見出し画像

音楽家の仕事

これまで僕は、音楽で世界を表現することが音楽家の仕事だと考えていました。

つまり、気持ちや感情、情景を音楽で表わす、と言う観点から音源制作→リリースを意味づけていたわけですが、それって実はすごく自分中心の考え方な訳で。

そうではなくて、今後、2020年以降の音楽家の仕事は「音楽で人と人をつなげる」「何年経っても心に残るような名曲を作る」意識や気概が大事になってくるのではないでしょうか。

そのためには、まず自分が感動する曲を必死に作り、そこから自分の音楽の輪を広げていく、周りの人に自分たちの音楽で感動してもらう。

そういう気持ちが大事だと思います。

執筆:Piano Flava


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしていただいた売り上げは、ラッパーとのコラボ曲制作など、トラックメイカーとの活動資金とさせていただきます。

ありがとうございます☆彡
10
ヒップホップのトラックメイカー(作曲家)やってます。小さい頃から音楽が好きで、最近は声のミックスなどエンジニアリングも。大阪府堺市出身。 https://piano-flava.com/

この記事が入っているマガジン

ヒップホップ・トラックメイカーの入り口
ヒップホップ・トラックメイカーの入り口
  • 8本

音楽制作にまつわるあれこれ

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。