見出し画像

東京に降り立つ。三行日記 DAY

ネガティブなこと

37歳にしてはじめての東京。はじめに言っておくと、ただ仕事で来ているだけだ。それでもはじめての東京ということで、僕は期待に胸を躍らせていた一方でとてつもなく不安にもなっていた。それは、東京という都市に対しての憧れの裏にある敗北感がそうさせていた。東京に負け試合に行くような感覚。それは多分、若い頃に描いていた夢を東京で挑戦しないまま大人になってしまったからだ。それはまぎれもない自分の弱さからなるもの。そんな気持ち抱えながら、僕は東京に降り立った。東京という街に行けば、何か自分が変われる!なんてことを考えていた。

ポジティブなこと

東京に降り立った37歳の僕は、まるで大都会に上京したばかりの若者のようにキョロキョロとあたりを見渡していた。繰り返して言うが、37歳おっさんである。

まず度肝をぬかれたのが超高層ビル。

自分が本当に小さく見えた。

そして何よりも嬉しかったことは、東京ファクトレンズと言えるかもしれない「東京の人は冷たい」という地方から東京に対して持っているイメージ。

僕も「東京の人は冷たい」と思っていた。しかし、それはものすごく浅はかなことだと思った。

東京駅から地下鉄に乗り換える際、切符売り場で切符を買おうとした時に、財布から小銭を落としてしまった。僕は周りの目を気にしながらその落した小銭を慌てて探そうとした瞬間ー

「落としましたよ」

30代前後のサラリーマンの男性が、なんの躊躇もなく拾ってくれた。

「東京の人、めちゃくちゃあったかいやん」

というか、東京の人というくくりで人を判断してしまっていた自分が恥ずかしくなった。

十人十色。東京という枠で考えるのではなく、1人の人として、ちゃんと見なくてはならないことを教えられた。

今日のことや関心ごと

とにかく今日は、東京タワー、渋谷、明治神宮、新宿、秋葉原と歩き疲れた。東京についてはゆっくりとこれからエッセイ的に綴っていくことにする。今日はもう眠りたい。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んで頂きありがとうございます!ついでにあなたのFacebookやTwitter、Instagramの中で、一言なり二言なり、感想をシェアして下さいませ。

ついにあなたにスキって言われた〜!ありがとうございます!
12
デザイナー/ブロガー/メディア編集長。月間20万PVの”自分の人生の【好きなモノゴト】を発信するブログ”『俺的デザインログ(https://oreteki-design.com/ )』を運営中。1981年生まれ。ここでは日常的なエッセイや小説などを書きます。