しています。素晴らしいものが完成しますように!心からの期待を込めてお祈りしています(*^^*)
こんなに規制が厳しいんですね、、、
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。