見出し画像

他社予約サイトでの不満がすべて解消されました。 -イロハベーカリー

「町のパン屋さん」という言葉がよく似合うベーカリーが大阪府枚方市にある。住宅街にひっそりと佇むイロハベーカリーは、2009年のオープン以来、地域から愛され続け、平日でも予約の電話がひっきりになしに鳴る人気店だ。店主の「基本に忠実を芯に、その中で自分が良いと思う素材を吟味し、流行に流されないように気を付けています。」という言葉からは、パン作りに対して誠実に向き合い続けていることが感じ取れる。

画像1

一方、人気店であるが故、予約受付の運用には悩まされ続けてきた。そんな悩みを抱えていたお店はパンタベルに出店してどう変化したのか。店主の清水シェフにお話を伺った。

パンタベル出店の理由を教えてください。

当店ではありがたいことに、事前予約してくださるお客様が多くいらっしゃるのですが、電話や対面だとどうしても対応に時間を要します。お客様から、「電話が繋がらない」と言われることも多く、どうにか解消できないかと考えていた時に、パンタベルの存在を知りました。実はそれまでも他社の予約サイトに登録していたのですが、あまり自分たちの店には合わないなと感じていました。丁度契約更新の時期が近づいてきていたので、パンタベルを取り入れてみようと思いました。

画像2

実際に出店してお客様の反応はどうでしたか?

「電話が繋がらない」「忙しいだろうから電話しづらい」と仰っていたお客様がすぐに使い始めてくれました。また、メニューが写真で確認できるから嬉しいなど、大変喜んでくれています。

他社の予約サイトで合わないと感じていた部分は解消されましたか?

はい、全て解消されています。当時利用していた予約サイトは、一般の飲食店向けのもので、パン屋には適しておらず、お客様も使いづらそうでした。焼き上がり時間など細かい設定ができないため、パンも数種類のみの登録しかできず、店側から操作できることも少なかったです。それで月額利用料が1万円だったため、利用料分ペイできているのか微妙でした。パンタベルはそれらが全て解消されていて、利用料も予約を受け付けるだけなら無料、お知らせなど有料機能を使っても月額2,500円で使えるので満足しています。

画像3

電話や対面での予約受付負担は減りましたか?

はい、体感で3割程減ったと感じています。お客様からは「前より電話が繋がりやすくなった」という声もいただき、若い世代の方は抵抗なくアプリを入れて使ってくれています。また、意外と60代くらいの方の利用者も増えていて、予約したパンの受け取り忘れが減った気がします。

※パンタベルでは受け取り忘れ防止のため、予約時間の1時間前にお客様へリマインド通知を送っています。

パンタベルの魅力を教えてください。

たくさんありますが、1つ挙げるとすると、「設定の豊富さ」かなと思います。製造が1人なのでオープン直後に全てのパンが焼き上がっているわけではありません。パンタベルでは、細かく予約可能時間の設定が出来るので非常に助かりました。そのおかげで今は、ほぼすべての商品を予約可能に設定できています。開発者の方が店側にもお客様側にも優しいシステムを作ってくださるので本当に助かっています。

画像4

Shop Info
店名:イロハベーカリー
住所:大阪府枚方市伊加賀東町1-5
最寄:京阪枚方公園駅から徒歩5分
HP:https://pantabell.com/stores/osaka/hirakata/21

パンタベルは個人経営のお店から大規模店までどんなパン屋さんでも負担なく簡単に導入できます。スタッフ一同、これからもパンタベルの品質向上に努めてまいります。電話予約負担の軽減や顧客満足度向上のためのパートナーとして是非ご検討いただければと思います。

パンタベルは全国のパン屋さんの売上アップを応援します!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
3
『行きつけのパン屋さんを手の中に』をコンセプトに2020年4月から提供を開始しているサービスです。掲載店舗さんは全店舗、アプリからの前日予約ができます!「目当てのパンは予約で確保、それ以外はその日の気分で当日に♪」が当たり前の世界を目指します!