ヒップホップ・トラックメイカーの入り口

26

オーディオストック(Audiostock)はじめました

2014年に登録して放置気味だったオーディオストックを本格的に始めました。

6/18現在、BGMを35曲公開しています。

前々回のnote

でも書いたように、もともとオーディオストックには少し否定的なイメージを持っていましたが、外部から見てクリエイターにとって優しい環境が整いつつあるなと感じたので、今月6月より本格的にBGMの登録を始めました。

今後の戦略としては

・まずは曲数を増やす(

もっとみる
私も好き☆彡
4

オーディオストックが、音楽クリエイターにとって有力な選択肢になってきた

こんにちは。トラックメイカー/エンジニアのPIANO FLAVAです。

BGMや効果音を販売できるサイト「オーディオストック(Audiostock)」、マージンの高さ(手数料が売上の60%)からこれまでは否定的なイメージを持っていて、私自身ほとんど利用していませんでした。

ただ、サブスク(=定額制プラン)での楽曲ライセンス販売や、PIXTA、TikTokとの提携、コンピレーションアルバムの配信

もっとみる
私も好き☆彡
11

フリートラック上げまくっても、丁寧に作品作ってるやつには敵わないかもね

こんにちは。PIANO FLAVAです。

同じヒップホップのトラックメイカーさん向けに真面目な話を。

フリートラックを作って公開して、見かけの再生数は増えても、そこから先がないよな〜と最近よく思うようになりました。

「どうしてもあの人のトラックでラップがしたい」

「どうしてもあの人にプロデュースしてもらいたい」

実はこの2つがトラックメイカーとして一番大事なのですが、頑張ってフリートラッ

もっとみる
私も好き☆彡
14

【レビュー】dSONIQ「Realphones」導入しました

ヘッドフォンの周波数補正&スタジオの「鳴り」を再現するソフトウェアdSONIQ「Realphones」を5/19に導入しました。

他のメーカーからも発売されている同系統のソフトの中ではかなりいいと思います。Waves「Abbey Road Studio 3」、Acustica Audio「Sienna」などよりも好印象でした。

DAWのプラグインとしても、スタンドアローン(パソコンの出力すべて

もっとみる
私も好き☆彡
4

私が音楽をやる理由

こんにちは。作曲家のPIANO FLAVAです。

今日は、普段あまり人に話してこなかった「私が音楽をやる理由」について書いてみたいと思います。

直近のWorks
Quja (Romonosov?)『Shenmue』楽曲提供

上野動物園『ジャイアントパンダの一生 いくつもの困難を乗りこえて』BGM提供

私が音楽をやる理由音楽で愛を届けたい

大変なことや辛いことがあっても、「あ、この世の中っ

もっとみる
私も好き☆彡
13

PAの「SPL IRON」がすごくいいかもしれない

Plugin Alliance、TMT機能が実装されてからプラグインの振る舞いの質が上がったと感じています。

それはこのSPL「IRON」も同様です。

実機は50万円以上するマスタリングコンプレッサーで操作系も複雑ですが、このプラグイン版は音がよく重宝しています!

Plugin Alliance “TMT”機能について

TMTはTolerance Modeling Technologyの略

もっとみる
私も好き☆彡
4

フリーランス音楽家として羽ばたきたい人のための思考法(1万字)

こんにちは。トラックメイカーのPIANO FLAVAと申します。

フリーランスの音楽家として、必ず抑えておいてほしい考え方をまとめました。

私がこれまでnoteやTwitterで発信してきた内容の集大成的な記事となります。少しでもお役に立てば幸いです!

・前半が目標達成や仕事をする上での一般的な知識と考え方(基礎)
・後半が音楽フリーランスとしての専門的な知識(応用)
・記事の最後が豊かな人

もっとみる
私も好き☆彡
67

音楽収入を上げるための6つのステップ

こんにちは。PIANO FLAVAと申します。

ありがたいことに、今月はいろんな方からオファーをいただいて、月初めから曲作りに専念していました。

僕が諸先輩方から学んで音楽で稼げるようになったように、僕の持っているノウハウや知識をシェアすることで、周りの若い人たちから音楽専業でやっていける人がたくさん現れてほしい思いでこのnoteを書きました。

DJではない音楽制作者向けの記事ですが、少しで

もっとみる
私も好き☆彡
27

曲のクオリティには2種類あるという話

こんにちは。トラックメイカー/エンジニアのPIANO FLAVAと申します。

よく「曲のクオリティが高い」「もっとクオリティを上げたい」みたいな話を聞きますが、そもそも楽曲のクオリティってなんぞや?ということを真面目に考えてみました。

音の説得力

いわゆる音のプロっぽさ(音の強度)。

打ち込み(PCやスマホでの楽曲制作)での制作だと、音色がチープになりがちですよね。でも完全打ち込みでもリズ

もっとみる
私も好き☆彡
11

DTMで有償依頼を受ける5つのコツ

こんにちは。トラックメイカー/エンジニアのPIANO FLAVAです。

今回は、DTM(=主にパソコンを使った音楽制作)で有償の案件を引き受けるコツをシンプルにまとめてみました。

それではどうぞ!

1. SNSやYouTubeなど自分発信メディアでどんどん露出する

TwitterやInstagram、YouTubeを活発に更新し、自分自身の存在を認知してもらう。

なるべく世間話は避けて、

もっとみる
私も好き☆彡
19