自己紹介

けんと申します。ネットをだらだらしてるうちに活動といっていいんじゃないかというものが溜まってきたので一旦自己紹介という形でまとめます。

まず漫画を描き始めたきっかけなんですが、ちょうどそれを描いたエッセイがでてきました。以下がそのエッセイの中からきっかけの部分だけを抽出したものです。22歳大学卒業間近で就活も終わり暇だったので絵を描き始めてみるかという所からです。

ということです。なんか今見ると最後だけ啓発エッセイみたいで気持ち悪いですね。


その後は働きながら漫画を描く生活をはじめ、途中でオモコロさんというウェブサイトに描きませんかと誘っていただいたりしてちょっと長い漫画も描くようになりました。

さらにその後は仕事がいやになって辞めたり、上京したりです、よくありますね。上京後はそのまま連載用のネームを出版社とやりとりをしたりしてました。髑髏が3つ重なったトーンを使いたい、から商業で漫画をやりたいまでかなり飛躍していますが、この時点で3年くらい経ってるので実際はゆっくりそうなりました。漫画描くのにはまったんでしょうね。

その後は運よく別冊ヤングチャンピオンさんで仕事が嫌だった頃の気持ちを原動力にしたような漫画(仕事で嫌なことがあるたびに自分の中に別の人格が生まれる話です)を始めることになりました。みんなで辞めれば怖くない(2018年11月20日発売)。こういうのです。


こういうのです。今見ると少し暗いですけど、希望のある終わり方になったんじゃないかと思います。発売中!


次に出るのが思春期のコアラの話です。ツイッターでしてたのをアサヒさんに拾ってもらって連載が始まりました。

こういうのです。木にしがみつくのをださいんじゃないかと思った思春期のコアラがほかのしがみつくものを探しに行く話です。これはウェブでしてたので下のサイトにて6話分くらい読めます。

もうすぐ(2019年5月20日)発売します。1巻分の量があるのでほかのしがみつくものを探しに行くのから少し発展させた終わりになっています。アマゾンリンクは以下。

以上です。仕事で嫌なことがあるたびに人格が増える話のあとコアラの思春期の話を描くとはまったく想像してませんでした。そんなことあるんですね。

もうしばらく漫画を続けれたら嬉しいです。自己紹介でした。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキされた数だけ親にありがとうと連絡しています。
155
ツイッターで載せてる漫画がたまったころにまとめたり、ちょっと長い漫画の置き場にしてます。

コメント2件

Twitterでけんさんを知りました。漫画を描き始めたきっかけから現在までを知ることができ、このnoteを読めて良かったです。
月並みですが、これからのご活動も応援しています。
ryoさん、ありがとうございます。これで飯食います。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。