スクリーンショット_2019-12-16_0

Payao×Taishoカバープロジェクト開始

Payaoです。
Family メンバーとのプロジェクト企画としてTaishoさんとカバープロジェクトを始めることになりました!

カバープロジェクトとは、Payaoの想い入れのある楽曲を、Taishoさんがアレンジし、Payaoが歌を吹き込むことで形にしていきます。
ペースは2週間に1度くらいのペースで2020年はアップしてく予定です。
僕なりの曲の解釈を添えたnoteも同時に公開、Taishoさんのyoutubeでは作成した音源をフリーとして誰でも利用できるようにしていきます。もし自分もカバーしたい!という方がいたらTaihsoさんのチャンネルから利用いただければと思います。


二人で様々な楽曲をアレンジしていくので、2020年は楽しみにしていてください!では記念すべき第1回目、初回は山下達郎のクリスマス・イブです。

画像1


誰もが知っている名曲ですね。1983 年に発売されてから、今でもクリスマスシーズンになるとランクインするスーパーロングヒット曲ですが、販売した当時よりもCMで使われた1989年以降が人気に火がついたのだそうです。
ちなみに山下達郎自身はどう評価しているのかというと
wiki:山下は『OPUS』のライナーノーツで「間違いなく私の代名詞となって残るであろう一曲。自分の全作品中、詞・曲・編曲・演奏・歌唱・ミックス、すべての要素がバランスよく仕上がった数曲のひとつ」と書いている。
とあるので、めちゃくちゃ自信曲だったんですね。

クリスマス曲だったらこの曲が断トツで好きです。クリスマス楽曲の中ではあまり例のない切ない歌詞が特徴的です。僕なりに歌詞を解釈してカバーをすることにしました。まずは歌詞をご覧ください。

クリスマス・イブ
雨は夜更け過ぎに 雪へと変わるだろう
Silent night, holly night
きっと君は来ない ひとりきりのクリスマス・イブ
Silent night, holly night

心深く 秘めた想い
叶えられそうもない
必ず今夜なら
言えそうな気がした
Silent night, holly night

まだ消え残る 君への想い
夜へと降り続く

街角にはクリスマス・トゥリー
銀色のきらめき
Silent night, holly night
雨は夜更け過ぎに 雪へと変わるだろう
Silent night, holly night
きっと君は来ない ひとりきりのクリスマス・イブ
Silent night, holly night

12月24日、もう関係が途絶えてしまった恋人、もしくは意中の人を誘ったのでしょうか。待ち合わせの時間は君に伝えたものの、君はきっとこの場所には来ないと悟ってる。この雨も時期に止んで、25日は雪に変わり、皆が待ち望んだホワイトクリスマス となるだろう。君とそれを一緒に見ていたかった、でも君はきっと来ない。街はキラキラ輝いている、ウキウキした声や、賛美歌が街に溢れ、この失恋の傷心の最中にいる自分さえ、まるで夢の煌めきの中に包み込まれてしまう。
悲しみも喜びも、無条件に照らし包むクリスマスの夜に、切なく胸を傷ませながらも微かな希望を抱き、きっと来ない君を今も待っている。

周囲の幸せの中に迷子のように君を待っているというシーン。音では街の華やかな情景、歌詞は君を待つ主人公の吐露というギャップが良いですよね。周りの音が美しければ美しいほど、主人公の状況と差ができ、切なさが生まれます。


そこで今回はこのギャップを意識して、ボーカルとアレンジを行いました。
ボーカルはより切なく、アレンジは逆により明るくしてギャップが大きくなるように敢えて作りこんでいます。スタッカートを使って言葉を切って切ないイメージが付くようにしました、注目して聴いて見てください。

#DTM #音楽 #コラム #アート #作曲 #オリジナル #youtube #気づき
#SNS #Payao #デジタル #MV #詩 #動画 #人生 #つぶやき
#言葉 #創作 #歌ってみた #カバー #山下達郎 #クリスマスソング





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポート頂いたお金は楽曲制作費や活動資金に充てられます。

スキありがとうございます!!Payao
9
フリーのアーティスト、作詞/作曲/ボーカル。サイトでは歌詞、楽曲への思い、制作過程や関わった方『Family』を紹介。新しい可能性に気付けるような言葉を呟きます.HP→ http://payao-web.jp ストリーミング→ https://linkco.re/d2pNTasv
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。