【仕事紹介】新卒事業部 リクルーティングアドバイザー(RA)編

スライド30

企業の新卒採用における一連の選考プロセスを企画・コンサルティングする仕事
 ベネッセi-キャリアのリクルーティングアドバイザー(RA)は、法人担当として新卒採用のサポートをします。
 スキルマッチの要素が強い中途採用と比較し、ウィルマッチが強いと言われる新卒採用では、採用要件が定性的であることがほとんどです。また、部門ごとに採用活動を行う中途採用とは違い、「総合職」としての採用が多いことも、採用要件が曖昧になる一因です。RAは、過去の入社者の情報や現在活躍している方の特徴、会社の中長期的な目標などをヒアリングするなかで、顧客の採用ターゲットを言語化していきます。
その上で、適切な選考プロセス構築の提案を行い、就職希望者(学生)が内定承諾するまでサポートするのがRAのミッションです。必要に応じて、就職希望者と接点も取ります。

スライド10

仕事内容

新卒採用のパートナー
・企業の採用担当から依頼された求人案件を具体化・詳細化する
・市場環境や採用環境に合わせた応募条件を提案する
・学生へ企業の魅力を伝えるための施策提案
(求人票作成だけではなく、選考フローの提案や説明会資料の作成なども行う)
・学生が内定承諾した後も、担当顧客の内定者懇親会などに参加し、フォローを行う

スライド31

仕事のやりがい・魅力

新卒採用のやり方から一緒に作り上げることができる
 担当顧客は中小企業が多く、新卒採用のノウハウを持っていない企業も多いです。そのため、新卒採用のやり方から、採用ターゲットの選定、採用手法の検討まで、顧客と二人三脚で採用を進めることができます。

前例がないことにも挑戦していける組織風土
 ベネッセi-キャリアは、設立6年目とまだ若い組織です。ベンチャー気風が強く、前例がないことにも挑戦していける組織風土が魅力です。

スライド32

身につくスキル

顧客折衝力
 採用を成功に導くためには、企業の課題を聞き出し、企業に合った提案をすることが重要です。そのため、顧客の声を傾聴し、真意をしっかりと理解したうえで、折衝をしていく力が身につきます。

コンサルティング能力
 競合環境や顧客が描いている会社の方向を理解し、ディスカッションしていくなかで採用ターゲットを
決めるため、会社の計画を考慮した、コンサルティング能力が身につきます。

当事者意識
 自らの力で組織を成長させていきたい、というバイタリティがあれば、やりたいことに挑戦できる組織です。だからこそ、任された仕事をこなすだけではなく、組織やサービスについて「自分だったらどうするか?」と考えられる当事者意識を身につけることができます。

 実際に社員が感じている”やりがい”や”成長実感“などは、社員面談や社員座談会を通じて、理解を深めていただければと思います。

もっと詳しく知りたいという方は▼             https://www.persol-career.co.jp/recruit/business/newgraduate/


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。