noteブログ運営_Copy_4-2

毎日ブログを書くための時間管理のコツ&α7Ⅲに関する記事の紹介!|ブログな日々 Vol.06

僕の每日の最重要ワークであるブログ運営。

プロフィールにある僕が運営しているブログサイトに、ほぼ每日のように黙々と記事(コンテンツ)を投下している。

今回は、僕がブログ(文章)をいつ書いているのか?についてご紹介。

僕のブログを書く時間

ブログ運営を每日の最重要ワークと冒頭でお伝えしていますが、もちろん僕はプロブロガーでもありませんし、フリーランスでもなく、本業というものがある。

つまり、ほぼほぼ日中はサラリーマンと同じように約8時間ほど本業の仕事を行っているということ。僕の仕事については、運営するブログサイトのプロフィール(著者|石原 一平)に書いていますので興味があれば覗いてほしい。

話を戻すと、その本業の仕事を每日のように消化しつつ、子育てや家事も行っているのだけれど、そんな状況の中でいつブログの記事(コンテンツ)製作しているのか?というところをサクッとご紹介。

■ブログを書き上げる!がゴール

「每日ブログを書きたい!」という強い思いから、每日ブログを書くためにはどうすればいいのか?と考えた。というか考える余地もないくらい非常にシンプルに「ブログを書く時間を作る必要がある」という答えに行き着きついた。

実際「ブログを書く時間」は夜に1時間程度なら確保することができていたけれど、それではダメ。「每日ブログを書きたい!」という僕のゴールは「每日ブログの記事を投稿する」ということだから。

なので「ブログを書く時間」を夜に1時間程度確保していたとしても、ブログを書き上げて投稿するに至るまでを考えれば、1時間では全く足りないという状況にあった。

そんな中、自分の1日のスケジュールを整理してみても、ブログを書きあげて投稿する時間を確保することは容易なことではなかった。

そこで、僕は夜にブログを書くことをやめ、朝にブログを書くことにしました。

■ずばり!朝活でブログを書く

理由としては、夜にブログを書くといっても、日中は色々と頭を使いまくるわけで、夜になるとそれほどウィルパワー(集中力や考える力のこと)の残量は残っていないので、あまり質の良いものは書けない。

しかし、それが朝なら!ウィルパワーはフル充電されており、夜に1時間ブログを書くのと、朝に1時間ブログを書くのでは、全くクオリティが違うことにやってみて気づいた。

もちろん寝不足のまま朝活したところで成果は分散されてしまうので、睡眠時間を削るわけではなく、「夜10時〜11時に就寝し、朝の5時に起きる」というスケジュールを組み、最低でも”6時間の睡眠を確保すること”にした。

そして「朝5時に起き、そこから2時間ブログを書く」という流れをルーティン化。

今では朝5時にパッと目が冷め(起きれない時もあるw)、朝活2時間で1記事かける時もあれば、2記事かける時もあるので、現在(2019年1月時点)はその朝のたった2時間だけでほぼすべてのブログの記事を書いている。

結果、「ほぼ毎日ブログ記事を投稿」できている。とはいえ、每日ブログ記事を投稿することができない時だってあるし、日曜日はブログお休みとしている。

それは、良しとしようよwと自分に甘えている。

そのくらいの余裕を持ちつつ、朝活2時間でブログを書いているというわけだ。

あなたも「毎日何かしたいこと」があれば、頭が最もリフレッシュされている状態である朝に活動するといいかもしれないので参考にしてほしい。

では次回のブログな日々でお会いしましょう。

「ブログな日々」のバックナンバーを読む

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んで頂きありがとうございます!ついでにあなたのFacebookやTwitter、Instagramの中で、一言なり二言なり、感想をシェアして下さいませ。

カタカナの「スキ」と、漢字の「好き」。軽い方をありがとうございます。
10
デザイナー/ブロガー/メディア編集長。月間20万PVの”自分の人生の【好きなモノゴト】を発信するブログ”『俺的デザインログ(https://oreteki-design.com/ )』を運営中。1981年生まれ。ここでは日常的なエッセイや小説などを書きます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。