なみきかずし

noteのディレクター。95年生まれ。慶應SFC出身。物語を生活にとどけるノベルメディア『文活』(http://note.com/bunkatsu)を運営しています。すきな作家は江國香織。 twitter : https://twitter.com/kazushinamiki
    • 月刊文芸誌『文活』 | 生活には物語がみちている。
      月刊文芸誌『文活』 | 生活には物語がみちている。
      • ¥390 / 月

      noteの小説家たちで、毎月小説を持ち寄ってつくる文芸誌です。生活のなかの一幕を小説にして、おとどけします。▼価格は390円。コーヒー1杯ぶんの値段でおたのしみいただけます。▼詳細は以下の紹介記事をご覧ください。 https://note.com/bunkatsu/n/n16565e0a2b10

    • #図解 記事まとめ
      #図解 記事まとめ
      • 227本

      note内にあるよい図解記事をまとめます。 主に #図解 のついた記事を巡回して追加していきます。図が主役の記事がメインです。

    • #仕事 記事まとめ
      #仕事 記事まとめ
      • 311本

      働き方から採用、転職、仕事の仕方など、noteに投稿された仕事に関する記事をまとめていきます。

    • #お店 記事まとめ
      #お店 記事まとめ
      • 1641本

      思想を持ったお店をつくったり、運営、デザインをしているひとやその感想などの記事をまとめるマガジンです。

    • #マーケティング 記事まとめ
      #マーケティング 記事まとめ
      • 907本

      #マーケティングのタグがついた記事を中心に、マーケティングに関する理論や実践についての記事をまとめていきます。

【掌編小説】花

「花が色とりどりに見えるのはね、その色の光を花が捨てているからなのよ」 その花屋は種々の花束や大きな観葉植物などが並べられていて、まさに色でいっぱい、といった様…

光のしくみについて勉強したら空の見え方が変わった

「空ってひろいな!」という幼稚園児みたいな感動が最近ありまして。 きっかけは「Newtonライト『光のふしぎ』」で光についての勉強をしていたときです。 趣味で小説を書…

【掌編小説】鳥

ぼくが毎日ことあるごとにアクセスしてしている動画チャンネルがある。鳥の声を、永遠と、流し続けるライブ中継動画だ。 鳥の数は何十羽もいるのだろう。「ぴぴぴ」を甲高…

なぜ創作を後押ししたいのか

2020年は「文化は不要不急なのか?」を突きつけられた年でした。また、ぼくが勤めるnote社のミッション「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする。」について、改めて…

【掌編小説】3時さん

深夜にレジから眺めるコンビニの店内を、おれはいつもぼんやりと眺めている。 客の購買導線に沿って、本部のマニュアルどおりに整列している無数の商品群。冷却棚と隣合わ…

noteフェスがおわったので、記録をしておく

noteフェスがおわった。くたくただ。でも記録だけしておこうと思う。 noteフェスでは、一部のセッションの企画担当をした。ほかの日は、おもに他のセッションのサポートや…