見出し画像

就活の「何をやるかより誰とやるか」で気をつけておいた方が良いポイント

「何をやるかより誰とやるか」
就活を経験したことがある人なら、一度は聞いたことがあるかもしれない。

『嫌われる勇気』で説かれた心理学者アドラーの話によると、すべての悩みは対人関係の悩みであるそうだ。
マウントを取ってくる先輩方や、舐めた態度の後輩たち。あいつ何か嫌だ、と些細なきっかけでいじめが始まったりする。仲の良い友人の凄まじい努力を間近に見て、自分にはできないやと思ったり。多分というか絶対、自分にもできるんだけどね!(笑) あらゆる感情は無視して、やるか・絶対やるかの2択にしてみるとできちゃいそう!な気もします!(笑)

さてさて話を戻すと、例えば大学時代のサークルの選び方もそうで、なんちゃら同好会なんていっぱいありすぎて選べなかったり。新歓に足を運び、先輩と関わり、この人たちといると素敵だな~と感じて入会した経験を持つ人も多いのかなと思う。
人は1人では生きていけないし、人生一度きり。そこに関わる周りの”人”がどれだけ大切かは身に染みている。煮びたしくらい染みちゃってても良い。

そんな人生で20代になると、恐らく多くの人は仕事の時間が大半を占める。どうせ働くならワクワクしたいよ!自分の人生をより良くするために、働く会社はしっかり自分で決めたいよ!
そこで、がむしゃらにもがいて、あがいて、就活をした。
会社説明会に足を運ぶとよく聞いた言葉が、冒頭の「何をやるかより誰とやるか」だった。



何をやるかより、誰とやるか

この言葉の意味をもう少し具体化すると、「仕事なんてそんなに楽しいもんじゃねぇ。お客様の幸せを第一に考えて、そのためならなんだってしなきゃいけねぇ。どーせやるなら君の居心地の良い環境でやったらいいんじゃね?わっしょい!」になる。

わっしょい!と思えた人は、”人”重視で就活をしたらいいかもしれない(笑)


もう少し深く掘ると、誰とやるかを重視している企業は、理念経営に力を入れたい場合が多いように思う。

人が集まって組織ができるとき、バラバラな方向を向いている組織と、同じ方向を向いている組織のどちらの結束が強いかは一目瞭然だ。甲子園なんて一握りしか行けねぇよ目指すだけ無駄だろという人の混じった野球部と、ゼッタイ甲子園行くぞうぉぉおおお!野球部では、うぉぉおおお!の方がきっと強いし居心地も良いはずだ。

会社も同じで、どれだけしんどいことがあっても、あの人がいるから頑張れる、この人と一緒に働きたいと思える人が傍にいれば、きっと頑張れちゃうと思う。だからこそ、誰とやるかを強調して、”誰と”に共感した人を採用したいというわけだ。それ即ち、あなたは会社の社員に共感した、あなたが好きな社員はその会社の方向性(=理念)に共感して入社した、会社は理念達成にむけて動くから、社員はみんな同じ方向を向いている、組織は成り立つ万歳という構図である。




ただ、1点気を付けてほしい。

「誰とやるか」の ”誰と” が居なくなる場合がある



インターンで出会った優秀な社員さんに憧れた、採用途中に良くして下さった人事さんが好きだった。
あなたの心を満たしてくれていたその人は、あなたが入社したときにそこにいるとは限らないのだ。( ;∀;)



だからこそ、大好きなその人は、自分の入社時にどのように関わってくれる人なのかまで確認しておくと良いと思う。
人事の人に憧れた場合は要注意。新卒で採用担当に配属されない限り、きっと一緒に仕事をするのは難しい場合も多い。


また、”誰とやるか”の部分は操れないが、”何をやるか”の部分は自分でコントロールできる場合がある
あなたが幸せにしたいお客様は誰か、その仕事で手にしたいスキルはなにか、自分の影響力が及ぶ範囲に1つ以上納得感をもっておくと、”誰と“の部分が万が一変化しても、心に上手く折り合いをつけることができそうだ。



総じて、

何事もバランスが大事

ってことですね!!(笑)


私の大好きな人事さん、転職先でも益々ご活躍されることを願っています!☺️☺️


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!😆
4
根性だけ持った出来立てホヤホヤ社会人🐣心が動いたことを『#へこたれない』をつけて投稿します!今日も1日頑張りましょう!笑
コメント (2)
大好きな人と仕事をしたい感覚、とても共感するので、「大好きな人の入社後の立ち位置も把握することの大切さ」物凄く勉強になりました🏃‍♀️思わずスクショしてしまいました。

これからの記事も楽しみにしていますね^^
フォローさせていただきます☺️
kanさん!お読み下さりありがとうございます😂
思わずスクショというコメントが嬉しすぎて震えました笑

これからも等身大の気付きを書いていこうと思うので、気軽に読んでもらえたら嬉しいです☺️☺️
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。