見出し画像

自分を認めないから、写真うつりが悪い

あなたと、あの人は、違うんです。同じには、なれないのです。魅力もまた、別のものがそれぞれにあるのです。あの人の中に、あなたの魅力はないのです。

写真写りの悪い人って、「こんなにブスなのは、自分じゃない」という気持ちと、「自分ってこんなにブスなんだ」という両方の気持ちを持っていることが多いです。どっちも正しくて、どっちも間違いです。写真というものは、人のほんの一面を写し取ったもので、すべてではない。それをまるで、そのたった一枚の写真が、自分のすべてを表しているかのように間違って思い込んでいる人が多いのです。

そもそも、前記事でも言いましたが、写真には心がうつります。というのも、写真って、拡大していけばただの点の集まりです。

これを、自分だと認識して、綺麗だとかブスだとか言ってるのって、不思議だと思いませんか?人間って、自分の姿を自分の目で直接みることはできないですよね。鏡や写真、動画なんかで見ますが、それも本当に自分の姿なのか?と思うとあやしい。どのあたりから、この点の集まりを自分と認識して、「写真の自分がどうのこうの」と言い出すのか。非常に興味深い。

ブスでもいいじゃないか。どすこい力士のような写真に、あなたの魅力は詰まってるんだ。自分じゃなかなか、そうは思えないんですけどね。それは、「美しいものは良い」という世のなかの見せ方に、騙されてるだけなんですけどね。そういうのを、ぶっ壊したくて、活動しています。

あとは、女性の特徴として、「自分を細切れにして見る」ということが多いです。「シミ」「シワ」「ハミ肉」「目」「骨格」。一つのものにフォーカスして、粗を探しまくる。

でも、実際わたしたちが他人を見るときって、全体の雰囲気で見てますよね。粗探ししてマウント取ろうとする女子は置いておいて。なのに、自分のことになると、本当に細かく自分を切り刻んで、あれはダメだこれはダメだとやる。不思議です。わたしがやってて気づいたんですけどね。

残念ながらあなたは、石原さとみさんじゃないんですわ。宮崎リエさんでもないし、蒼井優さんでもないし、渡辺直美さんでもないし、佐々木希さんでもないし深田恭子さんでもないし、冨永愛さんでもないんですよね。
そんなんわかってるわ〜と言われたとしても、その辺と自分を比べたりしてますよね。だから凹むんですよね。その無意味な行動を、今すぐやめれたら、確実に幸せになれますよ。

最後に、一瞬で楽になる、写真うつりの魔法の言葉をお伝えしますね。

「まぁ、こんな時もあるよね〜(半笑い)」

ほんま、たかが写真一枚で自分を決めつけたらあきまへん。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

Facebookファンが微妙に多いです。https://www.facebook.com/miyabi.akizuki サイトhttps://www.akizukike.com/

ありがとうございます( ´ ▽ ` )
11
京都在住。自身がずっと悩まされてきた「写真うつり」を日々研究し、写真が人の心に与える影響について見つめてきました。フォトグラファーとして主に写真の苦手な女性を6年間、20万枚以上撮り続けてきました。写真嫌いな人が苦手を克服し、自分の魅力を発見できるように発信しています。

こちらでもピックアップされています

『写真うつりが悪い』のは、自分のせい
『写真うつりが悪い』のは、自分のせい
  • 3本

写真うつりで悩む女性へ。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。