週間_Copy-3

誰かのためのクリスマスと僕が子供に帰る日

2018年12月24日〜30日に起こったモノゴト。

1週間を振り返るライフログ

■誰かのためのクリスマス

フワッとする時の中で。

キリスト教ではない人でも、毎年この日を楽しみにしている人は多い。僕ももちろんその一人だ。

クリスマスの日だけは、なんとなく心がフワッとする。

今年のクリスマスは、父、弟カップルと僕の家族で過ごした。手作りのクリスマスケーキが少し不格好だが、家族と食べるとても美味しく頂くことができた。

家族を持つと、自分の時間を家族のために使うことが増える。それは大きな喜びである一方で、自分の時間が持てないことへのもどかしさが同居している。

幼い頃は自分のためにあったクリスマス。

家族を持ってからは、誰かのためのクリスマスになった。

それは本当に幸せなこと。

■何事も「積み重ね」に勝るものはない

ジワッと吹き出る汗。

僕の体と心のあらゆる扉が解放された心地の良い時間。

前回の『週刊 俺的ライフログ』では、寺ヨガへ。そして今週はお寺ではなく、ヨガスタジオ「ハコヨガ」へ。

お寺でのヨガもとても良かったが、ヨガ専用のスタジオでのヨガは、すべてヨガのために用意された環境であるので、非常にクオリティの高いヨガの時間を過ごすことができた。

仙人になりたいわけではないが、マインドフルネスを極めるためにヨガの基本的なポーズを習得していきたい。もちろんそれは極めて難しいことなのかしれない。しかしそれは、どんなモノゴトにも精通することであるが、いきなり最初からできてしまうことなんてそう多くはない。

何事も「積み重ね」。これに尽きる。

とにかく飽きるまでやってみようと思う。

■岩盤浴で2018年をデトックス

吹き抜ける風と、毎日の僕らの生活もそれと似ている。

どんなに辛いことがあっても、どんなに楽しいことがあっても、それは止むことのない風と同じ。その風が止む時などない。

2018年も本当に早かった。悲しいこと、辛いこと、楽しいこと、面白いこと、色んなことがあった。それらすべては思い出、そして経験として僕の記憶の中にある。

新年を迎えるにあたり、体と心をリセットするつもりで、岩盤浴で汗をたっぷりと流して、こんなにも汗が吹き出ることがあるのか?!と驚くほどデトックスしてきた。

■最高の年末を過ごすために

恐らく、地球の中で一番落ち着く場所と言えるだろう。

それが実家だ。

こちらの記事『年末に風邪をこじらせ 年末年始に一人ぼっち 楽しく過ごす方法備忘録。』では、2017年に一人で年末年始を過ごしたことを備忘録的に書いているが、2018年の年末は無事に帰郷できたことにホッとしている。

30歳を過ぎても、両親にとってはどこまでも僕は子供のまま。そして2児の父になった僕も、実家に帰ってくると子供に戻り、意味もなく両親に甘えてしまう。

僕の居場所がどこであろうと、心の永住地点は実家なのだろう。この場所から僕の人生が始まり、この場所に心は帰ってくるのだ。

軋む音がひどくなってきたドアを開けると、心の底から勉強が嫌いでマンガばかりを書きなぐっていた落書きだらけの机がそこにある。

そんな刹那を感じつつ「自分の原点に立ち返りながらゆっくりする」これほどまでに最高の年末はないだろう。

では次に、この1週間で読破した本を紹介したい。

読破した本

■5秒で伝え、共感させる YouTube広告術

僕の中で2019年は動画の年。明石ガクトさんの著書「動画2.0 VISUAL STORYTELLING (NewsPicks Book)」の本を読み、グイグイ僕のクリエイター熱を高められた。

だから僕は今、必死に動画関連の本を読み漁っている。以下が僕の解説しているYouTubeチャンネルになる。

では最後に、僕が1週間で書いたブログ記事をまとめておこう。

あなたの好きなモノゴトの発見につながれば嬉しい。

僕が1週間で書いた記事

■MacBook Pro キーボードカバー

キーボードを普段のタイピングでの擦れや外的な汚れから守るカバー。

この記事では、Touch Bar搭載MacBook Pro(MacBook各シリーズ含む)のキーボードカバーである「moshi Clearguard MB with Touch Bar」をご紹介致している。

記事の主な内容
・キーボードカバーの必要性
・良い点・メリット 悪い点・デメリット
・結論|キーボードカバーの必要性
・キーボードカバー moshi Clearguard
・キーボードカバー 5つの特徴
・キーボードカバー 貼付方法
・キーボードを洗う/お手入れ方法
・対応機種/モデル 製品登録による延長保証

詳しくは以下の記事をチェックしてほしい。
MacBook Pro キーボードカバーのおすすめ!薄型&保護力で選ぶなら【moshi Clearguard】

■Apple Watch 致命的な欠点

この記事では、Apple Watchを「腕時計」として使うことを考えている方に それがあまりにも致命的でナンセンスな欠点だらけであることをお届けしている。

あなたがApple Watchを腕時計として購入を検討しているなら、Apple Watchの必要性についての参考になれば幸いだ。

記事の主な内容
・腕時計の役割とは?
・Apple Watch 致命的な8つの欠点
・電話を通知してくる
・メールやLINEの通知をしてくる
・運動や健康志向を促してくる
・キャッシュレスを勧めてくる
・ファッション性を高めようとしてくる
・定期的に買い替えを勧めてくる
・バッテリーの充電を求めてくる

詳しくは以下の記事をチェックしてほしい。
Apple Watchが腕時計としては使えないと思う致命的な8つの欠点とは?

■Apple Watchの必要性を説く

この記事では、Apple Watchの必要不必要を肯定もしないし否定もしない。

ただ、Apple Watchを実際に4年以上も使い続けてきた僕が、Apple Watchを毎日肌身離さず身につけていた時と、Apple Watchを一切身につけなくなった時の”違い=差”から感じた「Apple Watchの3つの致命的な欠点」についてお届けしている。

記事の主な内容
・Apple Watchが故障した理由
・液晶画面が飛び出して破損した
・Apple Care+は加入必須
・Apple Watchの必要性
・Apple Watchがない生活でも問題ない
・Apple Watchの欠点・デメリット
・バッテリーを毎日充電すること
・通知機能に縛られた生活
・腕時計としては使えない
・ハイテクから離れると感じること

詳しくは以下の記事をチェックしてほしい。
Apple Watchの致命的な3つの欠点!4年間使った僕がその必要性を説く。

最後に

とはまぁこんな感じの1週間だった。

ということで今回は、2018年12月24日〜30日の「1週間の出来事」「読破した本/漫画」「観賞した映画」「ハマっている音楽」「1週間に書いたブログ記事」などのライフワークについての振り返りをお届けした。

さて、来週はどんな「当たり前の毎日」を過ごすんだろうか、楽しみだ。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

週刊 俺的ライフログのバックナンバーを読む

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んで頂きありがとうございます!ついでにあなたのFacebookやTwitter、Instagramの中で、一言なり二言なり、感想をシェアして下さいませ。

「スキ」って言われて、「ボクも」って言いたいけど言えない。ごめん。
5
デザイナー/ブロガー/メディア編集長。月間20万PVの”自分の人生の【好きなモノゴト】を発信するブログ”『俺的デザインログ(https://oreteki-design.com/ )』を運営中。1981年生まれ。ここでは日常的なエッセイや小説などを書きます。

この記事が入っているマガジン