パパ活って恥ずかしい?周りの気になる女子大生の本音トーク!
見出し画像

パパ活って恥ずかしい?周りの気になる女子大生の本音トーク!

こんにちは♩ MoMoです!


お盆休みなので、珍しく暇してますー(笑)なので、ブログ更新しちゃいます!

今回のテーマは、パパ活で困ったことについてです。パパ活をやっていると色々と困ったことが出てくると思いますが、MoMoが経験した困ったことについてご紹介していきますね!


年上過ぎるパパと話していると周りに見られて恥ずかしい。

現在進行形で、困った…と思っているパパ活女子の人もいるかもしれませんが、MoMoも当時かなり悩んだことがあります。

パパさんによっては、すごく明るい人が多い店の中で「MOMOちゃんはさー・・」なんて恋人の感じで大声で話してきます。

どう見ても会社の上司には見えないし、顔合わせで人ごみの多い安いカフェを選ぶパパに多いんです。

後はいきなりのお説教をカフェでしてくる男性。

説教のためだけに大学生と話しに来るのってなんなんで・・アドバイスならありがたいんですが・・ずーっと聞いていると疲れてしまいます。

じゃあどうしたらいいの…? と解決策を求めたくなりますが…基本的には笑顔で乗り切るのがベストです。特に会って数回の場合その人に無理やり合わせなくてもいいと思うんです。

これから長く続けていきたいと思ったパパに対しては、少し勉強するのもありですが、ニコニコ笑って食事しながらお話を聞いているだけでだいたい乗り切れました。

笑顔を作るのが苦手だという場合は

「詳しくないので、教えてください」

というのが魔法の言葉です(笑)

これであとはウンウンと相槌を入れながら話を聞けばOKです。

もちろん今後も続けていきたいパパであれば、本当にしっかりと話を聞いて、記憶しておいたほうがいいのですがそうでない場合はこのくらいの対応をすれば及第点ってところじゃないかと。

パパさんにお願いしたいのはなるべく人ごみを避けて目立たない場所を選んでくださいってことです!

席を予約してくれるパパなら最高です。


パパの服がダサくて一緒に歩きたくない!!!!


持っているものはハイブランドのはずなのに…組み合わせがダサいパパっていますよね。

ほとんどがタクシーで乗りつけるのでそれほどなのですが、たまぁに恥ずかしくなったり、気にしすぎちゃったりして食事をおいしく味わえないことも。

こればっかりは仕方ないと割り切るしかないのですが、たまには

「私の趣味に合わせて欲しいな」なんて思います。

慣れてきたら、パパの服を選びたいといってそのままデパートへ連行するのもありです。

パパも満更ではなく付き合ってくれます。

もちろん、その際には「今度ははパパが私の着せ替え人形になってね♡」と言うように機転を利かせた言葉を選んでくださいね。

くれぐれも「センスなくて恥ずかしいから着替えて」なんて言うのはNGです。

稀にそういったことを言われたいパパもいるみたいですが・・・そこは自身のさじ加減でお願いします。

でもやっぱり男性も服装には気を使って欲しいです!

カウンターでお触りされるのも恥ずかしい

パパ活をしているとお酒に誘われることが結構ありますが、高級なカウンターでお触りされるのも結構人目が気になります。

周りは大人の男性ばかりですし、パパが酔ってくると下ネタになることもあり・・。

そういうのは個室があるような場所でするものじゃないかと思います。

お店の方はプロの方なのでその辺は聞かなかったふりをしてくれていると思いますが・・。

仕事帰りの社会人の方に見られるとちょっと・・・。やっぱり恥ずかしいんです。

パパが毎回お土産や何かをくれるのもちょっ恥ずかしい


お手当の他に、くれるのでその点はとても嬉しいのですが、かさばるモノだったりダイエット中なのにお菓子だったりとちょっとありがた迷惑なことも…。

お花とかは初顔合わせの時には渡さない方が良いかと思います。

断るのも悪いし、たまに素敵な物もあるのでなかなか無下にできませんでした。

カバンの中にしまえるサイズにしてもらえると嬉しいです。

ぬいぐるみとか、洋服とかは大半は友達にあげます。

ブランド品であれば売った方がいいかも…なんて考えてしまうところですが、これからも続いて欲しいパパだったので知り合いに格安で譲るのがいいです。

理由としては、「この前あげた〇〇気に入ってくれた?」なんて話になったとき使っていない・手元にないことがバレてしまうと関係に亀裂が入ってしまいそうなので、それを避けるためです。

知り合いであれば、写真を撮ってもらうこともできるので念の為、MoMoは知り合い譲る選択をしていました。

実際そこまで贈ったモノに対して行方を聞いてくるパパはいないのですが、何かあったとき困らないように慎重に物事を進めたほうがいいかもしれません。

どこでも大人の関係を誘い続けるパパも恥ずかしい。


数年前に安いパパ活系のサイトで知り合ったパパはとにかくめげないパパでした。

何にめげないかと言うと、「大人の関係」です。

MoMoは夜をNGにしていたので、条件として先に伝えていました。その条件でOKだったら会う流れだったのですが、このパパはそれでも誘う…とにかく誘う…。

それなりに羽振りもいいパパだったので、手放すのは惜しいなと思いましたが、会うたびに場所を選ばず「今日はずっと一緒に居られるよね?」

と言われ続け(もちろんその日によって誘い文句は違いますが)嫌になってきたので、「私はそういうのナシにしています。先に条件もお伝えしてますので、もしそういったことが必要であれば私じゃ無理なので今後はお会いできません」と断りました・・。

もっと雰囲気の良い場所で誘ってくれれば・・・。

パパ活をしている友達から夜の誘いを断るのが怖くてズルズルと関係を持ってしまうといった相談を受けます。

MoMoは離れるなら離れるでいいし、それでも食事に誘ってくれるパパもいます。

割合的には8:2くらいで離れるパパの方が多いかもしれませんが、だからと言って自分が納得しない条件で受けることはないと思っています。

長い目で見ればいいパパもそれなり(少数だけど)存在するので粘って待つしかないです。


パパ活でパパとうまく付き合うには「機転」が大事


どんなシーンでも機転が利く方が有利です。

話一つとっても、態度一つとってもパパから可愛がられるためにどう自分を見せればいいかとっさに考えられて、実行できる子がパパから重宝されます。嫌なパパ、苦手なパパも世の中にはたくさんいますし、もう二度と会いたくないパパも出てきます。

パパだって最初は「この子、どんな子だろう?」なんて試している人もいるかもしれません。

一度会っただけで「このパパ態度最悪。もう会わないし、テキトーでいっか」なんて思っていたパパが実は超優良パパだった…なんてこともあります。

そんなラッキーを逃さないためには、できる限り機転が利くパパ活女子になるのがいいのです。

もちろん毎回機転を利かせることなんて難しいので色々なサイトで事前準備をして、パパを目の前に万全にして挑めるようにしておきたいですね。

以上MOMOの報告でした!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
モモ:シュガダでパパ活しながらお小遣い稼ぎ。趣味は絵をかくこと。リナ:MOMOのパパ活友達。2人で暇つぶしにパパ活記録をかいていきます。30までには卒業します。