「墓の魚」作曲家

蛆虫の文学、墓場のラテン詩、腐敗の管弦楽団・・・ 日本で最も難解なオペラバンド「墓の魚 PEZ DE TUMBA」を紹介する記事集です。 スペイン、ポルトガル、フランス、など、 南欧やラテン芸術好きは、ぜひフォローして下さいね。
    • 南ヨーロッパの古典芸術、墓場の芸術の考察
      南ヨーロッパの古典芸術、墓場の芸術の考察
      • 10本

      南欧や、ラテン文化の古典芸術の考察、メメントモリ(死と墓場)芸術の研究記事などをまとめていきます。

ニヒルな魔女グッツのリターンありの【クラウドファンディング】実施中!!

こんにちは。 「墓の魚」の作曲家です。 【クラウドファンディングのお知らせ】 今回、コロナという事態があり、 いつもより資金面が厳しくなってしまった為、 このたび、…

「墓の魚」みたいな[蠅のワイン]がフランスにはある

こんにちは。 スペイン風オペラ楽団「墓の魚」の作曲家です。 今日は、ちょっと面白いフランスのワインを紹介します。 それというのも、これは 南欧文化やラテン文化の面…

「墓の魚」の魔女ポリリャ・デ・クルパ(Polilla de Culpa)の話

こんにちは。 スペイン風オペラ楽団「墓の魚」の作曲家です。 「墓の魚」は、オペラと言っても、 演劇も入り、キリスト教の詩や、 フラメンコや、タンゴ、ファド、ジャズ…

「キリストの払い損なった税金 Biodegradabilidad」を解説してみる

こんにちは。 「墓の魚」の作曲家です。 先日、「墓の魚」の新作の小説 「キリストの払い損なった税金 Biodegradabilidad」 という作品を書いたのですが、 この詩の様な、…

キリストの払い損なった税金 Biodegradabilidad

こんにちは。 「墓の魚」の作曲家です。 「墓の魚」の新作の詩、 「キリストの払い損なった税金 Biodegradabilidad」 をこちらにも掲載しようと思います。 この詩の単語…

「第三の月 タラの賛歌」を解説してみる

こんにちは。 「墓の魚」の作曲家です。 本日は「墓の魚」の作品 「第三の月 タラの賛歌」という作品の歌詞に隠された 秘密の解説をここでしてみたいと思います。 それ…