見出し画像

「く」…クジラ。悔しい。苦しい。クレヨン。組体操。くっきー!。紅。串焼き。暮れ時。

暮らしが後退しているのか前進しているのかわからない。溺れているような感覚になる。この数ヶ月間、と思ってみたけど20代を迎えてからずっとそうかもしれない。たぶんだけどー…。やっぱ言えない!こんなこと!ああなんてこと!ヒーッ怖いね。何が怖いってこんなことばかりギャーギャー文章の上で言ってるのが怖い。おい読んでくれてる人の時間返せ!私じゃ対応できないので責任者を呼ぶ。私の責任者ってもしかして私…?ヒーッ怖いね。私は私のバイトでいたいんすけど。時間なんで帰っていいすか?来週からテストなんで2週間休みもらいまーす。

Tinderで日記を交換している人の本を読んだ。「長い間日記を読んでくれてる人と会うのはやりやすい」みたいなことを書いていたけど、それはアンタが素敵な人間だからよ!と伝えたい。神戸に来てから、この人のnote良いな〜女の子だし会ってみようかな〜とその人のTwitterアカウントにDMを送ったことがある。年下の女の子で、なんとnoteの前にやってたアメブロ「生理日和」時代から読んでくれていたそうだった。それは高校生の時から21歳くらいまで書いていたもので、見返したらいまはもうアクセスしなすぎて消されていた。ガビーン。(古典的に驚くよあたしゃ)そんな今よりももっと稚拙な愚文を楽しんで読んでくれていたそうで、イメージ通りじゃなかったんじゃないかとか、思ったよりも楽しい日になっていなかったらどうしようだとか、そういうことばかり考えてしまう。私といて楽しんで欲し〜人の時間無駄にしたくね〜カレンダーに音符マークつけて欲し〜バツにしちゃってたら申し訳ね〜人が好きで人に会うけど帰りはいつも怖くなってる。やさしい人は顔で笑って心で泣くから。

この間知り合った女の子から「さみしいです」とだけLINEが来て、会うことになった。会うのが2回目の子で、その子の仕事の愚痴をわーっと聞いて「大変だね〜」「そりゃやだね〜」と当たり障りのない相槌を打っている時、本当に心地よかった。楽しさとかじゃなくて、居心地がよかった。何も考えないで誰にでも言えることを伝えて相手から「あなたに会えてよかった」と言われ、解散した。誰でも良かったのかもしれんけど、居るだけで感謝してもらえたと思って、ホッとした。居るだけで良いよと言われるよりも、感じるというのは何倍も説得力がある。言葉って呪いであるし無力であるし救いであるし、必要。さみしい時にさみしいということをひとりの相手に伝えるのってちょっと勇気がいると思う。「さみしいです」って連絡くれた時ちょっとビビったけど嬉しかったんだなー自分。とこれを書いてて思う。
これも書いてて気づいたけど、そんなの煩わしさしか感じなかったはずなのにな。意外と暮らしは前進してるのかも。まだまだ悩みは尽きないけれど。


正直助かります、とても