見出し画像

十五力士漂流記

 辺流濡(ヴェルヌ)部屋の力士が無人島に漂流した。どうしてこうなった、鰤餡(ブリアン)関は数日前を振り返る。

 屋形船で行われた呉尾丼(ゴードン)関の大関就任パーティ。何故か沈没。正しく定員15名の力士が集まったはず。

 しかし過去を振り返る余裕はない。力士の消費カロリーは常人のそれを大きく上回る。食糧も既に尽き、険悪な雰囲気が流れていた。

 直線距離数キロの探索に出たゴードン関ら3名は帰らない。既にカロリーが尽きたか?あるいは…

「もう一度探索隊を出すべきだ」

 駑煮煌(ドニファン)関の提案は理に叶っていた。このまま帰りを待ってば全滅、それどころか。

「大変だ!」
 幕下の模糊(モコ)の海が叫ぶ。案内する先には… 

「おい…大関を倒す獣がいるのか?」
 ドニファンは真っ青だった。目の前に獣に貪られたかのようなゴードンらの死体!

 しかしブリアンは気付いていた。死体の噛跡が人間のそれだと!高蛋白の力士肉に手を出した力士がいる!

【続く】

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

あなたのお金で生きています

心が軽くなります。
18
次のステージへ向かう。 連絡はdiscordにて