見出し画像

2019年を振り返って

年越しを待ちながら、PICTURE ROOMにとって初動の1年となった2019年を振り返っている。一言で言えば、たくさんの人々に支えられた1年であった。結成からずっと一緒に向き合ってくれたメンバーの皆をはじめ、楽曲を聴いてくださった方々、ライブを観に来ていただいた方々、SNSでコメントをくださった方々、ライブハウスの方々など、とても多くの実りある出会いに見舞われた。本当に幸福な1年だったと思う。

画像1

PICTURE ROOMはメンバー全員で1年間の目標を立てて活動をしていた。細かな目標はいくつか置いていたものの、前提となるビジョンが2つあった。

【VISION 1】会社員との両立を前提に、日々を音楽で充実させるために活動すべし

これは活動の大前提。メンバー全員が会社員であり、このバンド以外の活動を行なっているメンバーもいる中で、変に高い目標は立てず、全員が可能なペースで活動すること。都度、話し合いながら、確認し合いながら、全員が納得する形で活動を続ける。お互いに意見をし合いながら、全員がちょうどいいペースを保ち、充実した1年を送ることができたと思う。

【VISION 2】感謝を忘れないバンドであれ

楽曲を聴いてくださった方々からのコメントに元気づけられたり、ライブにお越しいただいた方々からの暖かいフィードバックに勇気を貰ったり、ブッカーさんのおかげでライブ出演の機会を得られたり、ライブハウスのスタッフさんのおかげでライブができたり。多くの方々のおかげで活動ができている自覚を持ち、いついかなる時にも感謝を忘れないバンドであること。お礼であったり、ご挨拶であったり、音楽自体であったり、お土産であったり、様々な形に精一杯の感謝を込めた。

画像5

また、「日々を音楽で充実させる」という内容について、「ライブを10本やってみる」という定量的な目標を置いていた。とても単純なこの目標の理由は、ライブの先に何を思うのか、まだわからなかったから。ライブという行為自体に喜びを感じるかもしれないし、ライブを通じて人に何かを感じさせられることに嬉しさを覚えるかもしれない。自分たちがライブを通じて何をしたいのか、確かめるための目標だった。また、ライブというものがどういうしくみで回っていて、誰が何を支えていて、何を求めてどんな人々がライブに来るのか。世の中を確かめるための目標でもあった。

1/23 大宮ヒソミネ
1/24 高円寺Club ROOTS!
2/9 下北沢モナレコード
3/1 四谷LOTUS
3/16 宮原bekkan
4/13 名古屋CLUB ROCK'N'ROLL
5/6 下北沢モナレコード(音たどる遊覧)
6/29 代官山 FETE DE LA MUSIQUE
7/20 宮原bekkan
12/28 高円寺Club ROOTS!

通算10本のライブを実施。述べ140名ほどの方々にお越しいただいた。複数回も足を運んでくださる方も多かった。深謝。

10本のライブを経て自分たちが感じたもの、それはライブをすること自体の面白さはあれど、聴いていただいた方々に、少しでも何かを感じていただけた時の喜びが大きいこと。自分たちの音楽を聴いてくださった方が、少しでも幸せな気持ちになれたり、幸せな時間を過ごせたらこんなに嬉しいことはない。PICTURE ROOMが追い求めているものは、マズローの欲求5段階説の先にある自己超越的欲求だとわかった。更にライブハウスのしくみや運営もある程度見えてきたところで、ライブをもっと良い時間にするためのアイディアも少しずつ持ち始めた。来年もお越しいただく方々に特別な気持ちでお帰りいただけるよう、試行錯誤をしていろいろと挑戦してみようと思う。

加えて、ライブ10本の中に含めていたアコースティック編成への挑戦や、地方でのライブ参加についても実現できた。アコースティックから演奏に対する姿勢も学べたし、地方のライブハウスの暖かさにも触れることができた。実りある学びがとても多く、多幸感に満ち溢れていた。

画像2

画像3

来たる2020年には、更なる飛躍は望んでいない。日々の生活を音楽で彩り、すべての人々へ感謝を忘れない。それは変わらずに、1年間でメンバーそれぞれが感じたことをよく話し合って、新しい目標を立てて進んでいく。ただ、それだけ。楽曲という形であったり、ライブという形であったり、直接お話させていただいたり。いかなる形であっても、私たちと関わりを持っていただける方に、少しでもプラスのものをもたらせますように。

画像6

2020年も、よろしくお願いいたします。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます。
2
ちょこっと踏み込んだコンテンツを公開しています。

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。