見出し画像

なんでこんな勉強してんだ?

 
最近、よく勉強をする。

 
世界一周に行く前にしっかり日本のことを勉強する。
新たな価値観や教養を得ることができるから読書する。
必ず将来働き方とお金のバランスに疑問を抱くであろうからユダヤの教育を学ぶ。
知らない世界をより深く理解したいから旅をする。
自分の価値を高めたいから興味のある勉強をする。


そして、ふとこう思うこともある。
「勉強好きじゃなかったのになんでこんなにしているんだ。
勉強ってしんどいものじゃなかったっけ。」


僕は浪人していて、嫌ほど勉強していた。
それは、医学部に行きたかったから。
受験に受からないといけなかったから。
やりたいのではなく、やらないと前に進めないからだったと今は思う。


「好きこそ物の上手なれ」というように
やりたいことをやっているときはスムーズに事が進む。

いろいろ行動しているから
よく周りに凄いねとか偉いねとか言ってもらう。
嬉しいのは嬉しいけど、別にやりたいことをやっているだけ。
もちろん、最初からやりたいことがあったわけじゃない。


ユダヤの教育でもこんなことを学んだ。
 

 
〜ユダヤの教え〜  
 
自分が努力と思ったらそれは努力ではない。
「努力」とは客観的な視点で用いる言葉であって、自分に用いる言葉ではないから。
そして、努力は効率が悪い。
感情と行動が反対方向で、綱引き状態になるからだ。



これにはとても納得がいく。
浪人時代の勉強と今の勉強では、蓄積率がまるで違う。
好きなこと、やりたいことはすぐ覚えられる。
人間って意外と単純。



今のやりたいことに出会えたのは必然だったかもしれない。
経緯を考えると、2つの理由がある。
 

1つ目は行動してきたから。

海外に行ってみたいから海外に行った。
すると、分かった。
僕は旅が好き。

いろんな人と話してみたいから大人に会いに行った。
すると、分かった。
僕は新たな価値観に出会うのが好き。


2つ目はやりたくないことを拒んできたから。
僕はわがままなところがある。直す場面も必要だから気をつけないといけないけど。

自信のない自分は嫌だった。浪人時代が思い出される・・・
だから、日本人であることを誇りに思えるよう勉強している。
だから、前に進んでいる。

バイトがとにかく嫌だった。
時間を切り売りしている感覚が肌に合わなかった。
楽をしたいわけじゃなく、ちゃんと人の役に立ってその対価としてもらう方が良い。
それに、大多数の雇われ身には限界があることが将来見えている。
だから、違う方法でお金を得る方法を学んでいるしそうしている。
自分、家族、周りの人と経済的時間的余裕のある未来にしたいから勉強している。



義務教育含めてテストして評価される人生だったから
勉強は頑張るものだ。とか
勉強はしなければいけないものだ。とか
ネガティブな印象を持っているのかもしれない。
意図的じゃなくても 
良い悪い関係なくても
そういう洗脳を僕は受けてきたのかもしれない。

実は勉強って楽しいのかも。
知的好奇心っていうのが人間にはあるように
実は学ぶことがワクワクするのは当然かもしれない。

勉強して、行動して
行動して、勉強して
そんな日々を大切にしていこう。
そんな日々を楽しんでいこう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

11
毎朝ちょっとした勇気に繋がるブログInstagram : taku150811

この記事が入っているマガジン

my way
my way
  • 25本

僕は2浪した大学生です。 医学部に行くために勉強していましたが、読書をする中で世の中の幅広さを感じました。 20歳で将来のレールを引くことに疑問を感じ、違う道を選択して今に至ります。 毎日読書をし、旅をし、たくさんの人と話し、自分の道を切り拓いています。 そんなmy wayを是非見てください!!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。