ありがとうまみれ全国ツアー2018

17

STORY 16

かーくんと同じような ピンクのクルマで訪れた彼女は まず 「はじめまして」 と 深々と挨拶をした もちろん 実際にお逢いするのは 初めてかも知れないが わたしにとっては いつもお名前を拝見していて 商品を発送したことも お手紙も送ったこともある 「はじめまして」という感覚とは かけ離れていた…

STORY 15

彼女は 以前逢ったときより ぐっと女っぽくなっていた ウチで開催した整体関係の合宿に STORY 14の野津美絵さんが 彼女と一緒に参加してくれたのが2年前 こうしてまた逢えるのは とても嬉しい 本業が整体師である彼女  骨盤矯正も得意らしい まっすぐで 元気でパワフル 体育会系のノリが なんとも…

STORY 14

GWを挟むことはわかっていた 「GWにクルマ乗る選択は 俺にはないな」と 登さんからも言われていた そこを強行したのは自分だった スケジュールを変えることはイヤだった なので 予定通りこの日程で始めたのだ しかし GWを挟んだ日程にしてしまったことを 少し後悔したw GWに入る前ちょっとから 道は…

STORY 13

仕事帰り STORY12の Naruさんのお宅に 彼女は来てくれた Naruさんが 夕飯用にと 「瑞恵さんの分と 次の方の分のおにぎりを作ってあるんです」と言ってくださり これは!ナイスな展開! とばかりに すぐさま彼女にLINEして待ち合わせの場所が Naruさんのご自宅になったことを伝える 直接手渡してもら…

STORY 12

彼女に逢いに行く日が決まり 連絡を取っている頃から 彼女は わたしが来ることを本当に心待ちにしていてくれて 和室を一部屋ご用意するので ぜひ泊まってってください と言って頂いてた ツアー前だったこともあり なんだか そんなことを言って頂けて  こんなに幸せでいいのか!  と 軽くパニックだ…

STORY 11

そこは まるで おしゃれなカフェのような場所だった 実は 曲がる道がどうしてもわからずに お宅の周りを 約6周ほど(笑)して このまま 永遠に辿り着けないかと思ったが 何とか お宅に到着出来た お宅の外に出て 迎えてくれた彼女は 以前逢った時とは印象が違って 前よりずっと可愛らしくなっていた …

STORY 10

国道134号線から ほぼ車幅 な 激細い路地を入ることがわかったとき 引き返したくなるも 行く選択しか出来ない状況に(バックすることも無理w) 奈落の底に落とされたような感覚になったものの 彼女に逢いたい気持ちが どうにかそこを通過する勇気をくれた(笑) 彼女と初めて逢ったのは 8年くらい前だ…

STORY 9

彼女と逢うのは 2度目だった ずいぶんと長いこと メルマガを読んでくださっている読者さんでもあり Twitterでのつぶやきに 必ず♡を付けてくださったりする 前日に取れた仮歯(笑)を治してもらうために 朝から歯医者に行き そのあと 彼女と逢うことになった 待ち合わせは 彼女の家の近くのファミレス…

STORY 8

インターネットで メンタルに関わる仕事をしてきた10年間を 彼女を登場させずに話をすることは とても難しい そのくらい この10年 彼女と どんなときも密接に関わってきた ウチのこともよく知ってくれている もう もはや家族のようなひと 今の旦那さんとの婚姻届の 証人という大役までやらせてもらっ…

STORY 7

あれは 東日本大震災の2ヶ月前くらいのとき だったと思う 知人に誘われて とある 敏腕コンサルタントさんのセミナーに参加した 流れるようなトーク 漲る自信 なんか もう・・・ 非の打ち所などまるでなくてどれをとっても完璧 「儲かってんだろうなーーー」 ってな感じの そのコンサルタント氏(笑) …