見出し画像

自己肯定感を高める

先程の記事でも述べたとおり、自己肯定感を高めるための記録としてこのnoteを始めました
今回の記事では、何故そう思うようになったのか等を掘り下げて書きたいと思います。

・何故「自己肯定感を高めたい」のか

生まれ持った性格がネガティブなせいなのか、褒められたことよりもけなされたことのほうがよく覚えています。
人から褒められても素直に受け取れずに卑屈になってしまうことが今でもあります。
そんなふうに、昔から私は自己肯定感が低いです。
悪い癖だらけで息苦しい自分が嫌になって「変わりたい、変わらないと」と思うようになったとき、「じゃあ何をどう変えていこうか?」と考えた結果辿り着いたのが「自己肯定感を高める」ということでした。

・何故「変わりたい」と思ったのか

昔から自分で自分のことがあまり好きではないです。
好きなところも少しはあるけど、嫌いなところのほうが圧倒的に多いです。
でもどれだけ自分を嫌いでも、私はこれからも私として生き続けるしかないから、それなら少しでも自分を好きになって楽しく生きたいと思ったから「変わりたい」と思えるようになりました。
今の私は、自分で自分の首を絞めながら「苦しい、誰か助けて」と言っているようなもの。
そんな状況を打破して本当の幸せを手に入れたいと心から思います。
そのためには「変わること」が必要かな、と。

・「愛し愛され、幸せを手に入れる」が最大のテーマ

自分で自分のことを愛していないのに、そんな自分を他人に愛してもらおうだなんてたいそうおこがましいことだと思う。
…と思うようになったのはつい最近のこと。
それまではずっと「ありのままの私を全て受け止めて包み込んでくれて、私の全てを愛してくれる人と幸せになりたい!」なんて、図々しいにもほどがあることを本気で思っていました。我ながらアホすぎて呆れます。笑

「人に愛されたいのならまずは自分で自分を愛すること」と最近買った本に書かれていてハッとしました。(その本については別の機会に書こうと思っています。)
手作りのおいしくないケーキを他人に無理矢理食べさせて「本心からおいしいと言いなさい! 私はおいしくないと思うけど!」と言うような理不尽さと傲慢さ。
自分でおいしくないと思うものは他人にはあげられない。自分が心からおいしいと思えるものを他人にあげたい。それと同じことじゃないかって。
だいたい、都合よく全てを愛してくれる人なんてこの世にいないよ。

好きな人を心から愛し、好きな人に心から愛され、好きな人と過ごす幸せな日々を送りたい。

それが私の人生の目標であり理想です。
目標に少しでも近付くために、理想を手に入れるために。
そのために頑張ろうって思ったので、頑張ります。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます♡
14
自己実現記録。 趣味の話→https://paprika269.hatenablog.jp/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。