彼と彼女の観察日記

8

忘れてしまっていたこと

こんばんは~。 寒さと寂しさでお蕎麦ばっかり食べてるりっかこです。 最近、というかここ半…

目を閉じるとおじさんがいる

さいきん、目を閉じるとおじさんがいる。 目の前にいる。 おじさんは小さく、白黒で、ちょ…

6月3日

ぼんやりと、近づいては通り越していく光を眺めていた。目を閉じてもわかる。あなたはまるで光…

ひとしずく 20170517

コンプレックスというものは誰もが何かしらに対して抱いているのだろう。 彼女のそれはまた…

澄んだひと 20170502

好きな人がいる街はすきだ。 好きな人がいる地球がすき。 気がつけば、1年ほど前には想像…

女1

彼女が怒っているところを見たことがない。 彼女は一見、とても人間らしく見える。 喜怒哀楽…

キノコな彼女

鼻から空気を吸ってみたら、紙のにおいがした。 ここは本屋。 きっと長い間このにおいに包まれ…

彼のiPhone

彼が決してこっちを見ないと確信したので、じっと見つめてみる。 左手でiPhoneを熱心に見なが…