物欲のかたまり4.12

今日は高校時代の友人たちとリモートお茶会。
毎週日曜におやつを食べる口実に…いや、生存確認とリフレッシュのために開催しているのだが楽しくやってます。これまでも思い思いの茶葉を持ち寄ってお茶会したこともある生粋の紅茶好きの4人なので「何飲んでるのー?」とか今日の茶菓子とか聴くのも楽しい。私の今日の紅茶はいただきもののジャンナッツのセイロンエクストラと常備してるトワイニングのアールグレイ。暖かくなってくると途端に出番の増えるアールグレイ。あ、寒い季節はルフナ。コロナ騒ぎで紅茶店にも行かれず、お気に入りのフレーバードティーたちが恋しいよ。。。

さて、めちゃくちゃインドア生活真っ最中ですがめちゃくちゃインドアに見える私、実はアウトドア大好きなのでようやく外気温がいい感じになってきたのにキャンプに行けずもぞもぞします。(虫か)意外とアウトドアといえば舘様一緒にキャンプ行きましょ〜><!!火起こしとか全然出来るけど宮ちゃんに頼り切るキャンプに行きたい。そしたら私めめちゃんと薪拾い行ってきますわ。あっちょうど良さそうな枝が〜!と思ったらラウールちゃんの長い脚だった〜〜!!ふっかさんは涼しいタープの下で寝てていいからね。日が落ちて乾杯したら元気になって?止まらぬ妄想。うっうっ。

サイトではいくらパーソナルスペース広めとはいえ、焚き火の煙にまみれたあとは温泉に入りたいし野外活動を楽しむゾーンに持っていくには今の状況ではちょっと無理だなって私は思ってます。登山も然り。車でしか移動しないからドアtoドアも出来なくはないけど温泉までがセットなんだよなあ。あと山に行きたいって思うと県外になっちゃう。
行けない時期に物欲の鬼と化すのってキャンパーあるあるだと思うんだけど、もうあれも必要これも必要とギアを揃えるビギナー期を過ぎた上に新し物に興味のない私にそのあるあるは当てはまらない、、のだけど。久しぶりに「ちょっと欲しいかも…」って思ってるギアが出てきたのでブツブツ言いに来ました。

笑's コンパクト焚き火グリル 『B-6君』


ソロキャンパーの間でめちゃくちゃ有名でコンパクトグリルの中でも王道なB-6君です。ていうかこれ焚き火台だったんですね。『ゆるキャン△』にも登場しますよね。コラボver.が出てるのは知らなかった…。焚き火台として使うにはそのへんに落ちてる枝や端材でやるサイズ感だよな〜と思うのですが、焚き火はユニフレームのファイアグリルをメインに使っているので主にB-6君の使い道は気軽に炭火で何か焼いて食べたいとき用です。
B6サイズとめちゃくちゃ小さいのがウリなので完全に一人用だと思うのですが、そしてソロキャンプに行くことがあるのかと言われればそうでもないのですが、店頭で見てもやっぱりこの小ささは衝撃的で気になるこのアイテム…。なによりファイルに入って売られている非現実感がたまらなくいい。あえて街用のバッグに入れて持ち歩きたい。スタバでノートパソコンじゃなくて焚き火台をおもむろに取り出したい。リンちゃんじゃないけど。これなら使う炭も少なくて済みそうだし。あと火の大きさ的にも家のベランダでも使えそう…。

同じくコンパクトなアイテムとして気になっているのがコニファーコーンの折りたたみ式トング。

収納するとホチキスになるのがたまらない。いや見た目だけな。また文房具だな。文具好きなので。価格は高くもないし安くもないので使いみちがハッキリしたらポチってしまいそう。卓上に置きたいとき先だけ曲げてベタッとつかないように出来るのが地味に便利。キレイ好きの翔太くんも安心。だけど使用時の長さが235mmと微妙に短い気がするんだよな…。B-6君と使うことを考えると火の大きさもそんなに大きくないはずだから丁度いいのかな…。B-6君がファイルならばトングはペンケースに入れておきたい。そしたら炭はキャンバス地の巾着に入れて、お弁当かな?っていう忍ばせ方もアリだな〜。

蓮根にしか見えないんだけど。これがB-6君で炭火する上でぴったりらしいので。ココココ...?ロゴスまでD.D.にかけてくるとは…。やっぱりSnow Manちゃんとキャンプに行くしかない。2個で1時間程度燃えるみたいなので、巾着袋にも余裕で入りそう。下手するとアクスタケース×9より小さく収まりそうな炭火装置。…装置?あれ何の話だっけ…。そうそうB-6君が気になるよって話。

おしゃれキャンパーじゃないけど妄想キャンパーなので道具への思い入れベクトルが変な方向を向いている気がする。どうやら近年は"いかにも"に見せずにしれっとキャンプしたい欲があるようなので、ネット徘徊が捗りすぎる今、情報収集がとても楽しい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
わりと多趣味ニンゲン。すのーまん目黒蓮さんを推しつつ歌舞伎やバンドも見に行きます。アラサーを漂う女子です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。