見出し画像

音楽家として自分のポートフォリオを作ってみよう

こんにちは。トラックメイカーのPIANO FLAVAです。

先週はお休みしてしまいすみませんでした!

さっそく、フリーランス音楽家のマネタイズ・セルフブランディング論「音楽でメシ!クリエイターとして独立する方法」第五回目です!

それではどうぞ!


音楽家として自分のポートフォリオを作ってみよう

目次
1. ポートフォリオとは?
2. ポートフォリオの役割=クライアントを安心させる
3. ポートフォリオに何を書くか?
4. まとめ

ポートフォリオとは?

まずポートフォリオとは何ぞや?という話ですが、一言で言うと「自分の作品/成果物が一覧でわかるWebページや書類」のことです。

例えばtofubeatsさん

画像1

文章メインで実績を淡々と載せています。キーとなる仕事はYouTube動画も載せているのがいいですね。


林ゆうきさん

林ゆうき

主に映画やドラマの劇伴で活躍されている作曲家さんですね。

所属されている事務所のページなので、画像+文字情報でフォーマットが統一されていますが、ひとつひとつの仕事がエグい…


ポートフォリオの役割=クライアントを安心させる

優れたポートフォリオ
・クリエイターとしてのスキルやセンス、能力をアピールできている
クライアントが自分を信用できる

仕事をつかむためには、自分のスキルや能力を作品でアピールすることはもちろん、人柄やコミュニケーション能力にも問題が無いことをクライアントに示す必要があります。

そしてポートフォリオを見たクライアントが、安心して仕事を頼んでくれるとその後がスムーズですよね!


ポートフォリオに何を書くか?

そもそも、クライアントが作曲家に仕事をお願いする場合、以下のような順序で考える場合が多いようです。

この続きをみるには

この続き:1,397文字/画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購入する

「音楽で生計を立てる」を実現するための ・クリエイターとして自分をどう見せるか(セルフブランディング) ・フリーランスとして実際にどう...

または、記事単体で購入する

音楽家として自分のポートフォリオを作ってみよう

PIANO FLAVA

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしていただいた売り上げは、ラッパーとのコラボ曲制作など、トラックメイカーとの活動資金とさせていただきます。いつも曲を聞いていただき&記事を読んでいただき、本当にありがとうございます!

(#˘ω˘#)アリガトウゴザイマス…
5
ヒップホップのトラックメイカー(作曲家)やってます。小さい頃から音楽が好きで、最近は声のミックスなどエンジニアリングも。大阪府堺市出身。https://piano-flava.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。