見出し画像

ロクヨンで染みたかけがえのない命 三行日記 DAY11

ネガティブなこと

休日に家族で出かける予定が、子供のわがままでイライラしてしまい、怒りをコントロールできずに叱ってしまった。ほんとは子供のわがままをニッコリ受け流す方がいいんだろうけど、うまく受け流せず……全くどっちが子供なんだか。

昼間に小一時間くらいは読書をするつもりができなかった。

休みの日はとにかく食い過ぎる。自制のコントロールができない。

ポジティブなこと

邦画ロクヨンを観た。吐きそうになるくらい辛くなった。やっぱり子供という存在は、僕にとってかけがえのない命だということ。それを客観的に感じることができた。

夕食は外食だった。ハンバーグを二個も頼んでしまい食い終わる頃には罪悪感が。しかし、何故だろう。罪悪感よりも勝った「今日くらい」の落とし所が今日はしっくりきた。これでいいんだ。いやダメかw

目標と関心ごと

明日は家族でおでかけ。絶対に怒らないと誓う。人間とて怒りのない時間に恋しくなるものだし、生きる上で怒りにずっと蓋をしていれるほど僕ら強くないし弱くもない。けれど、明日だけは絶対に良い休日というガラスより壊れやすい幸せを僕は守る。

あぁ、高野悦子さんの二十歳の原点を読了できずに何週間目だ?そろそろ読み終わらなければならないのにページが進まない。それは多分、高野悦子さんとのお別れが近いこともあるかもしれない。読み進めるうちに、高野悦子さんがどんどん可愛く見えてきている。今日もこのまま時間をかけて読みながら寝落ちしようと思う。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んで頂きありがとうございます!ついでにあなたのFacebookやTwitter、Instagramの中で、一言なり二言なり、感想をシェアして下さいませ。

スキになってくれてありがとうございます!泣けます…(TдT)
5
デザイナー/ブロガー/メディア編集長。月間20万PVの”自分の人生の【好きなモノゴト】を発信するブログ”『俺的デザインログ(https://oreteki-design.com/ )』を運営中。1981年生まれ。ここでは日常的なエッセイや小説などを書きます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。