シン・浪費図鑑

ずっと楽しみにしていたシン・浪費図鑑の発売。悪友シリーズもすべて読み、劇団雌猫さんの大ファンなので今回も本当に楽しく読ませてもらった。

シン・浪費図鑑はスポーツジャンルのお話もいくつかあったり、コナンがあったり、ハイローだったり、前身の浪費図鑑より一般層にもとっつきやすい内容な気がした。

どれも本当に愛に溢れていて、笑えるというよりむしろ泣ける要素が詰まっていて、なんだか読んだあとしばらく放心してしまった。こんなにも誰かや何かを愛して、夢中になれるって人生の醍醐味だよなぁと思った。なんだかこれを書いた人たちとお酒でも飲みに行きたいような気分になった。みんな絶対いい人じゃん…友達になりたい…。

もう浪費って言葉がポジティブな意味にしか捉えられなくなってる。もちろん生活は守らなくちゃいけないし、健康を害するほどのめりこむのはよくないけど、浪費することで健康を維持してる気もするよね…矛盾。

私はずっと女性アイドルが好きだけど現場に行ったことがほとんどない。なんか敷居が高い気がして、家で動画を見たり雑誌を読んだりして在宅として楽しんでいた。でもシン・浪費図鑑でみなさんが息をするように現場に行きまくっているのを見て、現場デビューしたくなってきた。やっぱり生でみることでしか得られない感動は絶対にあるし、より応援したくなるんだと思う。最近はさっしープロデュースのイコラブの沼につかりはじめているのでこれを機に握手会にでも行ってみようか…みんなデビュー時よりかなり垢抜けているから近くで見てみたい。

シン・浪費図鑑、何度も読み返してしまいそうだー。いろんなエネルギーを与えてくれるやばい本なので疲れてるときとかなんにもしたくない時に読んだらすごく元気もらえそう。これから待ち構えている劇団雌猫さんのイベントも楽しみ!素敵な本をありがとうございましたと伝えたいなぁ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
読んでくださりありがとうございます!
1
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。