見出し画像

LINE公式アカウントのチャットボット作成サービス「Parot」からパーソナルセグメント配信機能がリリース!

LINE公式アカウントでチャットボットがつくれるサービス「Parot(パロット)」の機能アップデートを2019年10月1日に実施ました。


LINE公式アカウントのメッセージ配信が従量課金制に変わります

2020年2月28日にLINE@アカウントがLINE公式アカウントに完全移行され、機能や料金プランが変更される予定です。

今回の変更でメッセージ配信が従量課金制となり、無料で送れるメッセージ数を超えた場合は超過通数分が月額固定費に加算されるため、友だち数が数万人いるようなアカウントや、メッセージ配信が多い場合は、追加費用が発生する場合があります。


メッセージ配信の無駄を省き効率的に配信できる”パーソナルセグメント配信機能”

メッセージ配信を効率的に活用するには、必要な方に必要な情報を届けることが重要です。

LINE公式アカウントでは、メッセージの配信先を「すべての友達」と「属性での絞り込み」が選べますが、絞り込み項目はLINEの利用状況から推計されたものになるため、配信先の細かな設定が難しい状況です。

Parotの新機能「パーソナルセグメント配信」を利用すれば、チャットボットで取得した友だちのパーソナル情報を元にメッセージを配信することができるため、細かなセグメントによって効率的な配信が可能となり、不要なメッセージを省いて配信数を調整することができます。

画像7


<5つのアップデートをご紹介>

アップデート①:パーソナルセグメント配信機能

友だちにメッセージ情報配信する機能です。
ウェルカムアンケートで収集した情報を元にセグメントして配信することができるため、メッセージ配信数を細かく調整することができます。
また、メッセージ配信からチャットボット(シナリオ)を起動させることもできます。

画像7

アップデート②:ウェルカムアンケート機能

友だちの情報をチャット形式で取得できるアンケート機能です。
アンケート項目は「性別」や「年齢」などの固定項目の他に、任意で好きな項目を追加することができます。

画像7

アップデート③:トーク機能アップデート

ウェルカムアンケートで収集したパーソナル情報を友だち単位で確認できます。あと、友だちの「ユニークID」を任意の「ニックネーム」に変更できるようになりました。

画像7

アップデート④:レポート機能アップデート

アンケートで収集した情報の集計をご確認いただけます。

画像7

アップデート⑤:シナリオ機能アップデート

テキストの選択項目が最大12個用意できる「クイックリプライ」が追加されました。診断や質問などがさらに簡単に作成することができます。

画像7

ご利用料金

・初期費用10万円が「無料」になりました!
・料金プランが増えてご利用状況に応じて選びやすくなりました!
・どのプランでも「全機能」をご利用いただけるようになりました!

<初期設定費>
10万円 ⇒ 無料

<料金プラン>
・フリープラン:¥0円/月(チャットボット応答数:1,000/月)
・ライトプラン:¥10,000/月(チャットボット応答数:1,000/月)
・ベーシックプラン:¥50,000/月(チャットボット応答数:50,000/月)
・プロプラン:¥100,000/月(チャットボット応答数:100,000/月)
・エンタープライズプラン:¥100,000/月+1円/応答数(チャットボット応答数:無制限)

画像7

キャンペーン情報

アップデートを記念して先着100アカウント限定でライトプランが1ヶ月間「無料」になるキャンペーンを実施中です。
「完全無料」ではじめられるこの機会に、ぜひご利用くださいませ。
お申し込み時にプロモーションコードのnote201910」を入力してください。

お申し込みはこちらから


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2
Parotの更新情報やチャットボットに関するお役立ちコンテンツを紹介していきます。 https://parot.jp/