見出し画像

福原悠介監督作品『エチュード』『自分ひとりの部屋』上映会

福原悠介

概要

仙台在住の映像作家・福原悠介が制作したドキュメンタリー映画を上映。
作品は、山形ビエンナーレ2022での市民参加型ダンスワークショップの記録『エチュード』、制作中の『自分ひとりの部屋』パイロット版の新作2本に加え、短編・MV集と2021年に公開された「立町三部作」。
また、砂連尾理(ダンサー・振付家)をゲストに迎え、作品についてのトークをおこなう。

日時
2023年2月4日(土)13:00-20:00
せんだいメディアテーク7fスタジオシアター

料金
通し券 1,500円(予約不要)

タイムテーブル
13:00-14:10 老人と家
14:20-15:10 木町末無/障子のある家
15:20-16:10 ロッツ・オブ・バーズ
16:20-17:20 自分ひとりの部屋 + 短篇・MV集
17:30-20:00 エチュード + トーク
       ゲスト:砂連尾理(ダンサー・振付家)


上映作品

『エチュード』2023/時間未定
監督:福原悠介
出演:砂連尾理 ほか
山形ビエンナーレ2022のなかでおこなわれた、砂連尾理が演出した市民参加型ダンスワークショップ「さわる/ふれる〜ここにいない人と踊るためのエチュード」の記録。障害のある人、ダンス未経験者、分身ロボットなどがともに関わりながらダンスを生み出していく時間を、サイレント=無音の映像で直裁的にとらえた作品。

『自分ひとりの部屋(パイロット版)』2023/時間未定
監督:福原悠介
出演:菊池聡太朗
現在制作中の、仙台で創作する人々の記録映画『自分ひとりの部屋』から、美術作家・菊池聡太朗の制作風景を記録したパートを「パイロット版」として上映。

MV・短篇集

『椅子に座った老人』2022/4分
監督:福原悠介
一人の老人が、部屋でただ椅子に座っている様子を固定カメラで記録した短編作品。作家の祖母が亡くなる直前に撮られた、断片としてのポートレート。せんだいアンデパンダン展2022にて展示上映。

『上島さん/皆木大知』2022/4分
監督:福原悠介
Inochi/yumboの皆木大知、ファースト・ソロアルバムからの一曲。皆木の自宅とその周辺(角五郎)で撮影された。家と宅録の日常を再現・記録したMV。

『鬼火/pocopen + Koji Shibuya』2023/5分
監督:福原悠介
2022年11月に大阪・京都・名古屋でおこなわれた、 pocopen(sakana)、Koji Shibuya(yumbo)らのライブに同行して撮影された、ツアードキュメント、日記、スケッチのようなMV。曲はyumbo『鬼火』のセルフカバー。

立町三部作

『老人と家』2021/58分
監督:福原悠介
仙台・立町に残った古い一軒家で数匹の猫と暮らす老婆の日常を、ナレーションや音楽などの説明的な描写を排して記録した作品。2017年制作の『家』、および短編『家にあるひと』(東京ドキュメンタリー映画祭2019短編部門奨励賞)に追加撮影をおこない、再編集したロング・ヴァージョン。

『木町末無/障子のある家』2021/42分
監督:福原悠介
原作:尾形亀之助「障子のある家」
朗読:高柳あゆ子
宮城出身の詩人・尾形亀之助の亡くなった家があった「木町末無」(現在の立町)の風景と、亀之助の詩の朗読、年譜の引用による映像作品。「尾形家のよすがとなるものはなにも残っていない」(秋元潔)、現在の街をテキスト・声・映像によって見つめ直す試み。

『ロッツ・オブ・バーズ』2021/45分
監督:福原悠介
出演:澁谷浩次
仙台のバンド「yumbo」のリーダーであり、立町で「喫茶ホルン」を営む澁谷浩次のファースト・ソロアルバム「Lots of Birds」についてのドキュメンタリー。レコーディングの様子やインタビューを、楽曲・歌詞の日本語訳とともに一連のイメージとして提示する。

プロフィール

砂連尾理
1991年寺田みさことダンスユニットを結成。近年はソロ活動を中心に、障がい者や高齢者、また避難所生活者や妊婦さんたちとのプロジェクトも手がけ、アートと社会を繋ぐ活動を展開している。著書に「老人ホームで生まれた<とつとつダンス>—ダンスのような、介護のようなー」(晶文社)。立教大学現代心理学部映像身体学科特任教授。

福原悠介
1983年仙台市生まれ。映像作家。民話語り・アートプロジェクトなど地域の文化と、そこに暮らす人々の日常を記録する。おもな監督作に「立町三部作」『家にあるひと』『飯舘村に帰る』。また、小森はるか監督『空に聞く』はじめ、『二重のまち/交代地のうたを編む』『うたうひと』などに参加。記録集『セントラル劇場でみた一本の映画』企画・編集。

主催 ペトラ fukuhara@petrajp.com
助成 (公財)仙台市市民文化事業団

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!