プログラミングを半年間やってみて、半年前の自分に教えてあげたいこと
見出し画像

プログラミングを半年間やってみて、半年前の自分に教えてあげたいこと

Manami

こんにちは、Manamiと申します。
この記事はTECH PLAY女子部 Advent Calendar 2018 13日目の記事です。

私は6月からプログラミングを始めました。2018年に始めたチャレンジNo.1です。新しいことを始めることは自分の世界を広げてくれるし、発見もたくさんありますよね。その一方で、なんだか思ってたのと違うと感じることももちろんあります。

そこで、わたしが半年間ごにょごにょするなかで得た気づきを3つ、半年前の自分に教えてあげたいと思います。

1. プログラミングって正解があるようでないよ

プログラミングを始めたばかりの私は、プログラミングって正解があるものだと思っていました。例えば算数のドリルのように、正解の式と答えがあるイメージです。「◯◯するには〜〜する」という正解の解法パターンがあって、その方法を使えば誰がやっても同じ答えにたどり着くような。そしてその解法パターンを多く身につけて少しでも早く答えをだすことこそが、プログラマーのスキルだと思っていました。

しかし今は、プログラミングって正解がないものだと思います。プログラムの書き方は無限にあるし、その内容もバージョンや流行に沿ってどんどん変化していきます。さらに、例えば、可読性を重視するなら〇〇だし、処理速度を考えると〇〇、といったように目的や場面によってベストなコードの書き方は異なります。相対的にベスト、ベターはあるけれども絶対的な正解はありません。

そう考えると、やっぱりプログラミング「言語」と呼ばれるようにプログラミングは言葉に近いもののように感じます。そして、その膨大な情報のなかからベストなコードを書けることがプログラマーに必要なスキルなのかな〜と思いますし、すてきなプログラマーさんはそのことを心から楽しんでいるように見えます。精進します。

実際にそんな風に「正解ってないよね」と思えるようになり、楽しいかもと思えるようになるまでは、かなり時間がかかったと思います。Progateしかり、入門書しかり、「正解=その通りにやれば絶対に動くコード」がありますよね。なのでそれが当たり前の世界から抜け出して、無限のGoogle検索の海に飛び込むのはなかなか難しかったです。上手に泳ぎこなすにはまだまだ先が長いですが、この潮が良さそう!と思って乗ってみるくらいはできるようになったかなと思います。

2. 言葉の前提ってみんな違うよ

情報収集の基本はTwitterな私ですが、言葉の前提って自分を含めて本当にみんな違うんだな〜と気づきました。(当然といえば当然なのですが、)

よく「プログラミング初心者です」とか「プログラミング初心者は〇〇すべし!」とかあると思うんですが、その「初心者」って定義がなくて幅広いですよね。プログラミングを初めて間もない私のように「HTMLってなに?」という人もいれば、ある程度コードも書けるしドキュメントも読めますという人もいて。発信している人がどんなレベルの「初心者」を指しているかに注意しないと、その「初心者」を自分を比較して不必要に焦ったり、落ち込んだりしてしまいます。

今考えるとなんでそんなことにも気づかなかったのかな〜と思ったりもするのですが、初心者のなかにどんなレベル感があるかなんて自分が経験してみないと分からないんですよね。公式のドキュメントとか「これ日本語?」って思っていたのが、ある日「あれ、ちょっと読めるかも?」となるような感じです。何かひとつのステップを超えた感覚が確かにありました。その積み重ねを、この時はこうだった、と振り返ってみることしかできないのだと思います。

もうひとつは、「未経験からエンジニア!」という言葉です。私のなかでは自分と同じように、
 ・他業界からの転職を目指す(転職した)
 ・初めてプログラミングを学ぶ
人を指すだと思っていたんですね。
しかし、実際に「未経験からエンジニアを目指してます」という方にお会いしてみたら、前職はSIerでしたとか、高校でプログラミングやってましたとか、趣味の範囲だけど開発してます、とかそういうすごい方がたくさん居て。「え〜それって全然未経験じゃないじゃん!」と勝手に思っていました(笑)。そして、自分と比較して不必要に焦ったり、落ち込んだりしていました(2回目)。

まわりの言葉は気にしすぎず、自分は自分!で頑張るのが大切です。

3. 楽しい時も楽しめない時もあるよ

楽しめない時はPCから少しだけ距離を置いて、おいしいご飯を食べたり、お風呂に入ったりしましょう。

*****

とりとめのない内容になってしまいましたが、いかがでしたでしょうか?

女子部のイベントにはまだ1度しか参加したことがないので、2019年はどんどん参加してたくさんの女子エンジニアさんと交流できるのを楽しみにしています!(男性エンジニアさんももちろん!)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Manami
1月からWebエンジニアとして働きます。トランポリンやってます。