見出し画像

30分でLINEのチャットボットが作れるサービス「Parot」の基本的な使い方

こんにちは。Parot運用担当です。今回は、たった30分でLINEのチャットボットが作れるサービス「Parot」の基本的な使い方をご紹介します。

Parotとは?

だれでも・いますぐ・かんたんにLINE@でチャットボットがつくれるサービスです。
今までできなかった顧客とのコミュニケーションを、 運用コストを最小限に抑え、楽しみながら簡単に始めることができます。


STEP.1 ログイン

LINE@を用意します。(LINE@の取得はこちら
Webサイトからお申し込みを行っていただき、登録完了時に送られるURLからログイン画面に進みます。
ログイン画面で登録したIDとPASSを入力します。


STEP2. シナリオの登録

LINEのトーク画面でチャットを自動でやり取りさせる質問項目や、回答を設定していきます。
右上のアイコンメニューから追加したいメッセージタイプを、ワークスペースにドラッグすると、シナリオ項目が追加できます。
追加できるメッセージタイプは下の4種類から自由に組み合わせれます。

<テキストの追加>
最大文字数200文字のテキストで質問や応答が設定できる形式です。
連続で3つの吹き出しまで表示させることができます。

<画像の追加>
リンク付きの画像が設定できる形式です。
「URL」には遷移させたいURLを記入してください。
「代替テキスト」は、チャット一覧で画像の代わりに表示されるテキストです。(入力されない場合は自動で「画像」というテキストを表示)

<ボタンの追加>
最大4択の選択項目が設定できる形式です。
選択によってシナリオを分岐させたり、Webサイトへ遷移させることができます。ボタン右のリンクマークをクリックすると、URLを設定できます。
Yes / No 形式やアンケートなどにご活用いただけます。

<カルーセルの追加>
最大10択の画像付きの選択項目が設定できる形式です。
シナリオだけではなく、選択項目にリンクを設定できるので、画像付きで商品を一覧で紹介したい時などにご活用いただけます。


STEP3. シナリオの分岐設定

シナリオ項目の右側にある「●(ポイント)」をドラッグすることで、シナリオの項目同士を線でつなぐことができます。
線をドラッグすることで繋ぎ換え、線を離すと接続を解除できます。
線を引っ張って繋げるだけで簡単にシナリオを作っていくことができます。


STEP4. キーワードの設定

左ナビの「キーワード」からキーワード設定画面を開きます。
キーワード設定画面の右上の「追加」からキーワードを追加できます。
「キーワードを追加+」を押す毎に、複数のキーワードを設定できます。
応答内容は、画像・テキスト・シナリオの 3タイプから選択できます。

LINE標準のキーワード応答では、テキストや画像のみの返信なので、シナリオの分岐に繋ぐことができるのは、Parotの強みでもあります。


STEP5. 公開

シナリオ項目の右側にある「…」アイコンで、選択している項目を「スタートに設定」を選択します。
「スタートに設定」した項目は、友達登録した時のメッセージとして呼び出さます。

シナリオ設定画面の右上の「反映」を押すとで、編集した内容を LINE アカウントに反映されます。

設定はこれだけです。


上で設定したチャットボットは、ParotのLINEアカウントで確認できます。

友達追加はこちら ⇒ https://line.me/R/ti/p/%40eys1114l

実際の管理画面で試してみたい方は、デモをご用意しておりますので、
デモ画面のお問い合わせ」からご連絡ください。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
3
Parotの更新情報やチャットボットに関するお役立ちコンテンツを紹介していきます。 https://parot.jp/