見出し画像

米企業の損益計算書の見方。ココだけ押えておきたい。

今回は、決算資料の中から、米株投資をするなら、ここだけは最低限押さえておきたいという部分と用語をピックアップしていきたいと思います。

ザックリみる米企業の損益計算書

決算書は、英語でFinancial Statementsと呼ばれます。株式関係の書籍では、決算書は会社の成績書と言われたりします。突き詰めて言ってしまえば、ある期間に、どれだけ儲けたか、あるいは損をしたか、そして資産、負債をどれだけ残しているかを示したものです。上場企業は、3カ月ごと年4回の発表が義務付けられ、その企業にとっての1年が終われば年次決算が締め後、2か月以内に発表されます。英語では、四半期決算をQuarterly Earnings、年次決算をAnnual Report などと言われます。 

決算書は、大きく分けて、損益計算書(Income Statement、またはStatements of Operations)、貸借対照表(Balance Sheet)、キャッシュフロー計算書(Cash flow statement)の3つから構成されています。今回は、この中から、企業が儲かっているのか、それとも損をしているのかが、分かる損益計算書をみていきます。

実際の損益計算書を使ってみてみましょう。以下は、ネットフリックスの2020年第2四半期の損益計算書です。単位は千ドルです。

図1

表:エイチスクエア株式会社作成

ネットフリックスは損益計算書をStatements of Operationsという表現を使っていますね。なお、Consolidated というのは連結という意味です。連結損益計算書ということです。中央の緑の線で囲ったところが、4-6月期の決算です。左は1-3月期、右の薄くグレーがかかっているのは1-6月の半期の数値です。

重要な4つの指標

上から大切なものをみてみましょう。

「Revenues」
これは売上高です。ネットフリックスの第2四半期の売上高は、 61億4828万6000ドルとなっています。日本円ですと約6580億円です。売上高は、その企業の主たる営業活動によって得た代金の総額です。ネットフリックスなら、ストリーミング放送で得たお金です。売上高が伸びているということは、その企業が大きくなっていることです。

「Operating income」
日本では営業利益にあたります。簡単に言えば、「儲け」になります。Revenues から Cost of revenues(売上原価)引き、さらに広告費、研究開発費、一般管理費を引いたものです。売上原価とは、売れた商品の仕入れや製造にかかった費用ですから、ネットフリックスの場合はコンテンツ制作費ということになるでしょう。同社の第2四半期のOperating incomeは、13億5792万8000ドルです。もちろん、Operating incomeの増加は企業の成長と意味します。

「Net income」
Operating incomeから利息(受取、支払い)や本業以外の収入や費用、さらに法人税を引いたものがNet income と呼ばれます。これが純利益にあたります。ネットフリックスは7億2019万6000ドルの純利益となっています。

「Earnings per share」
これは1株利益です。純利益を発行株式数で割ったものです。Diluted というのは希薄後という意味ですが、これは新株発行や転換社債など、将来、株に変わる株数で割ったものです。1株利益も上昇している方が、成長していることになります。

今回は、ざっくりとですが、損益計算書を眺めてみました。難しいなぁと感じたかもしれませんが、売上高の推移だけでもいいので、過去5年くらい時系列でみると、いいと思います。最初は、自分の関心がある企業を調べていると、興味がわいてくるでしょう。

なお、各社の財務諸表等は、企業名のあとに「investor relations」と入れて検索すれば、各企業の投資家向けサイトがみつかりますで、そこでみていきます。また、US Yahoo Financeなどでも一部掲載されているので、検索されるといいかと思います。

記事作成:2020年8月6日

P証券APPはこちら

PayPay証券TWフォローはこちら (1)

本内容のご利用にあたり、お客様にご確認いただきたい事項を以下に記載いたしました。

《ライターによる宣言》
私、佐藤隆司は本調査資料に表明された見解が、対象企業と証券に対する私個人の見解を正確に反映していることをここに表明します。
また、私は本調査資料で特定の見解を表明することに対する直接的または間接的な報酬は、過去、現在共に得ておらず、将来においても得ないことを証明します。
《利益相反に関する開示事項》
●エイチスクエア株式会社は、PayPay証券株式会社との契約に基づき、PayPay証券株式会社への資料提供を一定期間、継続的に行うことに対し包括的な対価をPayPay証券株式会社から得ておりますが、本資料に対して個別に対価を得ているものではありません。
また、銘柄選定もエイチスクエア株式会社独自の判断で行っており、PayPay証券株式会社を含む第三者からの銘柄の指定は一切受けておりません。
●執筆担当者、エイチスクエア株式会社と本資料の対象企業との間には、重大な利益相反の関係はありません。
金融商品取引法に基づく表示事項
●本資料をお客様にご提供する金融商品取引業者名等
商号等:PayPay証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第 2883号
加入協会:日本証券業協会
指定紛争解決機関:特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター
●リスク・手数料相当額等について
証券取引は、株価(価格)の変動等、為替相場の変動等、または発行者等の信用状況の悪化や、その国の政治的・経済的・社会的な環境の変化のために元本損失が生じることがあります。
お取引にあたっては、「契約締結前交付書面」等を必ずご覧いただき、
「リスク・手数料相当額等(https://www.paypay-sec.co.jp/service/cost/cost.html)」について内容を十分ご理解のうえ、ご自身の判断と責任によりお取引ください。
●CFD取引は、金融商品取引法において不招請勧誘禁止の対象となっている店頭デリバティブ取引であるため、お客様より事前に要請がない限り訪問・電話による勧誘はできない取引です。また、CFD取引は、証拠金の額を上回る取引を行うことが出来ることから、場合によっては、大きな損失が発生する可能性を有しています。また、その損失は、差し入れた証拠金の額を上回る場合があります。本取引の内容等を十分ご理解の上、お取引いただきますようお願いいたします。
免責事項等
●本資料は、投資判断の参考となる情報の提供を目的とし、投資勧誘を目的としたものではありません。投資の最終決定はお客様ご自身の判断で行ってください。
●本資料は、信頼できると考えられる情報源に基づいて作成されたものですが、基にした情報や見解の正確性、完全性、適時性などを保証するものではありません。本資料に記載された内容は、資料作成日におけるものであり、予告なく変更する場合があります。
●本資料に基づき行った投資の結果、何らかの損害が発生した場合でも、理由の如何を問わず、PayPay証券株式会社及びエイチスクエア株式会社は一切の責任を負いません。
l 電子的または機械的な方法、目的の如何を問わず、無断で本資料の一部または全部の複製、転載、転送等は行わないでください。

PayPay証券株式会社
https://www.paypay-sec.co.jp
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2883号

32
PayPay証券株式会社の公式noteです。 日米株APPはこちら:http://bit.ly/3sjrtPL