「墓の魚」作曲家

蛆虫の文学、墓場のラテン詩、腐敗の管弦楽団・・・ 日本で最も難解なオペラバンド「墓の魚 PEZ DE TUMBA」を紹介する記事集です。 スペイン、ポルトガル、フランス、など、 南欧やラテン芸術好きは、ぜひフォローして下さいね。
    • 南ヨーロッパの古典芸術、墓場の芸術の考察
      南ヨーロッパの古典芸術、墓場の芸術の考察
      • 10本

      南欧や、ラテン文化の古典芸術の考察、メメントモリ(死と墓場)芸術の研究記事などをまとめていきます。

魚介類とキリスト教文学の楽団「墓の魚」

こんにちは。 「墓の魚」の作曲家です。 私は子供の頃から妙に 魚介類に魅かれる子でした。 つまり「墓の魚」の今の作品を作る兆しが 子供の頃からあった!? のかもしれま…

喪失の芸術 (「墓の魚」の作品とキリスト教文学)

こんにちは。 「墓の魚」の作曲家です。 前回の記事に引き続き、 今日は南欧のキリスト教文学の根底に流れている 喪失の哲学のお話をしたいと思います。 (それは、つまり…

メメントモリ(墓想の哲学)の香り漂う魔女達の絵

こんにちは。 今日は、「墓の魚」の絵の紹介をしますね。 私は、キリスト教信仰と、メメントモリ(死の哲学)の香り漂う ヨーロッパの[魔女の絵]を描いています。 さらに言…

ニヒルな魔女グッツのリターンありの【クラウドファンディング】実施中!!

こんにちは。 「墓の魚」の作曲家です。 【クラウドファンディングのお知らせ】 今回、コロナという事態があり、 いつもより資金面が厳しくなってしまった為、 このたび、…

「墓の魚」みたいな[蠅のワイン]がフランスにはある

こんにちは。 スペイン風オペラ楽団「墓の魚」の作曲家です。 今日は、ちょっと面白いフランスのワインを紹介します。 それというのも、これは 南欧文化やラテン文化の面…

「墓の魚」の魔女ポリリャ・デ・クルパ(Polilla de Culpa)の話

こんにちは。 スペイン風オペラ楽団「墓の魚」の作曲家です。 「墓の魚」は、オペラと言っても、 演劇も入り、キリスト教の詩や、 フラメンコや、タンゴ、ファド、ジャズ…