見出し画像

『多様な選択肢を将来へ』近間仁美【オンライン家庭教師PENTUS:先生紹介】

PENTUS(ペンタス)とは
「岡山出身の高学歴大学生」と「岡山の生徒」が「志望校と人柄」を基準に出会う、オンライン家庭教師サービス


今回の先生紹介は、近間仁美 先生です。

幼い頃から医療に興味を持っていた近間先生。大学で出会った様々な人や学びを、将来に向けて一本の線に繋げていく姿には、おもわず「かっこいいな…」とため息が漏れそうになりました。初対面ながらも明るくざっくばらんにお話ししてくださり、優しくて親みがもてる先生だと実感しました!

それでは近間仁美先生のインタビューをどうぞ!

画像3

先生紹介シリーズのことを知らない!という方はコチラ▼をご覧ください!


1 基本情報

先生の基本情報
名前 : 近間仁美 ( ちかまひとみ )
大学学部 : 大阪大学医学部保健学科看護専攻
志望校以外の受けた大学 :
現役時→前期 岡山大学医学部  防衛医科大学
浪人時→防衛医科大学
出身中学校 : 岡山白陵中学校
出身高校 : 岡山白陵高等学校
性格 : 気配り上手です!
好きなこと : 音楽鑑賞(何でも聞きますがAAA、髭男、sumikaとか好きです)・サッカー観戦・温泉巡り・カメラ
好きな岡山の場所 :
岡山奉還町商店街が好きです。小学生のころはイベントがあるごとに参加していました。
指導可能科目: 英語・数学(数Ⅲ)・生物・化学・地理・中学受験科目も対応できます。
アピールポイント
これまで家庭教師や個別指導先では「学校や普段の悩みを聞いてくれる」とよく言われていました!


2 多様な選択肢に触れて将来が広がっていく。

―――大学ではどんな勉強をされていますか?

看護が専攻で、今は秋から実習がスタートするのでそれに向けて病気や現場の知識を入れているところです。4回生の8月で実習が終わる予定で、卒業後は大学院に進学しようと考えています。

―――大学院ではどんな勉強をされる予定ですか?

実は、将来は岡山で医療の知識を使いながら、保育や福祉に携わりたいと思っているんですよ。だから、単に看護の専門知識だけではダメだと考えていて、もっと大学の学部時代に勉強しなかった幅広い分野について学ぶ予定です!

ー勉強以外はなにをされていましたか?

大学の医学部漕艇部(ボート部)でマネージャーとして活動しています。また、地方創生サークルに所属しているのですが、インプットの場となっています。具体的には、現在は新型コロナウイルスの影響で地方では様々な問題が起きていて、その課題点や対策としてどんなものがあるのかを情報交換しています!

もう一つは、学生ビジネスサークルであるAXISに所属しています。そこでは、私は大学生間の交流を目的とした企画の担当を行なっていました!
最近は、岡山の方々とfacebook twitterなどのSNSで繋がって、様々なお話を伺っています。その一環で、岡山奉還町商店街を盛り上げていきたいと計画中です!

ちかまちゃん②漕艇部


ーいまの大学にはいって自分の中で大きく変わったことはありますか?

私は昔から医学部に進学したいなと思っていたんですね。浪人期を経て、結局医学部には進むことができませんでしたが、様々なことに気づくことができました。

一つの学部にいても選択肢はたくさんあります。入った時には違うかなって思うかもしれないけれど、その後に自分がわくわくすることは絶対にみつかります。いま将来やりたいことが決まっていない人は、先生や先輩に相談するといいと思います。きっと自分が知らないような多様な考え方を学ぶことができますよ。


3 憧れの医療の仕事に携わるために

昔から医療系の道に進みたいと思っていました。

きっかけは2つあって、1つは幼い頃受けた病院での温かいケアからです。生まれるとき〜直後は特にお世話になることが多かったようでした。自分のことを助けてくれて、体だけでなく心のケアにも気を配ってくれる尊敬できる方だったことや、子供目線だけど子供扱いしないでくれる姿に憧れを持ちました!

もう一つは、家族が医療関係者だったことです。親の仕事に興味をもって小中学生のときには医療見学に行きました。ドラマの中でみていたお医者さんとは違って、「手術をさばく」というよりも患者さんにしっかり寄り添っている様子を見て、自分の中でもっと知っていきたいと思いましたね!


ーどうして大阪大学の看護に決めたのでしょうか?

大学受験の際にはセンター試験の点数の関係で、看護学科へ進学することに決めました。

医学部に進学できないとなったときに、全学部どういうことを学べるのかを一通り調べました。そして、やっぱり医療系がいいと感じたので保健学科への進学を考えました。

保健学科の中では検査/放射/作業/などいろいろありますが、一番患者さんの気持ちに寄り添えたり、あらゆる世代の個人・家族・地域すべてを対象として健康を守ることができるのが看護だなと思いました。その中でも、質の高いことを学べる大学がいいなと思い、保健に力を入れている大阪大学を受験することを決めました!


―――大阪大学の看護に進学して、想像通りだったことや想像と違ったことはありましたか?

授業系に関してだと、1回生の間は一般教養の授業が中心となります。このカリキュラムは地方の大学ではかなり珍しいじゃないかと思います!

その1年で「こういうことに興味があるんだ」と気づけました。また、いろんな学部の人と同じ授業を受けるなかで話す機会も多くあったのもすごく良かったです。自分のなかで様々な価値観を吸収することができたと実感しています!

あとは、頑張る時に全力で取り組んで、力を抜く時にはゆるっとしている人が想像していたよりも多かったですね(笑)

いい意味で、切り替えがしっかりできていて、楽しんでいる人が多いです!

                               

4 好奇心旺盛な幼少期を経て

―――小中高を振り返って、どんな子でしたか?

小学校のころは、先生や友達など多くの人を手伝うのが好きな子供で、学年のリーダー的存在でした!

好奇心旺盛だったので習い事もたくさんしていました!(ピアノ・エレクトーン・習字・水泳・体操・公文・英会話・英語・塾)習い事がない日は放課後にサッカーやドッジボールする活発な子供だったと思います。

塾は小学5年の夏ごろから通い始めました。得意科目は算数でした。(受験科目とは別ですが、英語は当時から得意でした!)

中学校では生徒会と科学部に所属していました。文化発表会のリーダーをしたり、クラスの幹事をしたりしていましたね!高校では科学部での活動を続けていました。1番の思い出は科学の甲子園の全国大会に出場したことです!高校で習わないような知識を勉強したのがとても楽しかったです!

英語は小さい頃から得意科目でした。数学もそこそこ得意でしたが、理科は苦手でしたね。兄が2人いて、2人とも同じ学校出身なので勉強のやり方を教えてもらうことが多かったです。

基本的には学校に沿ってやったらいいよ、という助言のもと、学校の学習を中心に進めていました。ただ、効率よくやるのがあまり得意じゃなかったのもあり、時間の使い方を改善するために高2からは塾に行きました!

ちかまちゃん①


5 成績だけではなく生徒の心にも寄り添って。 

勉強はもちろんですが、勉強以外の精神的な悩みにも寄り添えるような先生でありたいと思っています!これまで家庭教師や個別指導の先生をしてきましたが、ここは私の中ですごく大事にしてきたと思っています。

また、得意不得意はみんな違うので、一人一人にあった方法で指導していきたいですね。

6 最後に生徒さんへのメッセージをお願いします!

みなさんの、将来のサポートができるように頑張ります。よろしくお願いします!

近間先生の授業へのお申込みはコチラ!


編集後記

将来の目標に対して熱く話してくださった近間先生。勉強や自分の夢と本気で向き合ってきたからこそ、いまの近間先生があるんだなと実感しました。人の気持ちに寄り添い、面倒見の良い指導をしてくださる、そんな先生の授業を受けてみたくなりました!(池田)


■PENTUSのオススメnote

▼他にも先生のインタビューを見たい方!

▼PENTUS利用者の声はコチラ

▼PENTUSについてはコチラ



★お申し込みはコチラ


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ぜひ体験授業を受けてみてください!!
3
岡山出身の高学歴大学生 と 岡山の生徒 が、志望校と人柄 を基準に出会うオンライン家庭教師サービス『PENTUS(ペンタス)』の公式noteです!運営会社:conote inc.

こちらでもピックアップされています

センセイ
センセイ
  • 20本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。