育休旦那と家系女子大生
見出し画像

育休旦那と家系女子大生

 自分たち男性は女性に対して幻想を抱き過ぎではなかろうか。とふと思うことがあったので、今回はとある女子大生のエピソードを共有したいと思う。

女子大生のイメージ

 皆様は女子大生に対してどんなイメージをお持ちだろうか。例えば大学帰りにパンケーキを頬張っている様子を思い浮かべるだろうか?接客業を中心にしたアルバイトに汗水をたらして頑張っている姿だろうか?キャンパスの中を颯爽と掛けていく清楚な姿だろうか?サークルや部活のマネージャーで人気を博している姿だろうか?お洒落なカフェでサラダをつついている姿だろうか?今回登場する女子大生の子はどれもこれもと全く違っていて、単純に家系のラーメンが大好きな女の子だ。

家系LOVE

 その女子大生は子供の頃からラーメンが大好きだったとのことだ。受験中もストレスが溜まった時にはラーメンを食べて元気を取り戻していたという。そんなこともあってか、彼女が大学や何かで疲れが出てきた時には家系に足を運ぶという。そんな彼女の言葉をそっくりそのまま掲載するとこんな感じだ。「女のコだってスープ全部飲み干したいんですからね!ニンニクだってトッピングしたいんですからね!」これは本物である。

もちろん注意アリ

 だからといって、その姿を同年代の友達にオープンしているというわけではないらしい。大学の仲間に出会わないようにキャンパスから遠く離れたお店にまで足を運んだり、また出来る限り遅い時間に足を運ぶことで友達とのバッティングを避けているという。
 そこまでするならケータリングで家系ラーメンでも持ってきてもらえればいいんじゃない?という風に提案してみたところ、「家の中が全部ニンニクと油の匂いに包まれちゃうのでそれはちょっと…」とのことだった。

思い込み注意

 家系が大好きな若手女子だっているのだ。野郎の集いと思い込むのは危険だ。誰だって色々と好きなものがある。人に喋らないかもしれないけれども、愛して止まないものがある。自分たちはお互いにそれを受け入れ、そしてお互いの好きなものを認め合えれば素敵だと思う。それを思い出させてくれた家系女子大生に感謝。


光栄です!
アラサーで年収一千万円超に到達し育休を約二年取得した恐らく日本唯一の旦那。専門は事業開発。子育ての合間を縫って綴ったnoteは60万PVに到達。(フォロワーの皆様が10,000名に到達の暁には実名に切り替える予定です)