見出し画像

64GBのSDカードに記録される瞬間。

これは2019年2月12日の出来事である。

2019年最初の散財となったSONY α7Ⅲ。前回の俺的ライフログ Vol.9でランタンフェスティバルへ見物に行ったことは書いたのだけれど、もう少しランタンフェスティバルの彩りをSONY α7Ⅲで残したくなった。

***

激辛専門店での駆け引き

夜になるまで時間があったので目についたラーメン屋に入る。入った瞬間に気づいた”激辛専門”というキャッチコピー。その言葉は僕の人生の中において基本的に大歓迎できないことなので脳内は少しパニックに。

すでに椅子に腰をかけてしまった自分を悔いた。

「僕、激辛だめなんですみません。」

なんて言葉を考え始めたりそれはマナー違反だとか相手に失礼だとか別に誰も気にしないんじゃね?とかいう偽善や善業の思いが巡る中 ー

「いらっしゃいませ」アルバイトの学生だろうか、とても気持ちの良い笑顔と声の調子に少しだけ強気を見せた辛さにしようと決意。

「辛さはいかがなさいますか?」

「一番辛くないやつで」

「では、ゼロでよろしいでしょうか?」

「それってどのくらい辛いですか?」

「ぜんぜん辛くないですよ。」

幸か不幸かそんな低レベルな覚悟とは裏腹に、激辛専門店らしからぬ”辛さゼ0”を選ぶことができるシステムに胸をホッと撫で下ろしながら、僕みたいなやつもいるんだよなって恥ずかしくもなった。

激辛専門店のラーメンを”辛さ0”で注文する何番目のお客になったのだろうか気になりながらも全く辛さのないラーメンを胃袋に流し込む。

「おっ、うまいじゃん」

***

長崎ランタンフェスティバルをα7Ⅲで撮る

すっかり日が暮れてきた。ラーメンで少しだけ温まった体が一瞬で冷えてしまう寒さと戦いながらランタンフェスティバルの聖地でもある長崎眼鏡橋に足を向ける。

平日とあって見物客はちらほら。暗闇を照らす赤っぽくもあるし黄色っぽくもあるランタンの彩りが、冬の寒さをほんのり暖かくしてくれている。

手をつなぎながら笑顔を振りまく彼女にエヘっとした上機嫌の彼氏。我が子の笑い声を聞きながらこの子のために私はいるんだという生きる意味を実感している女性。

目の前に広がる彩りを気にする素振りを見せながらも今夜奇跡的に連れ出すことができた若い子をどうやって抱くかを考えてばかりいるおじさん。自分の国でも見れるであろうにわざわざ長崎まで見に来ているもう笑うしかない中国人観光客。

そんな事を思いながら、首から下げたSONY α7Ⅲでプロカメラマンのように粋がってシャッター切っていく素人カメラマンの僕。

息を止める。

パシャり。

シャッター音が鳴り止むと、64GBのSDカードに記録される二度と繰り返すことのない瞬間。

いつだって世界は、僕の心臓が止まるまで動いている。

長崎ランタンフェスティバルにてSONY α7Ⅲの写真作例

こうやって自分が目にした一瞬一瞬を切り撮っていくのも悪くない。

僕の日々を自伝的エッセイ風に綴ったバックナンバーはコチラ



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んで頂きありがとうございます!ついでにあなたのFacebookやTwitter、Instagramの中で、一言なり二言なり、感想をシェアして下さいませ。

「スキ」って言われて、「ボクも」って言いたいけど言えない。ごめん。
8
デザイナー/ブロガー/メディア編集長。月間20万PVの”自分の人生の【好きなモノゴト】を発信するブログ”『俺的デザインログ(https://oreteki-design.com/ )』を運営中。1981年生まれ。ここでは日常的なエッセイや小説などを書きます。

コメント6件

とても雰囲気のある写真ですね!レンズは何をお使いでしょうか?
りゅういちさん ありがとうございます。僕が使っているのはサムヤン35mm f2.8です!
なんと!カメラもレンズも私と同じでした。軽くて良いですよね。
私もこんな雰囲気を出せるよう頑張ります。
えーーー!なんときぐうですね!一緒にカメラ楽しみましょう📸
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。