【仕事紹介】転職メディア事業部 リクルーティングコンサルタント(RC)編

スライド14

企業の採用をはじめとする人事課題に対し、
求人メディアを中心に幅広いサービスを活用し、課題解決する仕事

 リクルーティングコンサルタント(RC)の面白さは、顧客の課題解決のために提案できる幅の広さと自由度です。売り手市場が叫ばれ、企業の採用難易度があがっている現代のマーケットでは、単に求人広告を出すだけでは労働力を確保することが難しくなっています。

RCは、求人メディアサービスの提案のみならず、採用を成功に導くために企画・提案・運用の全てのフェーズの採用コンサルティングを行います。
扱うサービスは「doda」の求人広告、イベント、ダイレクトソーシングなど幅広く、顧客の状況に合わせて必要なサービスを提案します。

 RCのミッションは人事・組織課題全般の課題解決をすることで顧客の事業成長を実現することです。採用成功につながるよう、顧客のパートナーとして採用プロセスまで細かくサポートするとともに、採用以外のニーズにも応えることが求められます。

スライド6

仕事内容

中途採用のパートナー
・企業へ事業計画、採用背景をヒアリング
・転職市場をふまえ、採用ターゲットのペルソナを提案
・転職希望者に訴求するポイントを精査、差別化ポイントを考える
・求人広告出稿後も適切な効果が出ているかなど、数値分析を実施
・選考プロセスを把握し、採用フローの改善点を企業とともに考える

スライド15

仕事のやりがい・魅力

顧客と同じ目標にむかって走れるおもしろさ
 顧客の採用パートナーとして、企業ともに採用成功にむけて突き進んでいけるのでやりがいを感じます。

スライド16

付加価値を付けて、幅広い提案ができる
 例えば求人広告であれば、訴求の仕方や運用次第で、そのサービス価値は大きく変わります。
 どうやって企業の情報を伝えれば転職希望者に興味を持ってもらえるか、今よりも効果的な選考フローはないかなど、さまざまな角度から物事を捉え、提案をしていきます。単なる広告枠の販売ではなく、市場動向や企業の魅力を理解したうえで顧客の課題に向き合い、広告提案や採用プロセスの変革を行います。マーケティングのスキルやコンサルティングの能力を発揮しながら、自分ならではの付加価値を付けた提案をできることが魅力の一つです。

顧客との信頼関係が築ける
 人材紹介など成功報酬型のビジネスと違い、顧客は「doda」を信じてお金を払ってくれます。その期待に応えるために、顧客と信頼関係を築き、二人三脚で採用活動を行います。「あなたが担当でよかった」と顧客から言ってもらえる機会も多く、大きな達成感を得られることがこの仕事の魅力です。

スライド17

身につくスキル

情報収集力・提案力
 マーケットの採用難易度が格段に上がっているなかで、顧客の魅力を訴求するために、他社との差別化ポイントを見つけるなど、広く深い情報収集が必要です。また、さまざまな角度から物事を考え、企業に合ったサービスを提案する力が身に付きます。

企業にとって厳しいことでもしっかり伝える力
 採用を成功させるために、市況やマーケット情報・競合情報などの情報を正確伝え、企業の「行動」を変えることが必要になるときがあります。そのため、企業にとって厳しいことでもきちんと伝える力が身につきます。

 実際に社員が感じている”やりがい”や”成長実感ポイント”などは、社員面談や社員座談会を通じて、理解を深めていただければと思います。
もっと詳しく知りたいという方は▼
【リクルーティングコンサルタント(RC)社員インタビュー】
https://www.persol-career.co.jp/recruit/interview/kiyomi-kon/

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。