J1第1節レビュー セレッソ大阪vs大分トリニータ
見出し画像

J1第1節レビュー セレッソ大阪vs大分トリニータ

2020 J1第1節 レビュー
セレッソ大阪vs大分トリニータ 1-0。

浦和レッズ以外のレビューを作ってみます。
浦和のレビューは、想像を越える多くの方が読んでくれるコンテンツになりました。本当に光栄です。

今回新しい取り組みですが、情報が溢れ、全てを網羅することが不可能な時代の中で、狭き門であることは承知の上ですが、継続することで読んで頂ける方が増えればいいな〜という想いで細々と始めてみます。

その第1回目がC大阪vs大分トリニータです。


時間がない、全部読むつもりはないという方は、
—「裏をどんどん狙っていけ」の真意とは の部分に目次からジャンプして読んで頂ければ幸いです。

しかし、それほど長くもないので、できる限り最初から読んで頂いた上で—「裏をどんどん狙っていけ」の真意とはの章に辿り着いてもらうのが嬉しいですし、楽しめるのではないかと思います。


では、レビューを始めたいと思います。


—スタメンと基本システム—

—C大阪—
・ルヴァン杯から変更はなし。
・山形から加入の坂元がスタメン。
・ベンチにはルーカスミネイロや西川が入りました。

—大分トリニータ—
・ルヴァン杯から2人変更。
・長崎から加入の香川が大分初出場。
・田中達也を右シャドーで起用。
岩瀬健コーチが就任。
・ベンチには渡や野村といった新加入が4人が入りました。


—破綻のない組織にカタノサッカーは何を意識したのか?


C大阪は昨季リーグ最少失点です。

あの完成された4-4-2を効果的に越えること、前進すること、攻略することJリーグで最も難しいです。

・出そうと思っても出せない。
・出そうと思っても出す気を失わせるポジショニングをC大阪が取れている。
・パス回している方が圧力を感じて息苦しくなる

C大阪は漁師のように網を張っていて、ブロック内にボールが入ってくるのを待っています。

なので、4-4-2ブロック内にパスを打ち込むことは避けるようになります。

特に大分のようにボールを大切にするチームなら、
闇雲に通すことはしません。そもそもどの相手でも、
片野坂監督は、中央から前進する事をそれほど重んじていません。

守備が固いとはいえ、C大阪の試合だけ守りやすいようにピッチが小さくなっているという事はありませんよね。当たり前ですが。

では、どう攻めるのか?となった時にセオリーとして各チームが狙っている所でもあり、大分も意識的に狙っていたのが………(下図)

上図2つのようにブロックの逆サイドや飛ばすボールで背後といったスペースでした。

スペースは「有無」ではなく「広狭」や「大小」だと今季大分のコーチに就任された岩瀬健さんコーチは、ツイートしています。


この試合特に前半は、逆サイドへの対角のロングパスが非常に多かったように感じました。最終ラインで横パスしながら相手を引き出してWBまで届けるのが大分の特徴だと捉えていたので、対角のロングパスに余計に敏感になっているだけかもしれません。

[右CB岩田智輝] 前半ロングパス…全6回
(内訳)岩田→左WB香川…5回 。
岩田→右WB松本…1回。

岩田のデータが示す通りに、「ブロックの外である逆サイドに展開して、C大阪の目線や身体の向きを変えさせてから、ゴール前で勝負しよう!」みたいな事を片野坂監督は意識させていたかのようなデータになりました。

ちなみに、昨年10月の浦和戦では…
岩田のロングパス全4回は全て同じサイドの縦方向に蹴られたものだったので、相手もシステムも違うので一概には言えませんが、逆サイドへの対角のロングパスがこの試合多かった事は事実です。

C大阪が開始早々に先制したことも影響し、大分がボール保持する事ができたので、自分たちの積み上げてきたメカニズムを出しつつ、前述したスペースも意識しながら長谷川や鈴木の安定したサイドチェンジも活用しながらゴール前まで迫ろうとしていました。

————————————————————————

※小林裕紀が最終ラインに降りて4-1-5を形成して…等は今回は省略。

そこら辺が気になった方は…
ルヴァン杯第1節 湘南vs大分トリニータのレビューを読んで下さい。浦和が開幕に勝利する為に作ったレビューで大分のことも沢山触れているので、今回を読み終わって気になる方がいれば是非!

————————————————————————


左WB香川へサイドチェンジのボールが入った時は…

①香川のクロス。
②田中達也ではなく香川なので、三竿がサポートする機会を多く作り、香川→三竿→クロス。
③ 町田にボックス脇を走らせてより深い所を狙う。

右サイドでも同様なことは言えますが、早めにクロスを入れることは練習から意識していたようです。
セットされると中々壊すことが難しい相手なので得策でしたし、シュートの本数が2桁を超えたことからも上手くハマっていたと思います。あとは知念や渡の加入によって、新たなクロスへの可能性は広がったと思うので、今回は決まりませんでしたが、早めのクロス→ヘディングゴールは増えそうです。

この試合のクロス回数が約26回
この回数は昨年34試合の3位に相当する多さです。

選手別では毎度のことながら松本怜が最も多く、三竿や岩田や田中達也や香川が次に続く回数でした。


右サイドでは岩田が攻撃に関与するシーンがそれほど多くないなと思っていたら、岩田自身の試合後コメントを読んで納得しました。後半は得点を明確に奪わなければならないので前へ出て来る機会も増えてきていました。五輪世代岩田と瀬古が外れる意味が分からないですね!


もう1つの背後を狙うロングパスは、主に三竿→知念が多かったですね。田中達也をシャドーとして起用したのもそういった狙いがあったかもしれません(後ほど詳細に触れます)。しかし、そこを簡単に通させてくれるほどヨニッチ含めたC大阪DF陣も甘くありませんでした。C大阪が先制したので出しづらくなったのも関係しているように見えました。

[左CB三竿雄斗]ロングパス…全5回。
(内訳)三竿→知念…3回。
三竿→田中達也…2回。


—C大阪先制点に繋がるプロセス

大分のミルフィーユ守備は機能していたと思います。5-2-3、5-4-1、ゴール前とC大阪の質の高い攻撃に
良く対応できているように見えました。

しかし、C大阪も非常に論理的なボール保持、前進を行っていました。

前半5分00秒のシーンです。

▶︎C大阪は左サイドから前進しようとしましたが、
やり直しを選択して、丸橋→木本→ヨニッチへパス。その瞬間に右SB松田は内側(ハーフスペース)にポジションを取りました。これにより町田に選択肢を与えました。というか、町田が選ぶ前にC大阪は次が決まっていました。

それが……(下図)

松田が町田に影響を与えて一瞬静止させたことで、
大分のラインを越すパスコースが創出されてヨニッチ→坂元のパスが繋がりました。さらに、坂元の受ける位置取りが最高でした。

結局、パスを受けた坂元が仕掛けたドリブルがCKとなり、4回連続のCKでブルーノメンデスの先制ゴール(決勝ゴール)が生まれました。

また、C大阪の右サイドでは、今季加入の坂元が左利きの右SHなので、前述した図と逆の坂元が内側、松田が外側という機会も多く、内側にポジションを取る坂元に上手くパスが入って、そこからドリブルで運びカットインしてシュートに持ち込めるシーンも作れていました。キックの精度が高い選手なので、そういったゴールが生まれて来そうですね。


—ミィルフィーユ守備を越すには…

大分の守備の固さを昨年から勝手に”ミィルフィーユ守備”とずっと言わせてもらっていました。(気分を害した方がいましたらご指摘して下さい。)

この試合もかなり良かったと思いますが、互いに
とって気になったことが1点ありました。(下図)。

大分は右WB松本怜が、相手SBへのパスを抑止する為だと思いますが、ボールホルダーへの縦スライド以外でも先に動いて縦スライドすることが多いように昨季から見ていました。

で、今回の試合もそうでした。

なので………(下図)。

なので大分の最終ラインが若干手薄になったところでCBやボランチ木本から背後に飛び出すメンデスにロングパスを送るというのが頻繁に見られました。

C大阪的にこの手段は、両CBが質の高いパスを蹴れるので良く見られますが、この試合では松本怜のタスクを狙ってか、左サイド(松本側)から背後を狙う機会が多かったように思います。反対サイドではほぼなかったはずです。

ミィルフィーユ守備の大分を綺麗に越えていくのも、一筋縄ではいかないので、背後へ飛ばしたパスなどを効果的に使うことで崩していくことが重要なのかもしれないとC大阪に教えてもらいました。ただ、C大阪的にはメンデスの所でもう少し時間を作りたかったのかなとも思いました。それをさせなかった要因にはCB鈴木の影響力が非常に大きかったですね。今季の大分はまだ流れからは失点していません。


—「裏をどんどん狙っていけ」の真意とは

今回のメインテーマです。

前半30分。
片野坂監督は、左シャドーの田中達也と右シャドーの町田の左右を入れ替えました。

この意図についてDAZNリポーターさんが伝えてくれた片野坂監督のコメントは「田中達也選手に裏をどんどん狙っていけ」でした。

この変更の意図を自分なりの解釈で書いてみます。

※田中達也は長いので、田中とします。

まず、普段左WBで起用される田中がシャドーとして起用された理由は、フォローしている大分サポーターさんのコメントを読むと「背後を狙うスピード感があるから」の意見に納得したのでそれにします。他に考えられるのは、単純に対策を外したかったというのもあったと思います。並大抵ではロティーナ&イヴァンを倒せないことは、痛いほど分かっていた片野坂監督は、バランスが崩れない範疇で1つサプライズを起こしたかったのかもしれません。

では、ここからが本題。

前半30分で左右を入れ替えた真意です。

私はC大阪の左右SBの動きに注目しました。

図が混乱しそうなので簡単に説明すると、大分が青丸の所でパスカットして、町田→フリーの松本へ広げたという図です。

そこから………

大分の理想としてはWBを採用しているチームなので「WBにパスが入ったら→相手のSBがプレスに来る→
出てきてもらったのを利用してSBの背後をシャドーに使わせるパスを送ろう!
」という考えは持っていると思います。特に大分はその傾向にあります。その理想が上図です。松本怜に丸橋が出てきてもらって田中に背後を使わせる、という感じです。

理想を仮定してみたので結果をお伝えします(下図)。

松本怜は背後へ抜け出そうとする田中にスルーパスを送りました。しかし、丸橋は松本怜へプレスに行くのではなく、田中と一緒に並走して背後へ出させない方を優先しました。

結果的に一度は田中のスピードが勝りそうになりましたが、丸橋、瀬古の2vs1なのでC大阪が何事もなかったように奪い返しました。

そうです。
C大阪はピンチも何事もなかったように終わらせることができてしまうんです。

どうしてもピンチを迎えるとボールに寄ってしまうとか、判断を誤ってしまうとかありますが、C大阪はそのミスが少ないです。ほぼないです。

今回のシーンでは、中盤のエリア(ゾーン2)だったので、丸橋は背後へ下がることを優先したのだと思います。もっと低い位置なら、クロスを上げられる可能性があるので、ボールホルダーにアタックしていたはずです。

つまり、どこで今自分はプレーしているのかの判断を選べているということだと思います。

で、その判断が正しいのかは監督によるものですが、私はこのシーンでは正しいと思いました。

・田中をシャドーで起用した理由
・田中の特徴
・松本怜の傾向
・大分の狙い

これらを考えると、田中を自由にスピードに乗らすのは怖いですからね。


続いて28分10秒のシーンです。

今度も奪った”すぐ”という状況でしたが、岩田からパスを受けようと少し下がった松本怜に対して、田中は前方へ走りました。おそらく背後のスペースを狙うためでしょう。

そして、今回松本怜には清武の規制が少しかかった状況でしたが、背後へのスルーパスを送りました。

しかし、またもや丸橋は田中と並走して背後を消す事を優先して瀬古と挟み込むことに成功しました。


14分20秒と28分10秒のシーン。
今回同じような現象を2つ取り上げました。

先ず14分20秒のシーンを見て「へぇ〜丸橋はそっちを選ぶんだ」って思って見てて、次に28分10秒のシーンを見て「へぇ〜丸橋はまたこっち選ぶんだ」→「アレ?丸橋は田中対策してるではないか?」と、疑問を持った1分後の前半30分に「片野坂監督がシャドーの左右を入れ替えるように…」ってリポートが入ったので、もうね! 1度確信してしまった事を覆すのは、中々できないので私的には左右を入れ替えた真意はそれ!しか見つけられませんでした。

更に私の中で確信を持たせてくれたのが、左右を変えた直後の30分35秒のシーンで、先程とは明確に状況が違いますが、岩田→松本怜にパスが入ったときに、丸橋は町田の背後へ走ろうとするアクションのことは任せて、即座に松本怜に制限をかけるプレスに出たので、セレッソは「田中スピード対策」を講じているのではないか?と更に頷ける要素が増えました。

よって、田中をシャドーに起用するという驚きを生かすには、「右で勝負するよりかは左で勝負させた方がいいのではないか?」と考えた片野坂監督は左右を変えたのではないかと考えます。

実際に59分05秒のシーンでは、「高木→三竿→香川→右SB松田が香川にプレス→松田の空けた背後へ田中走る→香川から田中へパスが通る→田中ドリブル仕掛ける→クロス→松本怜ヘッド→ポスト」まで辿り着くこの試合最大の明確な決定機を作りました(下図)。

このゴールが決まっていれば、片野坂監督が左右を入れ替えたのが功を奏したことになっていたかな??


ということで、左右変更と「田中選手にどんどん裏を狙っていけ」の真意を私なりに解釈してみました。

もしかすると解説の加地さんの意見が片野坂監督の真意なのかもしれない。

もしかすると理解不足なだけで丸橋は昨年からずっとそのタスクなのかもしれない。

もしかすると単に田中が左側に慣れているから変えたのかもしれない。

もしかすると試合前から30分で変えるって決まっていたのかもしれない。

真意は片野坂監督しか分かりません。

誰かコソッと片野坂さんに聞いて欲しいです笑。
気になって中々寝つけませんでした。。。

理解足らずなら大変申し訳ございません。

その後、交代するまで田中と町田が左右を戻すことはありませんでした。


第1回目ということで、自分の中で課している文字数内の関係で、今回は特に前半中心を取り上げました。後半も図は作り、使うテーマもある程度固まっていましたが、今回は全部カット致しました。

続けることで手応えを得たら、もう少し長くしてみるかもしれません。読んで頂いた方の反響、感想を参考にします。


—総括

昨年の浦和vs大分のプレビューで大分トリニータを
選手層は最下位だけど、戦力層は豊富」と評しました。これは片野坂監督が「自分たちは1番下のクラブなんだ、目標は残留なんだ」とずっと謙遜なさっていたので言ってみました。

しかし、今季は「選手層は最下位だけど、戦力層は豊富」は当てはまりそうにありません。加入した選手の名前を見てそんなことは言えません。

最後の質」

片野坂監督や選手が試合後に口を揃えてそこを課題に挙げていましたが、その課題を解決できる選手たちは昨年以上に豊富になっていると思うので、どう得点を積み上げていくのか楽しみです。

清武の「大分強かった」が何よりの証拠です。

一方C大阪は、開幕の段階でこれということはつまりあー、あのーあ…優勝候補大筆頭だと思っています。

浦和レッズサポーターの端くれとして順位予想を投稿してみましたが……

浦和を優勝予想するのは当然の事として、それ以外で優勝を予想するなら迷いなくC大阪一択でした。

平均失点10台も可能でしょうね。

C大阪は昨年の8月からリーグ戦で複数失点がなし。昨年は逆転負けも浦和戦、鳥栖戦の2回のみ。なので基本的にC大阪が先制してしまうと、相手にとって逆転するのは難しいとこの試合からも分かりました。

今回はC大阪のことにあまり触れられませんでしたが今季のリーグを引っ張るのは間違いなくC大阪です。


九分九厘破綻なく完封のC大阪。
ボールを支配しこれまでになくロティーナ&イヴァンを苦しめた大分。

C大阪vs大分トリニータの開幕戦は1-0でC大阪勝利守備が堅い同士の対戦ということで勝敗を分けたのはセットプレーでした。

読んで頂きありがとうございました。

面白ければTwitter上で、リツイートや引用リツイート等々して頂けると嬉しいです。

第1回目なので感想や反響は、今後にとても参考させてもらいます。是非お願い致します。

ありがとうございました。

松本怜選手、愛犬見つかって何よりです。

#cerezo #trinita #セレッソ大阪 #大分トリニータ #片野坂知宏 #カタノサッカー #救世主監督片野坂知宏 #jleague #Jリーグ #浦ビュー #岩瀬健

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!